浮気で婚約破棄・・・彼氏の浮気が理由で婚約破棄になったら慰謝料請求できる?

浮気で婚約破棄になったらつらいですね、、。結婚をしている方々にとっても絶対に行ってはいけないことは浮気です。浮気が発覚したら高確率で離婚にまで発展するでしょう。これは婚約者であっても同じで浮気が発覚したら、婚約破棄にまで発展してしまうことはあります。このように浮気が理由の婚約破棄は慰謝料を請求できるのでしょうか?

目次

浮気されて婚約を破棄したい!

39070a51d8b63635663a179b8eeb418d_s


婚約とは結婚を前提にお付き合いしている状態のようなもので、法律上はあくまで他人のままなのです。

法律上は他人の状態なので、仮に浮気発覚からの婚約破棄が発生したとしても慰謝料請求といった段階に踏み込めるものなのでしょうか。

結婚をしている方で浮気が発覚したのなら、不貞行為として慰謝料込みで離婚をするといったものはよく聞く話ですが、婚約者という立場だとどうしたらいいかわかりませんよね。

今回は、婚約をしている状態で浮気が発覚したらどうなるのかを説明していきます。

  • 婚約破棄された人
  • これから結婚する人
  • 結婚前の慰謝料について知りたい人

は要チェックです!

そもそも婚約してたの?婚姻予約もいろいろある

d953fa9665bc7b895beb2c77f0047765_s


ここからちょっとややこしくなります。婚約破棄とは婚約をしていなければ生じません。

なら、婚約とはいったいどこからなのでしょうか。

婚約の破棄ができるのは婚約してた場合のみ!

婚約破棄といった問題が発生するようになるのは婚約をしている場合のみです。

赤の他人と判断されてしまった場合、浮気といった問題が発生したとしても男女間トラブルの一種として片づけられてしまうでしょう。

そのためにも、婚約をしていたという証を必ず残しておく必要があります。

婚約は紙面にて取り交わしを行うものでもありませんし、役所手続きといったものが必要なわけではありません。 ではどんなものが婚約と見なされるのでしょうか?

婚約とみなされること。指輪、結納、挙式予約、、、

婚約には様々なものがあり、一般的に

  • プロポーズ
  • 指輪をあげる
  • 両親への挨拶
  • 結納
  • 式場の予約・下見
  • 式前旅行

このようなことが挙げられます。

第三者が客観的に判断できること

婚約をしているかどうかは口約束だけではなく、婚約の証となるものを作るか、第三者による立ち合いというものがあるのなら確かなものとなるのです。

つまり、結納・結婚式・婚約パーティーといったものを行ったらその時点で確実に婚約をしていると見なされているのです。

婚約通知状を作ることもはっきりとした証となります。

浮気は含まれる?婚約破棄が認められる正当な理由

e566233cb718e9d80e270e73cfa86ed7_s


それでは婚約破棄の正当事由として認められるのはいったい何なのかをお伝えします。

相手に不貞があった場合〜浮気されたらこれに当たります〜

婚約相手に不貞行為があった場合、つまり浮気や不倫があったことが発覚した場合は婚約破棄が行える正当事由に該当するので、行動を起こすことができるのです。

ここで行動を起こしたいと考えている方に勘違いしてもらいたくない部分は、先に婚約破棄を言い出したほうが支払うというものではなく原因をつくった方が支払う義務が生じるのです。

婚約中に浮気が発覚した場合は浮気をした側が原因なので、どちらが先に婚約を破棄したかは問題ではないということを覚えておきましょう。

重大な侮辱を受けた場合

重大な侮辱を受けた場合というとちょっとわかり難いかもしれませんが、肉体的な暴力や精神的な暴力を受けた場合と捉えると分かりやすいのではないでしょうか。

しかし、精神的暴力は程度によって判断がつかないと言われてしまって正当事由扱いをされないことがあるので、しっかりとした証拠をつかむようにしてください。

最近では女性が男性に暴言を吐くのではなく暴力を振るうケースもあるので、婚約中にこのようなトラブルが発生したら正当事由として婚約破棄が認められる可能性があります。

こんなことも⁉︎セックスレスの場合

少々意外かもしれませんがセックスレスや性的不能者も婚約破棄の正当事由と扱いになってしまうので、人によっては婚約中に別れることができてしまうのです。

ただし、双方が合意しているのなら問題とはならないということは覚えておきましょう。

婚約してから発覚し、片方が求めているのに拒否し続けているなら正当事由で破棄ができます。

婚約破棄の正当な理由として認められないもの

2c7aa176baa2103a50fd91bc9eb6a967_s


それでは逆に浮気のような正当事由に当てはまらないものとは何なのかをお伝えします。

相性が悪い、価値観が違う

離婚理由として多くの方が記述や後述している性格の不一致や価値観の違いですが、これは婚約中における婚約破棄の正当事由にはなりません。

そのため、お互いが合意しての婚約破棄なら問題にはなりませんが、一方がこれを理由に婚約破棄をしてしまった場合トラブルのもとになることがあるのです。

非常に難しいことではあるのですが、仮にこれでこの婚約破棄が不当であるとされてしまった場合は慰謝料請求といった面倒な事態を引き起こすことがあります。

ただし、慰謝料請求をしようとしても原因としてはかなり弱いので請求額は非常に低いものとなるでしょう。

相手に魅力を感じない、他に好きな人ができた

この相手に魅力を感じなくなったとか、一緒にいて刺激が無くなったという理由も不当として扱われるので、婚約破棄をする正当理由にはなりません。

そのため、婚約対象に魅力を感じないからと言って他に好きな人ができたといったものも理由にはならないのです。

婚約というのはいわゆる契約に近いものなので、婚約が破断した場合は正当な理由が無ければ契約違反という扱いになってしまうのです。

何となくももちろん駄目!

離婚理由においてもなぜか上位になってしまうことがある、何となく離婚をしたくなってしまったというものですが、これは婚約破棄における理由としてももちろん認められるものではないのです。

正当な理由はきちんと決められたものなので、何となくといったアバウトなものでは契約解消はできない、ということを理解してください。

婚約破棄について知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

彼氏の浮気で婚約破棄・・・浮気が理由で婚約破棄されたら慰謝料請求できる?のまとめ

2fb813ff9d3ab4e6ba7524d53b02867a_s


婚約中に浮気が判明すれば慰謝料請求は正当事由という扱いになるのでもちろんできます。

しかし、婚約破棄をしたとしてもこちら側に原因となる何かがあったのなら、婚約破棄の理由としては認められなくなってしまう可能性が高いです。

そのため、一度婚約を口にしたり婚約とわかるような行動を明確にとったのなら、不利になるような行動は絶対にしないようにしてください。

婚約破棄や慰謝料についてわからないことがあれば、離婚問題に強い弁護士に相談することをお勧めします。

この記事の作成者

カケコム編集部