離婚裁判の流れってどんなもの?期間や費用は?全体の流れをご紹介

離婚裁判というものはドラマや週刊誌といったものでよく聞く言葉だと思います。しかし、当事者になってしまう人は稀で、この離婚裁判とはどのようなものなのか周囲の人に聞いたとしても事細かに説明できる人はそうそういません。そこで、今回は離婚裁判について流れを含めて色々とお教えしましょう。

目次

離婚裁判の流れとは?離婚裁判とは〜離婚における最後の手段〜

c6ca561df787a83b1e1e542d9d9dae78_s

離婚裁判の流れはどんなものなのでしょうか。

離婚裁判とは簡単に言うと、離婚をしたい人と絶対に認めない人が話し合いで決着をつけることができず、協議離婚が失敗に終わって、調停離婚でもどうにもならなくなり、たどり着いてしまった離婚における最後の手段です。

最後まで絶対に離婚をしたいと考えている人と、離婚を絶対にしたくないという人の意見がかみ合わなかった場合にたどり着くところと思ってください。

日本では9割が話し合いで解決する協議離婚で終わっており、残りの10%のうち、9%が調停離婚で1%が裁判離婚となっているようです。

このように、非常に離婚裁判は珍しいものなのです。

離婚裁判に至るまでの期間や費用は? 

man-couple-people-woman

軽く触れましたが、それでは本格的なお勉強の時間に入りましょう。

離婚裁判の流れ、離婚裁判に至るまでの期間や費用、家庭についてお話します。

離婚調停が不成立の末、初めて可能 〜「調停前置主義」〜

日本における離婚の流れは協議離婚→調停離婚→裁判離婚となっております。

裁判離婚とはしっかりとした離婚原因があれば、いくら片方が拒絶し続けたとしても認められてしまえば離婚できるものとなっているので、わざわざ調停離婚を挟まないですぐに終わらせたいからと裁判離婚を考えている人もいるでしょう。

しかし、日本には訴訟の前に調停を行う必要がある「調停前置主義」という制度があるので、まずは流れの一環として調停離婚に挑まなければいけません。

できる限り別れたいから流れなんか無視して裁判離婚に挑みたいという気持ちはわかりますが、ある程度人間関係の調整を行った後に裁判といった形にする方が良いという考えが先に立っているので、原則的に調停離婚が先になってしまいます。

3つの書類の提出が必要 

離婚裁判の流れにおいて、必要な書類は訴状2通と、離婚調停が不成立となったことを証明する夫婦関係調整事件不成立調書と、夫婦の戸籍謄本が必要になります。

それ以外にも離婚裁判において訴える内容で、随時必要なものは変わってくるので、どのようなものが必要になるかは離婚問題に強い弁護士に相談するようにしてください。

とりあえず、離婚裁判には訴状・夫婦関係調整事件不成立調書・戸籍謄本は必須ということを覚えておきましょう。

あれもこれも? 収入印紙という名のおカネ

離婚裁判の流れの中で非常にお金がかかるということは多くの方が知っているでしょうが、流れの中で細かいところも色々と費用がかさんでしまうようになっております。

その中には収入印紙代や郵便切手代というものも含まれています。

まず、裁判離婚をする際にはこの収入印紙の購入が必須となり1.3万円は黙ってでも摂られるようになってしまうのです。

ここに慰謝料請求といった請求代が追加されるとプラス1200円ほどかかってしまうと言われております。

ただし、これは請求するもの次第でプラスされていくので、慰謝料と養育費の二点が焦点なら1200円かける2となって2400円がプラスになるのです。

離婚裁判における流れ その①  

fc070b0be79889d1b8fedfc7d58d51e8_s

それでは離婚裁判における大まかな流れについて解説していきます。

どのような流れで進んでいくのかを理解していきましょう。

家庭裁判所への申し立て 

調停離婚でも話がうまくまとまらず、決着がつかなかった場合は最後の流れとして裁判離婚を行うことになるのですが、まずは家庭裁判所への申し立てを行う必要があります。

ここでは裁判所に離婚請求の訴状を提出する必要があるのですが、提出すれば終わりというわけではなくいので、まずは流れを理解してください。

また、離婚裁判は離婚裁判を起こしたい人が先ほど説明した必要な書類を持参して提訴することで始まるのですが、別居中の場合は夫婦で一緒に住んでいた最後の住所地を管轄する裁判所か、夫か妻が住所を持っているところを管轄する裁判所に提訴してください。

第1回口頭弁論期日の指定 〜日にちを決めて訴状と呼び出し状を郵送〜

ここで訴えが裁判所に認められると裁判所から第一回口答弁論期日の指定日が通知として届くようになります。

これは提訴した側以外にも被告側にも呼出状という形で郵送されているので、争っている二人に送られる形になっているのです。

さらに、この文書がきて終わりというわけではなく原告の訴状に対しての被告側の答弁書というものも用意する必要があるので、忘れないようにしてください。

被告からの、主張に対する反論 「答弁書」の提出

これが先ほど記載した答弁書というやつです。この答弁書を被告側が提出せずにさらに裁判を欠席すると、欠席裁判で負けてしまう可能性が高まるとのことです。

欠席することで相手の言い分をほぼ認めたという形になるのでしょう。この答弁書は反論を書いたものとなるので、被告側も勝ちたいのならしっかりと反論の旨を記載する必要があるのです。

これも一連の流れの一つなので、必須なものと理解してください。

離婚裁判における流れ その② 〜裁判開始〜

cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_s

ここまでの準備が終わることで、やっと第一回目の口頭弁論に入ることができます。

それでは裁判の流れを見ていきましょう。

第一回口頭弁論  

まず、この第一回口頭弁論は公開で行われるということを覚えておきましょう。

ただし、私生活上の重大な秘密が関わることについての答弁がされる場合は、裁判官の判断で公開しないこともあるようです。

そんな1回目の口頭弁論の流れは裁判所に提出した書面で主張を双方が述べて、訴えた側が証拠を提出して被告側が反論するという形になっていくのです。

この裁判中はそう双方の弁護士が質問する時間が設けられており、この質問が終わると裁判官から気になる部分について様々な質問が飛んでくるといった流れになるようです。

二回目以降の口頭弁論

口頭弁論が二回目以降にまで進むと、文書でやりとりするようになるので形式的な流れで裁判が続くと言われております。

いわゆる、原告側が主張を書いて文書の証拠を提出し、被告側がその文書に対して反論するといったやり取りが繰り返されるということです。

このやり取りは流れの中でもかなり時間がかかるので、原告提出→被告反論の1セットでも2ヶ月ぐらいかかると言われております。

このやり取りが3~4回は続くので半年はかかると言われているのです。

離婚裁判の判決 

この離婚裁判における流れの終わりは判決以外にもあります。

それは和解と取下です。

判決の場合は原告の請求を認めるか認めないかを決めるといったものになりますが、和解の場合は裁判官が間に入って双方が納得できるように努め、納得すれば「和解調書」がつくられて終わりとなるのです。

あとは、原告が訴えを取り下げれば裁判は終了となります。

離婚裁判の流れってどんなもの?期間や費用は?全体の流れをご紹介のまとめ

fa2d6db48c4bae19e8f76322a7278be8_s

離婚裁判にまで発展することは日本では稀ですが、ここまで発展してしまった場合は流れに乗る前に下準備を徹底的に行う必要性が出てくるのです。

離婚をしたいと訴えた側は、しっかりとした証拠を揃えられるかどうかで勝てるかどうかが変わってくるので、やみくもに訴えていては勝てるものも勝てないのです。

そのため、決定的な証拠を集めるために弁護士にどうしたらいいのかを相談したり、探偵に調査を頼んでみるといいでしょう。

行動に移る前に、離婚問題に強い弁護士に相談して状況判断をしっかり行ってください。

この記事の作成者

カケコム編集部