スピード婚は離婚しやすい?スピード婚前のチェックポイント5つ

出会った瞬間にビビっときて数ヶ月で結婚。いわゆるスピード婚というものですが、スピード婚は離婚率が高いとよくいわれます。今回はスピード婚の離婚理由とスピード婚でも失敗しないための方法を解説します。

目次

スピード婚は離婚しやすい?

「この人と結婚するために生まれてきたんだ!」という直感に従って、いわゆる「スピード婚」をする人がいます。
 
このスピード婚をする人たちの中には、数ヶ月後に離婚しているケースが少なくないようです。
 
スピード婚するほど惚れ込んでいたのに、なぜ離婚してしまったのでしょうか?

スピード婚で離婚してしまう原因とは?

スピード婚をして後悔した理由は人それぞれです。
 
しかし、スピード結婚が離婚につながる原因には、一般的には次の3つが考えられます。

スピード婚で離婚してしまう原因(1) 性格をよく知らずに結婚してしまった

スピード婚はどうしてもお付き合いの期間が短いことから、相手のことをよく知らないまま結婚します。
 
そのためスピード結婚後に「こんな人だとは思わなかった」という後悔をする人が多いのです。
 
スピード婚に踏み切る人は決断が早い人といえます。
 
自分の想像と結婚生活が違う、とスピード離婚につながるケースが多くなります。

スピード婚で離婚してしまう原因(2) 浮気性なのを見極められなかった

スピード婚が離婚につながる大きな原因に「浮気」があります。
 
スピード結婚したのはよいけれど、配偶者が結婚後も他の女性(男性)と独身時代のように遊び回って家庭を顧みない。
 
そんな理由でスピード結婚からスピード離婚へと進んでしまう人も少なくありません。

スピード婚で離婚してしまう原因(3) 生活リズムや習慣が合わなかった

交際期間や同棲期間が短いため、相手との生活リズムや習慣が合わず離婚してしまうというのもスピード婚で問題になります。
 
スピード結婚する前に、しっかりと相手がどんな生活を送っているのか確認しないと夫婦にすれ違いが生じてしまいます。
 
結局短い婚姻期間ですぐに離婚となってしまい、後悔する人もいます。

スピード婚前のチェックポイント5つ|離婚しないために

スピード結婚後、後悔しないために交際期間中に相手をしっかりチェックしておきましょう。
 
次の5つのポイントは重要です。

スピード婚の前にチェック(1) 親や友達はどんな人か

いくら相手が良い人でもその周りの人と反りが合わずに結婚を後悔する人も少なくありません。
 
スピード婚は結婚までの期間が短いことから相手の周りの人間関係までつかめないことが多いです。
 
スピード婚の離婚を避けるためには、本人やその周りの人から親や友人関係について話を聞いておきましょう。

スピード婚の前にチェック(2) 金銭感覚は合っているか

交際しているときは美味しいものを食べさせてくれたりプレゼントをもらったら嬉しいものです。
 
それは「交際期間はお財布が別だから」という見方もできます。
 
いざスピード婚をしてみると、そんな人はお金の使い方が荒くて結婚したことを後悔することも。
 
そのまま短い婚姻期間で離婚というケースが多くなっています。

スピード婚の前にチェック(3) 生活のリズムは合っているか

スピード結婚して後悔したことの中には、生活リズムが合わないことがあげられます。
 
相手に話したいことがあってもなかなか話せないとストレスが蓄積していきます。
 
その結果スピード婚後「結婚した意味が全く感じられなかった」「結婚生活が楽しくなかった」という理由から離婚する人がでてきます。

スピード婚の前にチェック(4) 浮気や不倫への考え方

結婚したら浮気や不倫をしてはいけないというのは法律でも定められたルールです。
 
しかし「ちょっと浮気するくらいはいいだろう」とか「ただの浮気だから許されるだろう」という個人の考え方の違いがどうしても生まれてきます。
 
交際期間が短いことにより、このような考え方の違いを理解しないままスピード婚を後悔して離婚というパターンもあります。

スピード婚の前にチェック(5) 子供が欲しいかどうか

スピード婚前に確認しておかないと離婚の原因となることに「子供」の問題があります。
 
子供を作る気持ちがない人、作る気持ちはあるけれど新婚の期間をもっと楽しみたいから当分は要らないと思う人など色々です。
 
特に女性は年齢的な問題もありますので、スピード結婚をする前に相手が子供を欲しがっているのかどうか確認しておきましょう。 

スピード婚後に離婚を考えたら

スピード婚をした後に後悔して離婚を考えている人は、次の3つの方法をおすすめします。

離婚を考えたら(1) 夫婦カウンセリングを利用する

スピード婚後、まだ夫婦関係を回復できそうなときには、夫婦カウンセリングを受けてみましょう。

スピード婚によって現実と違いができた部分を、カウンセリングを通じて確認、修復することができます。

交際期間が短い人には、スピード婚後にも積極的にお互いを理解する努力が必要です。

離婚を考えたら(2) 調停を申し立てる

スピード婚を後悔しているのなら、調停を申し立てることも有効です。

夫婦関係調整調停には円満と離婚があり、円満を選ぶことによって、夫婦仲修復のための話し合いができます。

調停委員を間に入れて話し合うことで、お互いの離婚についての考え方やどのように離婚するか話し合うことができます。

離婚を考えたら(3) 離婚を考えたら弁護士に相談を!

離婚するにあたって話し合う法律的な問題はたくさんあります。
 
財産分与や親権、養育費、慰謝料など主に金銭問題は離婚後に後悔しても話し合うことが難しいです。
 
スピード婚でも離婚の場合は、まず弁護士に相談して計画的に行いましょう。

離婚についてお悩みの方はこちらの記事もおすすめです

スピード婚は離婚しやすい?スピード婚前のチェックポイント5つのまとめ

スピード婚などによって交際期間が短いと離婚する人が多い原因と理由を見てきました。
 
短期間に結婚・離婚を繰り返すと精神的にも金銭的にも消耗してその後の人生にも大きく影響してきます。
 
スピード婚で離婚を考えたら、自分のストレスを減らすためにも話し合いをスムーズにしてくれる法律の専門家に相談しましょう。
 
弁護士ならあなたの代わりに離婚の交渉をしてくれます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部