離婚は子供にとって寂しいもの?寂しいと感じてしまう原因と対処法

離婚をして子供が寂しい思いをするのではないかとなかなか離婚に踏み切れずにいる人も多いでしょう。子供がいる夫婦が離婚する場合、離婚が子供に与える影響とシングルマザー/ファザーの子供がどのような思いをするかについて考えていきましょう。

目次

両親が離婚すると子供はやっぱり寂しい?

離婚すると思っても「子供と離れるのが寂しい」「子供に寂しい思いをさせたくない」という理由で離婚を先延ばしにしている父親もいます。
 
両親が離婚した場合、子供にはどのような影響があるのでしょうか。
 
子供がいる夫婦の離婚は子供の寂しい気持ちと自分たちの意見をどのようにすり合わせたらよいのでしょうか。
 
シングルマザー/ファザーの子供や母・父親が考えている離婚についての悩みについて今回は考えてみました。

離婚で子供が寂しいと感じる原因

いくら子供の父親とはいえ、子供の気持ちを全て理解できる人は少ないでしょう。
 
両親が離婚するとなったとき、シングルマザー/ファザーの子供はどんな寂しい気持ちを抱えることになるのか具体的に考えてみました。

寂しいと感じる原因(1) シングルマザー/ファザーは子供に接する時間が少ない

両親揃っていても最近は共働きなどで子供に接する時間がとれない父親・母親もいます。
 
子供の寂しい気持ちは、実は共働き夫婦でも起こり得ます。
 
しかし、それがシングルマザー/ファザーとなると仕事に追われてさらに子供との時間がとれなくなるでしょう。
 
シングルマザー/ファザーの家の子供は、小さいうちから実家や保育園に預けて子供とのふれあいが少なくなり、子供にも寂しい思いをさせるようになります。

寂しいと感じる原因(2) 両親のいる周りの友達と比較してしまう

子供が幼稚園や小学生になると、周りの友達の家と自分の家を比較したがります。
 
シングルマザー/ファザーの家では行く親がひとりしかいませんので、参観日や運動会などのイベントでも出席できずに寂しい思いをさせることもあるでしょう。
 
「友達の家の父親は来ているのに、うちだけなぜ」と自分だけ寂しいという気持ちを強く感じることになります。
  
周りの家との違いを感じてはじめて、離婚するということがどんなことか気づく子供もいます。

寂しいと感じる原因(3) 母親/父親が寂しがっている

父親や母親が離婚してシングルマザー/ファザーになったことを寂しいと感じると、子供にもその寂しさが伝わります。
 
お父さんが寂しそうだから自分も寂しいと感じます。
 
逆に、「離婚してスッキリした」「前向きになれた」と感じると子供も「最近なんだか楽しい」と感じるようになります。

離婚で子供に寂しい思いをさせないために

両親が離婚したことで寂しいと感じている子供に、シングルマザー/ファザーの父親ができることはあるでしょうか。
 
子供に寂しいと思わせないため大人ができることを考えてみました。

離婚で子供に寂しい思いをさせないために(1) 子供の意見を聞く場を設ける

離婚する前に子供が自分の寂しい気持ちを親に意見できるならば、子供の話を聞きましょう。

子供が父親・母親の離婚が寂しいと感じているのなら、子供が自分の心の中で両親の離婚を納得できるようになるまで待つことがベストです。

離婚する前に「子供に寂しい思いをさせないよう(離婚を)延期できないか」とお互いに相談してみてください。

離婚で子供に寂しい思いをさせないために(2) 夫婦カウンセリング

夫婦の話し合いで父親・母親が自分たちの気持ちと子供の寂しい思いの折り合いがうまくつかない場合は、第三者である夫婦カウンセラーに相談してみるのもひとつの方法です。

誰かに話すことで、スッキリして離婚を子供のためにもう少し先延ばしにできることもあるでしょう。

子供に寂しい思いをさせないためにも、シングルマザー/ファザーになるという心構えを持つためにも、離婚の前にしっかり父親と母親が自分の気持ちを吐き出しておくことは必要です。

離婚で子供と自分に寂しい思いをさせないために(3) 離婚を回避する方法を考える

父親・母親と離れるのが寂しいと子供が思うなら、離婚しないのが子供にとって一番の選択肢です。

離婚の回避方法を考えるには、夫婦カウンセリングの他に家庭裁判所で離婚調停(円満)を申し立てるという方法もあります。

シングルマザー/ファザーの家の子供がどんな思いをするのかということを、離婚の話し合いでカッカしている本人以上に第三者の調停委員の方が感じることができる場合もあるでしょう。

離婚する前に調停委員を交えて話し合い、夫婦関係の問題を解決するための調停です。

夫婦間で約束を取り決めたり、子供の寂しい気持ちを考慮して「離婚はしないが別居する」という選択肢もできます。

それでも離婚を決意したら

子供に寂しい思いをさせないため、離婚を回避する方法を模索したけれど、どうしても離婚しか道が残っていない。
 
子供には申し訳ないがシングルマザー/ファザーの家庭で育ってもらうしかないとなったとき。
 
離婚するにしても、シングルマザー/ファザーと暮らす子供の寂しい気持ちに配慮しなければいけない義務が父親と母親にはあります。

それでも離婚を決意したら(1) 子供の意見を離婚協議で考慮する

父親と母親が離婚するとき、子供本人がどちらの親と一緒に暮らしたいか、離れて暮らす寂しい思いをしないよう親に会いたい時に面会させてあげなければいけないなど、子供の権利に考慮する義務があります(民法766条1項後段)。
第766条
  1. 父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない
子供の寂しいという意見や、親に会いたいという意見も考慮して離婚協議をします。

それでも離婚を決意したら(2) 面会交流の頻度を高める

両親が離婚してシングルマザー/ファザーであることの子供の寂しい気持ちは、離れて暮らす父親・母親と面会交流の頻度を高めることで和らぐこともあります。
 
両親の離婚により子供が寂しいだろう想像できたら、面会交流の頻度を高めるのもひとつの手です。
 
シングルマザー/ファザーの家庭では、子供の意見を普通の家庭よりも考慮してあげるくらいが丁度よいでしょう。

それでも離婚を決意したら(3) 弁護士に相談を

子供を持つ父親・母親と子供の意見を両方調整するのは難しいです。

シングルマザー/ファザーになるとしても、少しでも子供の寂しい気持ちを刺激しないような離婚の進め方をしましょう。

法律の専門家である弁護士は、代理人として交渉をしてくれます。

本人同士が話し合うよりも、子供の寂しい気持ちを刺激しないよう穏やかに離婚の話がすすめられる可能性があります。

離婚は子供にとって寂しいもの?寂しいと感じてしまう原因と対処法のまとめ

シングルマザー/ファザーの子供は寂しい思いをするのが当たり前ではありません。父親・母親なら少しでも子供の寂しい気持ちを理解して、解決できるよう離婚を考えましょう。
 
子供の気持ちを刺激しないよう、離婚話は感情的にならずに穏やかにすすめるべきでしょう。
 
法律の専門家である弁護士に代理人になってもらい、スムーズに交渉してもらうことも考えてみてはいかがでしょうか。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部