妻と離婚したいけど応じてくれない場合の対処法!妻との離婚の理由や後悔とは?

 妻と離婚したい、、しかし、離婚は全てがスムーズにいくわけではなく、人によっては離婚したいけど妻が応じてくれない場合もあるでしょう。そこで、今回は妻と離婚したいけど応じてくれない場合の対処法についてお伝えします。

目次

妻と離婚したいけど応じてくれない!?

離婚をしたいという意志が妻にも夫にもあれば、離婚はスムーズに行うことができます。しかし、離婚をしたいという意識が片方にしかない場合は離婚問題に発展してスムーズにいかなくなるのです。実際に、夫がひたすら離婚要求をして妻がひたすら拒否し続ける例は大量にあります。

どうしても別れたいけど、妻が拒否し続けているためどうにもならなくても困っているという人は、おそらく相当追い込まれているのではないでしょうか。今回は追い込まれている人を救済するつもりでいきます。

妻と離婚したい理由・離婚したくない理由

2ded003239b4c770c1b34f7e3df02475_s


それではいくつか妻と離婚したい理由や逆に離婚したくない側の理由についても解説していきましょう。

性格の不一致や価値観の違いから妻と離婚したい

性格の不一致や価値観の違いというのはつき合っている最中はなかなか見えてこないで、一緒に生活する期間が長くなるとちょっとずつ見えてくることがあります。そのため、結婚をしてからしばらく経過した後に本格的に「この人とは性格が合わない」と理解する人もいるのです。

性格の不一致や価値観の違いは離婚理由でも常に上位にあり今では離婚理由の不動の1位になっているのです。性格の不一致があると、一緒にいるだけでも苦痛を覚えるようになるので、一秒でも早く離婚したいと考えるようになるでしょう。

性格の不一致や価値観の違いを理解しているけど夫と離婚しない

逆に、性格の不一致や価値観の違いを理解しているけど離婚しないケースもたくさんあります。それは片一方が経済的に圧倒的に優れており収入格差がかなりあるケースです。

例えば夫がものすごい稼ぐ人で、妻が専業主婦だった場合は、妻は性格の不一致や価値観の違いがあったとしてもお金のために耐える可能性が高いです。逆に夫のほうは性格の不一致や価値観の違いがあると家に帰りたくなくなるので少しでも早く別れたいと考えるようになります。

家にいることが幸せに感じられないのなら妻と離婚をしたい

家の中とは最も安心できる場所であるはずなのに、妻といることで安心空間が一転して、修羅場や地獄に感じてしまう人もいます。

そのような人はどこにも居場所を感じることができないので、少しでも早く別れたいと感じるようになるのです。

妻と離婚において後悔したことは?

6a0208c9682cf0ac854c2b249f42ebf0_s


それでは、実際に離婚をした方々の意見を参考に、妻との離婚において後悔したことをいくつか紹介しましょう。

親権問題

親権問題は子供がいると必ず発生するものとなっております。お金は細かく調整することができますが、子供の調整なんてできません。勝つか負けるかしかないのです。しかし、親権問題は基本的に母親側が圧倒的優位なので、男性側は負けます。勝率は1割か2割と考えてください。

そして、この親権問題は離婚原因とか離婚理由は関係なく、例え妻の不倫が原因で別れたとしても子供の幸せには関係ないと判断されてしまうので、離婚の原因が妻側であったとしても親権問題で負けてしまうのです。納得できないかもしれませんが、親権問題は圧倒的に男性側が不利と覚えておいてください。

結婚したことと離婚したことそのものを後悔する

これはちょっと漠然としたものですが、いわゆる「なんであんな人と結婚してしまったのだろう」と結婚したことそのものを後悔したり、「本当に離婚以外に解決方法は無かったのか」と離婚したことそのものを後悔するというものです。

極論を言ってしまうと、このような苦しみを味わうくらいなら結婚をしないことが正解だったということになるので、結婚をしてしまった自分はなんて馬鹿だったのだろうとひたすら後悔するようになってしまうのでしょう。

世間の目

結婚の報告は人にもよりますがある程度大々的にやる人が多いです。いわゆる結婚式というものを挙げるということですね。これは第三者を招き入れて行うので、多くの方に「あの人は結婚をした」ということが知れ渡ります。

そのため、離婚をしてしまうとそのような人たちに離婚をしたことが次々と伝搬していくのです。そうなると、世間の目は急速に冷たくなります。あの人は離婚をするようなダメ人間というレッテルが張られるのです。

妻が離婚に応じてくれない…そんなときどうする?

cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s


離婚のトラブルの一つに、離婚に応じてくれないため、話が進まないというケースもたくさんあります。それではそんなときどうしたらいいのかをお伝えしましょう。

明確な理由があるなら証拠を用意する

離婚に至るための経緯というのは色々とあるでしょうが、それが不貞行為といったものだった場合は、まずその証拠を徹底的に集めてください。これは離婚を告げる前のほうがいいです。先に告げてしまうと不貞行為をしたことも追及するようになるので、証拠集めができなくなる可能性が大きくなります。

そうなる前に、決定的な証拠集めを探偵を雇ってしておきましょう。不貞行為といった理由で離婚をするなら圧倒的に有利に立ち回れるようになります。ある程度証拠を集めてから、それをつきつけて離婚を迫りましょう。

もう一度話し合いを行う

離婚を告げる時はおそらく感情が最大限に高ぶっている時でしょう。大舞台になれている人はその状況でも思考をまとめて冷静に判断できるでしょうが、慣れていない人は興奮気味に感情のぶつけ合い、言い争いにになるケースが多いです。そのため、言いたいことが全く伝わっていないことも多々あります。

そのような人は、一度冷静になってから離婚理由をわかりやすく説明して、本気で離婚をしたいという意志をはっきりと告げてください。そうすることで相手が納得するケースもあります。

プロの力を借りる

離婚における調整はお互いに離婚をすることを同意して、財産分与とか養育費をどうするのかといった話し合いに発展するものですが、そもそも相手がかたくなに拒否しているのでは離婚話をすることすらできません。

このような場合は、離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。彼らは離婚トラブルになれているので明確な助言をもらうことができます。

妻と離婚したいけど応じてくれない場合の対処法!妻との離婚の理由や後悔とは?のまとめ

16dfa9298c84c10bdb75c0d5f017c9cc_s


日本における離婚は協議離婚が圧倒的に多く、話し合いで解決している確率が非常に高いのです。しかし、中には絶対に離婚をしたいという人と絶対に離婚をしたくないという人が争い続けて裁判にまで発展し、3年くらい戦い続けている人だっています。

このように泥沼化すると精神的にも肉体的にも疲弊してしまうので、そうなる前に離婚問題に強い弁護士に相談して、本格的な助言をしてもらうようにしてください。

この記事の作成者

ジコナラ編集部