夫が失業…離婚すべき?夫の失業を理由に離婚できる?

夫が失業したとき、妻は離婚をするべきなのかどうか悩むことがあるのではないでしょうか。頼りにしていた収入源がなくなってしまうので生活が一変してしまう人もいます。夫が失業したら離婚はできるのか、離婚するときに考えるべきポイントについてご紹介します。

目次

夫/旦那が失業したからって離婚すべき?離婚はできる?

 
夫・旦那が安定した職場に就職しているからといって、失業する可能性が0であるわけではありません。
 
失業して、収入がなくなってしまったら、これを機に離婚を考えるケースも決して少なくないでしょう。
 
ただ、失業しただけで夫・旦那と離婚するのは自分勝手だという意見もあるでしょう。
 
失業したというだけの理由で離婚できるのでしょうか。

失業した夫/旦那と離婚する前に考えるポイント|専業主婦の場合 

夫・旦那が失業した場合にすぐに離婚するのは早計です。
 
この場合、どんなポイントがあるのでしょうか。

離婚する前に考えるポイント(1) 夫の再就職が可能かどうか

夫・旦那が失業してしまったのであれば、離婚を考える前に再就職ができるかどうかを確かめましょう。
 
もしも再就職が難しい、もしくは夫・旦那に再就職する気がない場合には離婚を考えた方が妻のためにもなり得ます。

離婚する前に考えるポイント(2) 離婚後の生活はどうなるか

もしも夫・旦那が失業してしまったことで生活が厳しくなり、離婚を考えることになったとしても今後の生活をどうするか想定する必要性があります
 
離婚後、就職し、仕事と子育てを両立することができるかどうかが重要になるでしょう。

離婚する前に考えるポイント(3) 離婚せず、自分も働くことも考えてみる

夫・旦那が失業したことで離婚を考えることになっても、離婚で損をする場合もあるので離婚が正解というわけではありません
 
夫・旦那が失業したなら、アルバイトやパートからでも良いので自分自身も働くことを考える必要性があります

離婚する前に考えるポイント(4) 子供に影響を与えるかどうか

もしも夫・旦那が失業したとき、子供がいたなら離婚することで様々な影響を与える可能性があります

子供が幼いかどうかによって与える影響も変わってくるので、子供のことを考えるとすぐに離婚すればいいというものではありません

離婚する前に考えるポイント(5) どうしても離婚しなければならない理由があるか

失業を機に
  • 人が変わって暴力を振るうようになったり
  • 浪費をしだしたり
  • 何ヶ月経っても再就職先を見つけようとしない

など、どうしても離婚する理由がある場合は離婚を考えざるを得ません

自分の人生のためにも、早くに離婚する必要性があります。

失業した夫/旦那と離婚すべき?|働いている妻の場合 

夫・旦那が失業した傍らで妻が働いていた場合、これも様々なポイントがあります。
 
働く妻なら現状を打破できる可能性がありますが、話はそう単純ではありません。

離婚する前に考えるポイント(1) 夫を養うことができるか

夫・旦那が失業したとき妻が働いていた場合、自分が収入源となって生活を支えることになります
 
夫が最悪再就職できないと自分が夫を養うことになるので、はたして家族を養っていけるかどうかを考えるのが先決です。

離婚する前に考えるポイント(2) 離婚時にお金を払わなければいけないこともある

夫・旦那が失業した際に離婚をしようとすると財産分与などの様々な話し合いを行う必要があります。
 
財産分与は基本的に夫婦の共有財産が折半となることに注意しましょう
 
自分の方が収入があれば、共有財産が折半されてしまうことで実質損をすることもあり得ます

離婚する前に考えるポイント(3) 子供への影響

専業主婦の場合と同様に、子供がいる中で離婚すると様々な影響を与える可能性があります

離婚後の生活で子供に構ってあげられない可能性もありますし、夫・旦那の失業による離婚がベストな選択肢とはいえないでしょう。

夫の失業で離婚できる?

夫・旦那が失業による離婚を考える以前に、無事に離婚できるかどうかも気になるところです。
 
スムーズに離婚するには、何が必要になるのでしょうか。

夫の失業で離婚(1) 合意での離婚は可能

お互いに離婚の同意がある場合には、離婚することが可能です。
 
お互いに話し合いを行い、納得した上で離婚に同意するのであれば、問題なくスムーズな離婚ができるでしょう。

夫の失業で離婚(2) 合意ができなければ離婚事由がなければ離婚できない

離婚請求には民法770条1項各号の離婚事由が必要になります。
民法770条
①夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
この場合、夫の失業が5号に該当するか争うことになります
 
就職活動をしているといった場合には認められにくいですが、全く再就職する気がない失業を機に多額の借金を負った暴力を振るうようになったなどの事情があれば離婚が認められやすいでしょう。

夫の失業で離婚(3) 弁護士に相談を

夫・旦那の失業で離婚する場合、財産分与、親権、養育費、慰謝料に関する取り決めは複雑なので、二人だけで話し合って決めるのは大変です。
 
話し合いがなかなか終わらないなら弁護士に代理人となってもらい、法的観点から効果的な主張をしてもらいましょう

夫が失業…離婚すべき?夫の失業を理由に離婚できる?のまとめ

夫・旦那が絶対に失業しないという保障はどこにもありません。
 
働いている誰もが、突然失業する可能性があるということです。
 
もし失業してしまった場合は夫の再就職をサポートするか、自分が働いて養っていくしかないでしょう。
 
もしも夫にその気がないのであれば、弁護士に相談してスムーズな離婚ができるようにしていくのが得策です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部