夫から離婚届を一方的に提出されたらどうなるの?一方的な離婚請求の効力と対処法・予防法

突然突然夫が妻に内緒で一方的に離婚届を提出したと言ってきたら……。そんなドラマみたいな事あるわけないと思っても、意外とこのように自分だけで離婚できると思いこんで、一方的に離婚届を出してしまう人もいるのだそうです。一方的に離婚されないために学んでおくと良いことがあります。

目次

夫からの一方的な離婚請求・・・

048

離婚は夫婦の間で行われる事ですので、一方的には成立しないもの……のはずなのに、一方的に夫が離婚届を出そうとしているとしたら。

夫一人の意志で一方的に離婚届を提出する事は可能なのでしょうか?

もし、届けを出されてしまったら離婚するしか無いんでしょうか?

そんな不安を抱えている人の気になる所を調べてみました。

一方的に離婚届を提出させないような予防法もありますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

一方的に離婚を迫られたけど納得できない・・・慰謝料を請求されてしまった・・・そんな離婚にまつわるトラブルは早いうちに離婚問題に強い専門家へ相談することをオススメします。

協議離婚の成立には何が必要?一方的な離婚請求でも慰謝料は認められる?

049
 

夫が一方的に離婚届を記入して役所に提出した場合、それは協議離婚という形になります。

協議離婚とは、夫婦二人の話し合いで離婚届を提出して離婚できるという方法です。

まずは、協議離婚についてもう少し詳しく見ていきましょう。

まずは離婚届の提出~協議離婚の形式的要件

まず、夫が離婚したと一方的に言っているだけでは離婚は成立した事にはなりません。

夫へ、離婚届の提出が済んだかどうか確認する事が大事です。

離婚届には二人の署名捺印、また立会人となる人の署名捺印が必要で一人で一方的に提出するのは無理な書類です。

もしかしたら、離婚というのは夫の狂言という可能性もあるのです。まずは、事実関係から確認する事を始めましょう。

「離婚意思」の合致~協議離婚の実質的要件

もしも、離婚届が提出されていてもあなたの署名捺印が偽造されていた場合、一方的に提出された離婚届は無効になります。

そもそもあなたは離婚をしたいと思っていないので、離婚意思の合意に当たらずこの事からも離婚が成立する事はありません。

この事から、たとえ夫が一方的に離婚届を提出してあったとしても、まだまだあたなには打つ手はあるのです。

一方的に離婚するのは嫌だけど、後々この事を理由にして、あなたの方が有利な状況で離婚の話し合いをする事も出来ます。

ということは…一方的に出せば離婚は無効!!

一方的に離婚届が提出されていた場合、その離婚届が確かにあなたの署名捺印があったとしても、離婚に合意しないという意志があることだけでも離婚届によって離婚が決定される事はありません。

離婚届はあくまでも役所に届ける書類であって離婚したという証明にはなりません。

離婚は、お互いが合意をした上で離婚届を提出した場合のみに成立するもので、どちらかから一方的に離婚する事はできないのです。

ましてや慰謝料請求が認められるなどという事は無いのです。

逆にあなたが精神的な被害あったとして慰謝料を請求するなら話は別ですが……。

一方的に離婚届を出されたらどうすればいい?~事後の対処法

033
 

離婚届が偽装した物であっても、役所でそれを偽装とわからなければ、離婚として受理され処理されてしまいます。

役所で離婚届が受理されてしまった後は、どのように対処したら良いのか見ていきましょう。

協議離婚の無効確認の調停

あなたが合意していないのに一方的に離婚届を提出され、それが役所で受理されてしまった場合は、その離婚が成立した戸籍を訂正するよう、調停を起こす事ができます。

これは、あなたが夫に対して、その夫の住所管轄にある家庭裁判所に調停の申し立てをすることになります。

また、離婚した夫がその後すぐに誰かと再婚してしまっている場合には、その婚姻取り消しの調停を行う事も出来ます。

勝手に離婚されて勝手に再婚されていた事実を、すべて覆す事も可能になってくるのです。

協議離婚の無効確認訴訟

協議離婚の無効確認の調停をしても、離婚の取り消しが不成立だった場合は、家庭裁判所に協議離婚の無効確認訴訟を申し立てる事が出来ます。

協議離婚の無効確認訴訟は、協議離婚の無効確認の調停を行い不成立だった場合のみに申し立てる事が出来るので、まずは先に調停の申し立てからはじめましょう。

訴訟になると証拠の提出が必要になってきますので、一人で行うよりも専門家の指示を仰いだ方が良いでしょう。 

いずれにせよ…大変な時間と労力

協議離婚の無効確認の調停が不成立なら、協議離婚の無効確認訴訟と長い期間争って解決しなければいけない問題になってきます。

調停を申し立てたからと言ってすぐに決定される事でもありませんし、訴訟となればその先何ヶ月も争う事となるでしょう。

一方的に離婚届を出された人の中には、この長い期間が耐えられずに泣き寝入りになってしまう人もいるのです。

不受理申出制度を利用しよう~離婚届を一方的に出されるのを事前に防ぐ!

029
 

いくら離婚は両者の合意が無いと成立しないと言っても、受理されてしまった離婚届を覆すのにはそれなりの長い期間と手順が必要になってきます。

そんな手間のかかる事を避けるために一方的に離婚届を出されそうだと思ったら予防線を張って置くことができるのです。

不受理申出制度とは?

長い期間をかけてやっと離婚届の樹里を覆したとしても、また相手が離婚届を提出してしまうかも知れません。

そうなる事を避けるために役所に「自分は離婚する意志はありません」という「離婚届不受理申出」という書類を提出して置くことが出来ます。

これを提出しておけば、いくら夫が離婚届を一方的に提出しようとしてもそれを阻止することが出来るのです。

相手からの一方的な離婚届提出を防ぐには一番良い方法となるでしょう。

利用の仕方は?

不受理申出は、基本的に届け出る人の本籍地の役所に届けます。

用紙は無料で、申し出る理由も特に必要ありませんが、本籍地以外の役所に届け出た場合、本籍地へ転送されるまでに数日を要します。

その間に夫にまた一方的に離婚届を提出されてしまったらまた協議離婚の無効調停から始めなければいけなくなります。

少し遠くても自分で本籍地の役所まで行って届け出るようにするのをおすすめします。 

夫から離婚届を一方的に提出されたらどうなるの?一方的な離婚請求の効力と対処法・予防法のまとめ

026
 

夫に一方的に離婚届を偽装され提出されてしまった時の効力と対処方法をご紹介しました。

ここでは偽装された離婚届についての罪の追求はしませんでしたが、書類の偽装は犯罪になりますのでやったら訴えるという旨の通達をしておいても良いでしょう。

その場合、法律家に相談してきちんとした手順と書面で行うと良いですね。

この記事の作成者

ジコナラ編集部