不倫していると不幸になる?不倫が招く不幸とは?

不倫していても不幸な結末にしかならない…全員がそうとは限りませんが、ほとんどの人が不幸な結果になっていることは確かです。不倫関係を続けた先には何があるか考えたことはありますか?既婚者でも独身の人でも不倫によって人生を棒に振ってしまう可能性があるのです。

目次

不倫していると不幸になる?不幸になっても不倫を続ける?

不倫を謳歌している人は、自分の置かれている状況も見えないくらいに盲目になっています。
 
そのことに気がつくのは大切なものを全て失った後かもしれません。
 
そんな不幸を招く不倫関係、それでもあなたは不倫を続けますか?

既婚女性が不倫しているとこんな不幸が…

まずは既婚女性の不倫についてご紹介いたします。既婚女性が不倫をするとどんな不幸が訪れるのでしょうか。

既婚者の不倫の不幸(1) 配偶者にバレて離婚を切り出される

既婚女性の不倫する上で一番恐れていることは、配偶者にバレることでしょう。
 
ちょっとした遊びのつもりでも、配偶者にバレてしまうと離婚を切り出されてしまいかねません。
 
それまでの幸せな状況から一気に不幸のどん底に叩き落されてしまうでしょう。

既婚者の不倫の不幸(2) 配偶者から高額の慰謝料を請求される

不倫は違法行為です。夫婦の貞操義務を違反すると、配偶者から高額な慰謝料を請求されてしまう可能性があります。
 
家庭も失い、慰謝料も請求される、これが不倫の代償なのです。

既婚者の不倫の不幸(3) 離婚後親権を得られない

離婚後の親権は母親が得ることが多いのですが、女性側に離婚の原因がある場合、親権を得ることができない可能性があります。
 
自分がお腹を痛めて産んだ子どもと一緒に住めなくなってしまうのかもしれません。

既婚者の不倫の不幸(4) 信用を失う

自身の不倫が原因で離婚したことが周囲にバレれば社会的信用を失いかねません。
 
職場でも居心地が悪くなるかもしれませんし、親しくしていた友人も離れていってしまうかもしれません。
 
自分の彼氏、旦那を取られるかもしれないと思うと、友人たちが自然と距離を置くのも当然でしょう。

既婚者の不倫の不幸(5) 離婚後再婚が難しい

ただでさえ離婚歴があると再婚は難しいのに、その原因が自身の不倫が原因だと相手に知られてしまうと、再婚はかなり難しくなります
 
また同じように不倫を繰り返すのではないかと思われてしまいますし、相手もあなたのことを信用できなくなってしまいます。

独身女性が不倫しているとこんな不幸が…

既婚女性が不倫したのちの不幸をご紹介しましたが、独身女性が不倫した場合、どのような不幸が待ち構えているのでしょうか。

独身女性の不倫の不幸(1) 不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される

既婚男性との不倫が相手の配偶者にバレてしまった場合、配偶者から慰謝料を請求されてしまう可能性が大いにあります。
 
慰謝料は相手が離婚しなくても請求できますので、あなたは彼も失い、お金も失うことになります。

独身女性の不倫の不幸(2) 不倫相手に捨てられて時間を無駄にする

不倫関係に未来はありません。
 
妻と別れたら一緒になろうと言う男性もいますが、ほとんどが口からの出まかせです。
 
そんな言葉を信じて不倫関係を続けてしまうと、普通の恋愛、結婚をするための時間を無駄にしてしまいます。
 
不倫相手に捨てられてしまった後、あなたに残るのは虚しさと後悔だけです。

独身女性の不倫の不幸(3) 信用を失う

信用を失うのは既婚女性、独身女性共通です。
 
不倫をする人は、周囲から「常識がない」「人の気持ちを考えない」と思われてしまい、信頼されなくなってしまいます。
 
最悪の場合、仕事や友人を失ってしまうこともあるでしょう。

独身女性の不倫の不幸(4) 噂が広まり、居場所がなくなった

密かに愛を育んでいる不倫のつもりでも、周囲の人にはバレてしまう可能性があります。
 
人は他人の噂話が大好きですので、特に女性の場合、あることないこと影で言われてしまうかもしれません。
 
そんな噂が広まれば、職場でも住んでいると町内でも居づらさを覚えることでしょう。
 
それが原因で不倫相手から別れを切り出されるかもしれません。

独身女性の不倫の不幸(5) 不倫癖がついてしまう

不倫は、重い恋愛をしたくない人にとっては都合のよい恋愛なのです。
 
しかもいけないことをしているという背徳感が刺激になり、不倫が癖になってしまうことが多いのです。
 
不倫を一度経験してしまうと、つい次も既婚者との不倫を選んでしまい、不倫癖がついてしまうのです。

不倫で悩んだらどうしたらいいの?不倫で不幸にならないための対処法

不倫関係で悩んでいる人は、自らの過ちに気付き始めている人です。本当に不幸になってしまう前に、できることから始めてみましょう。 

不倫で不幸にならないために(1) 不倫のリスクを再確認する

まずは不倫のリスクについて再確認しましょう。
 
不倫をするとどうなるか、慰謝料を請求される、会社を辞めなければならないかもしれない、など、ひとつずつ紙に書き起こしてみるのもよいでしょう。
 
今の彼との関係は、これらのリスクを背負うほど価値のあるものなのか、客観的に判断できるかもしれません。

不倫で不幸にならないために(2) 失った信用は取り戻すために努力を

不倫がバレて、周囲の信用を失ってしまったら、それを取り戻すのは非常に困難です。
 
特に自身の配偶者や子ども、友人、親、会社などの信用は、誠実な姿勢を見せ続けることでしか取り戻せません。
 
長い時間がかかることですが、それが不倫の代償なのです。真摯な態度を見せましょう。
 
不倫を暴露された場合、刑事告訴や慰謝料請求をできるケースがあります。
詳しくはこちらの記事をお読みください!

不倫で不幸にならないために(3) 不倫で離婚や慰謝料の請求をされた場合は弁護士に相談を

万が一不倫が原因で離婚することになったり、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されてしまった時は弁護士に相談することをお勧めします。
 
個人間で解決することもできますが、慰謝料の相場や財産分与など、細かな決め事があるのが離婚ですので、法律の専門家に任せた方があなたのためになります。

カケコムでは簡単な相談に答えるだけで、無料で熟練の弁護士に相談することができます。

不倫していると不幸になる?不倫が招く不幸とは?のまとめ

不倫は会いたいときだけ会える、都合のよい関係です。それが重くなくて丁度よいと思う人もいるかもしれません。
 
ですが不倫は違法行為です。その先に待っているものは不幸な人生だけなのです。
 
不倫はあなた自身も不幸にしますし、相手の家庭も不幸にしてしまいます。
 
間違いに気付いたら早めに関係を解消し、ご自身の未来を守ってください。
 
既に不幸な人生の入り口にいる人は、一人で解決しようとせず、是非弁護士に相談してみてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部