不倫してると婚期を逃す?不倫する女性が結婚できなくなる理由とは?

不倫をしていると、婚期まで逃してしまう。そんなことはないと思ってしまうかもしれませんが、不倫をしている人が婚期を逃すことはよくあることなのです。不倫であなたの人生を無駄にしないためにも、不倫と婚期の関係を知っておきましょう。

目次

不倫と婚期は密接な関係にある?

不倫をしていると婚期を逃すというのは本当なのでしょうか。
 
実際に、不倫によって婚期を逃してしまい、本来出会うはずの結婚相手とのチャンスを逃してしまったというケースもあるようです。
 
不倫してると婚期を逃してしまう理由とはいったいなんなのでしょうか。

不倫してると婚期を逃してしまう理由とは?

不倫してると婚期を逃してしまう理由をみていきましょう。 

不倫女性が婚期を逃す理由(1) 不倫の刺激から抜け出せなくなる 

不倫をすることにスリルと楽しさを感じる人もいるでしょう。
 
不倫の普通の恋愛とは違う刺激から抜け出せなくなる人もいるのです。
 
特に、相手が年上で社会的な立場や収入などが自分より大きく上回る場合、相手が本気でないとわかっていても長い交際をしてしまいがちです。
 
不倫の刺激が楽しいと感じてしまうと、普通の恋では満足できなくなるかもしれません。
 
しかし、結婚は普通の恋から発展するものであることを忘れてはいけません。

不倫女性が婚期を逃す理由(2) 出会いがなくなる

不倫相手が他の異性よりお金もあり、時間もあるなどの場合、その人が本気ではなくても周囲の異性より魅力的に感じるでしょう。
 
ここにのめり込んでしまうと、やがて出会いの適齢期を過ぎてしまいます。
 
そして、本当に結婚したいと思える異性との出会いを逃してしまうことになり得ます。

不倫女性が婚期を逃す理由(3) ”妊娠”適齢期を逃す

不倫は長く関係を続けたのち、結婚せずただの不倫として終わることもあります。
 
不倫をしている期間が長ければ長いほど、”妊娠”の適齢期をも逃してしまうことになるでしょう。

不倫女性が婚期を逃す理由(4) 不倫相手と結婚できる可能性はかなり低い

不倫をすることの一番のリスクは、ほとんどの男性は結婚せず責任はとらないということ。

自分だけは本気になっても不倫相手は遊びだったということがほとんどなので、やはり不倫に過度な期待をするのは間違いといえるでしょう。

不倫していなかったら本当は出会うべきだった運命の相手に出会えていとしたら…。

そう考えても本当に不倫を続けるべきかどうか、冷静に考える必要があるでしょう。

不倫女性が婚期を逃す理由(5) 女性の一番綺麗な時期を台無しにしてしまう

不倫をしている年齢がいつかは大きなポイントで、自分が最もモテる時期を不倫に費やすことになるかもしれません。

ここで問題なのは、自分のモテ期や男性からちやほやされる時期というのは自分ではわからないということです。

結婚相手にふさわしい人がいたのに、不倫に走ってしまったと後悔しないようにしましょう。

不倫女性が婚期を逃す理由(6) 不倫による失敗が大きなトラウマになる

不倫相手と結婚できるという可能性はかなり低いため、結果として相手に裏切られたということになりかねません。
 
こうした場合、不倫による本気の恋愛が大きな失恋へと変わり、トラウマになってしまうことがあります。
 

不倫女性が婚期を逃す理由(7) 不倫の噂が広まってしまう

不倫相手が同じ職場の人というケースはかなり多く、こうした場合、周囲の人はその事実に気付いているものです。

不倫の実態を見ると、バレてないと思っているのは当事者だけ。

あなたが不倫をしているという噂が耳に入ると、あなたに対する印象が一気に悪くなり、再婚の支障になる可能性もあります。

不倫で逃すのは婚期だけではない?不倫で失うものとは?

不倫がバレてしまうと、自分の生活のあらゆる方面に支障をきたしていくため、そのリスクは予想以上に大きなものとなるでしょう。

不倫で失うもの|"仕事"での信頼を失う

不倫していたことが会社にバレると、会社に居づらくなり、最悪仕事を失うこともあります。
 
昨今、テレビなどでもプライベートな問題であるはずの不倫が大きく取りざたされ、個人から公の問題に発展するような報道がなされています。
 
これらは個人の問題といえど、社会への信用問題に発展することを示唆したものといえるでしょう。

不倫で失うもの|"友人"の信頼を失う

不倫には誰かが裏切られ、不幸になる人がいます。

それを知りつつ不倫をしたとなると、あなたへの信頼は不信感へと変わるでしょう。
 
不倫相手が友人との知り合いであった場合など、そこに信頼関係があれば損なう行為になってしまうことになります。

不倫で失うもの|"慰謝料"で財産を失う

不倫が発覚すれば、当然ながら相手方の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。
 
相手が既婚者であることを知っていながら関係をもっているわけですから、家庭を壊した責任はあなたにもあります。
 
相手方の結婚年数が長かったり、浮気の期間が長ければそれだけ慰謝料の請求額も大きくなっていきます。
 
本来、結婚するために貯めておいたお金を慰謝料で払ってしまっていいのでしょうか?
 
婚期で出会うはずの人のために使うお金だったと考えたら、あまりに悲しいことです。

不倫で慰謝料請求をされたら弁護士に相談を

不倫の慰謝料の相場は一般的には50~300万円といわれていて、自分の年収と相手方の婚姻期間や浮気をしていた期間などによって変わってきます。
 
ただし、
  • 不倫相手が既婚者であることを隠して嘘をついて交際していた

となれば、その事実を立証することで慰謝料の支払いを免れる場合もあるでしょう。

 こうした問題にはやはり弁護士からのアドバイスが必要ですから、相談すべきです。

不倫してると婚期を逃す?不倫する女性が結婚できなくなる理由とは?のまとめ

不倫をしていると、たくさんのものを失ってしまいます。
 
婚期はもちろん、発覚すれば慰謝料を請求され財産を失うことにもなり、職場にバレれば周囲からの信用を失ってしまうことになるでしょう。
 
これらのリスクを抱えて、それでも不倫関係を続けるべきか考える必要があります。
 
特に慰謝料請求の問題が絡んでくれば法的に対処しなければならないため、弁護士との相談が必要になってきます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部