不倫は虚しいと悟った瞬間7つ|不倫で失うものとは?

どんなに燃え上がる恋愛だとしても不倫であれば虚しい結末に終わってしまうでしょう。しかし、不倫が悲しいものだとわかっていたとしても続けてしまうのも、また事実です。今回の記事ではなぜ不倫は虚しいと思ってしまうのか、不倫の結末についてご紹介していきます。

目次

不倫は虚しいとはわかっていても続けてしまうもの?

不倫をしている女性の大半は、一度は虚しさを経験しているのではないでしょうか。
 
記念日やイベントを一緒に過ごせなかったり、連絡が取りづらかったり、不倫関係には障害はたくさんあります。
 
そんな虚しさを感じているからこそ、会える日は燃え上がり、どんな関係でも一緒にいたいとう気持ちが強くなってしまうのです。

不倫が虚しいと悟るとき

ではどんな時に不倫が虚しいと思ってしまうのでしょうか。不倫が虚しいと悟るを7つ瞬間をご紹介いたしましょう。

不倫が虚しいと悟った瞬間(1) 自分よりも配偶者を優先された

自分は不倫相手のことが一番だと思っていても、相手の男性から見れば2番目なのが不倫です。

休日や恋人同士のイベントの時、自分よりも配偶者との約束を優先された時、不倫女性は虚しいと感じることが多いようです。

自分が相手の男性に本気なだけに、一人の休日がたまらなく寂しく感じるようです。

不倫が虚しいと悟った瞬間(2) 相手の嘘に気づいたとき

「早く離婚して一緒になりたい」、「あなただけを愛している」など不倫する人は相手女性に対して、都合の良い嘘ばかりいうことがあります。

その嘘に騙されていたと気付いたときに、これまでの気持ちはなんだったのかと虚しく思えるでしょう。

不倫が虚しいと悟った瞬間(3) 友人から反対されたとき

不倫関係とはいえ、付き合いが始まったときは気持ちが盛り上がっているものです。

高ぶる気持ちを抑えきれず、つい友人に話してしまう女性も少なくないでしょう。

ですがそんなとき、友人から不倫に対して批判されると一気に虚しくなってしまいます。

この恋は周りから応援してもらえないと実感してしまうからです。

不倫が虚しいと悟った瞬間(4) 不倫相手が自分だけではなかったとき

不倫する男性は不倫している相手があなた一人だとは限らないでしょう。

不倫をしている男性のほとんどが遊びで不倫をしているので、他の人とも不倫をしている可能性は十分に考えられます。

自分だけを愛してくれていると思い込んでいた矢先に、他の人とも不倫をしていることがわかったら、悲しくなるのは当然です。

不倫が虚しいと悟った瞬間(5) 不倫相手の家族の話をされたとき

不倫男性に子どもがいる場合、あなたに子どもの話をしてくることもあるでしょう。

会う約束をしていたのに、子どもが熱を出して会えなくなったとか、妻の実家へ旅行に出掛けるなど、不倫相手の家族の話を聞くと、自分が踏み込めない世界が相手の男性にはあることを実感して虚しくなってしまいます。

不倫が虚しいと悟った瞬間(6) 不倫関係から抜け出せないと感じたとき

多くの女性は不倫がいけないことだとわかっています。

それでも寂しさから相手の男性と離れることができない、別れてしまったら生きる意味がなくなってしまうと、不倫男性に依存してしまっている女性もいます。

わかっていてもやめられない、そんな自分を虚しく感じているようです。

不倫が虚しいと悟った瞬間(7) 自分が単なる遊び相手だと気づいたとき

「妻とはもうすぐ離婚するから一緒になろう」不倫男性からそう言われている女性は多いようです。

ですが実は遊べる女性をキープしておきたいだけという男性もいます。

自分は本気だったのに、相手にその気が全くなかったことがわかってしまうと、一気に虚しくなってしまいます。

不倫が虚しいと思ったらすぐに辞めること!|失うのは彼だけではない?

不倫が虚しい、終わらせたいと思ったらもしかしたら不倫を解消するチャンスかもしれません。
 
これを機に不倫関係をすぐに解消してください。
 
そうでないと、失うものは彼だけではないかもしれません。

周囲からの信頼を失う

不倫を終わらせたいということは、彼と別れるということです。
 
彼を失うことが怖いと考えている女性も多いですが、本当に怖いのはそれ以外のもっと大切なものを失うことです。
 
不倫をしていたことが周囲にバレれば、あなたに対する信用や友人を失うことになりかねません。
 
失った信用を取り戻すのは非常に難しいものです。
 
長年の友人も、一度失えば関係を修復することは難しいでしょう。

不倫は慰謝料を請求される可能性がある

始めは軽い気持ちで関係を持ってしまった不倫かもしれませんが、不倫は違法行為です。
 
不倫相手の妻にバレてしまうと、妻から慰謝料を請求される可能性もあります。
 
慰謝料は離婚しなくても請求できるので、最悪の場合、あなたは彼も失い、高額な慰謝料も請求されてしまうのです。
 
過ちに気付いたらすぐに不倫相手と別れましょう。

慰謝料請求されたら弁護士に相談を

万が一、不倫相手の妻から慰謝料を請求されてしまったら、迷わず弁護士に相談してください。
 
慰謝料を回避することは難しいかもしれませんが、請求してきた慰謝料を減額交渉してくれたり、妻との間に入って話し合いをしてくれます。

 不倫についてお悩みの方はこちらの記事もおすすめ

不倫は虚しいと悟った瞬間7つ|不倫で失うものとは?のまとめ

不倫が虚しいと感じる瞬間についてご紹介してきましたが、あなたが虚しいと感じた瞬間が不倫関係を終わらせる時です。

不倫を終わらせたいと感じている人は今すぐに不倫関係を解消した方が良いです。
 
不倫は虚しさを生むだけでなく、たくさんの大切なものを失いかねません。
 
信用、友人、お金、全てを失ってからでは遅いのです。
 
既に妻にバレてしまって大切なものを失いかけている方は、なるべく早く弁護士に相談してください。
 
できることなら会いたくない相手の妻との間に入って話をスムーズに進めてくれはずです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部