離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜

離婚する夫婦の特徴わかりますか?夫婦の片方が、または一方的に夫婦関係について危機感を抱いている事ってありますね。私たち夫婦はこのままで良いのだろうか?と心配になっている人。相手からどうしても許せないような事をされていて悩んでいる人に参考にしていただきたい、離婚する夫婦の特徴と対策について解説します。

目次

離婚する夫婦の特徴12選!あなたは大丈夫ですか?

 
 

夫婦の離婚を何件も見てきた人は、どんなに問題がないように見える夫婦でもひと目でわかる「離婚しそうな兆候」があるようです。

今回はそんな離婚しやすい夫婦の特徴

  • コミュニケーション面
  • 性格面

に分けてみていきましょう。

さらにそんな離婚しやすい夫婦の特徴に当てはまってしまった人のために、離婚を回避するための対策もお教えします。ぜひ最後まで読んでみてください。

あなたの配偶者に当てはまる事はあるでしょうか?また、あなた自身に当てはまる事は無いですか?

胸に手を当てて考えながら見ていただければと思います。

離婚したいけど理由がない・・逆に一方的な離婚請求を回避したい・・・そんな悩みを抱えているのなら早めの離婚問題に強い専門家への相談が解決への近道となります。

離婚協議の交渉から、慰謝料や養育費を始めとする様々な取り決め、そして離婚調停や離婚裁判になった時にも、早いうちから相談しておけば安心です!

離婚する夫婦の特徴〜コミュニケーションの問題〜

13ff48529ce028d13b3359a40545de93_s
 

コミュニケーション不足の最たるものは、スタンドプレーばかりの二人です。

自分が良ければそれでいい、自分さえ……という考えで行動するので、息がまったく合いません。

離婚する夫婦の特徴(1) すべて事後報告

夫婦は二人三脚です。

同じ通帳のお金を使い、同じ家に住む家族です。

家族は小さな社会とも言われていますね。

社会に必要な「ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)」を忘れてはいけません。

行動が全て事後報告、または事実がバレて問い詰められないと言わないというのは、相手に対して不信感を抱かせてしまう原因となります。

相手から信用されなくなったら、離婚も近いと思った方が良いでしょう。

離婚する夫婦の特徴(2) 悪い事はすべて相手のせい

もし、あなたが勝手にした事を、相手に責められた時どんな行動に出るでしょう。

謝りますか?開き直りますか?

それとも相手のせいにして自分の正当性を主張するでしょうか。

本当に相手が悪くて仕方なくという事もあるかも知れませんが、それでも結果が悪かったならまず謝る事が出来ないと、話し合いにもなりません。

核心をつかれてイラッとする事もあるでしょうが、相手のせいにしてばかりでは正しいコミュニケーションとは言えないですね。

離婚する夫婦の特徴(3) モラルハラスメント

モラルハラスメントは精神的暴力です。

暴力なのだからふるった相手が悪いのではないかと思われる人も多いかも知れませんが、モラルハラスメントは行う側と、受ける側の両方に問題がある場合が多いのです。

モラルハラスメントの初期は、相手からの攻撃を暴力と見ていない場合が多いそうです。

受けた人は精神的にどんどん弱くなってしまって、それを見て相手は更に増長するという悪循環です。

気づいた時は、どうにもならず、離婚になってしまうパターンなのです。

離婚する夫婦の特徴(4) 相手の話を聞こうとしない

頭の回転が早く、1を聞いて10を知ると自慢している人もいます。

実際そういう人もいますが、そんな人の多くは「早とちり」「自分勝手」「マイペース」と思われている人である事もあるのです。

他人の話を聞かずに、自分の話ばかりをする、言いたい事も全部言わせてもらえない、そんな相手とは上手にコミュニケーションを取れるはずもありませんね。

離婚の話し合いも苦戦しそうですので、弁護士をたてて相手と話をしてもらった方が良いでしょう。

離婚する夫婦の特徴(5) 助け合おうと思わない

親兄弟、仲の良い友達、そんな人たちが困っていたら手を差し伸べるでしょう。

出来るだけ助けてあげたいと思いますよね。しかし、夫婦間でそれが出来ない人たちもいます。

困っていると相談しても「そっちの話なんだから自分で何とかしろ」などと冷たくあしらわれてしまったら、なんで一緒にいるんだろう?夫婦なのに……と寂しくなってしまいます。

大人なのだから自分の事は自分でするのは基本ですが、助け合わなければ出来ない事もあるのです。

離婚する夫婦の特徴(6) 口を開けばケンカになる

相手の事を思いやる気持ちや、遠慮など、余裕がある時は良いですが、夫婦関係が悪くなってくると口を開けばケンカという夫婦も少なくありません。

これは二人のコミュニケーションに問題があるのではなく、すでに夫婦関係が冷え切っている状態と言えますね。

どうしても相手にやさしくしてあげられない。イライラする気持ちだけで言葉を交わしてしまう。

そんな状態が続いて離婚になる人も少なくないのです。

離婚する夫婦の特徴〜妻か旦那どちらかの性格に明らかな原因があるケース〜

a056e76f8bf40d81bb046759acd5860a_s


二人のコミュニケーションが原因ではなく、明らかに片方の問題で離婚をする場合もあります。

第三者が話を聞いても、それは離婚の原因になるのではと思う理由を見ていきましょう。

離婚する夫婦の特徴(7) 浮気グセがひどい

配偶者のどちらか片方、または双方が、異性関係にルーズな場合が離婚理由の上位にあります。

配偶者に不倫されて平気でいるという人はいないでしょう。

むしろ、平気な夫婦はすでに結婚生活が破綻しているとも言えますね。

一般的な考えでも、法律的な観点でも、配偶者以外の性的交渉は離婚の原因となる重大な問題です。

相手に不倫をされた時の精神的ショックは大きく、慰謝料請求を出来るほどの過失を犯していると判断されるのです。

離婚する夫婦の特徴(8) 家にお金を入れてくれない

夫婦の財産は共有される物という考えをご存知でしょうか。

いくら自分が稼いだお金であっても、それは夫婦の財産と言う事になり勝手に使えないという考えがあります。

多くのご夫婦は、二人で話し合って収入の差に見合った額ずつ出し合うなどでやりくりしているでしょう。

このように夫婦は助け合って生活していく物ですが、自分の勝手でお金を家に入れなかったり、働こうとしない配偶者に対して離婚を請求する事も出来るのです。

離婚する夫婦の特徴(9) 必要以上に親と仲が良い

親と仲が良いのは悪い事ではありません。

しかし、配偶者が実の親にばかり加担して妻や夫をないがしろにするような行為は正常な結婚生活を送る事ができなくなる原因になります。

夫婦は二人で助け合い生活していく事が基本になります。

その基本の部分を配偶者でなく親と決めてしまうという事にもなるからです。

そんな事をされたら、自分の存在意義も価値もわからなくなり、離婚するしか無いと考えてしまっても仕方ないのではないでしょうか。

離婚する夫婦の特徴(10) 浪費癖がある

夫婦とはいえ、それぞれの趣味や嗜好にお金を使いたい事もあるでしょう。

収入に見合った支出なら良いですが、ギャンブルなどにはまって借金をしてしまう配偶者は、健康な結婚生活を築く義務を放棄したとして、離婚の請求をする事が出来ます。

浪費癖が怖いのは、借金を作った本人だけでなく配偶者の所にも取り立てが来て家族全員が辛い思いをしてしまう事です。

そのような事態を避けるため、離婚調停でも将来への不安材料を取り除くという点で重視される問題です。

離婚する夫婦の特徴(11) 異常性格

性格や精神に問題があり、回りの人に対して異常な行動を取ってしまう人がいます。

医者に診断を受けていれば「精神疾患」と言う事になり、本人が医者に行く事を拒否すれば「異常性格」と言う判断で離婚の理由となります。

程度にもよりますが、この場合の異常性格は、物理的・精神的に暴力をふるったり、配偶者の不利益になる事を周りの人に言い回ったりという行動をして配偶者を傷つける行為を差します。

離婚する夫婦の特徴(12) 家に帰って来ない

二人で話し合って別居をする事もありますし、ある日突然帰って来なくなる事もあるでしょう。

どちらにせよ、配偶者が長い期間家に帰って来なくなる事は、それだけでも離婚の理由になります。

帰って来なくなった人が「離婚したくない」と主張しても、数年を経過すると結婚生活を送る意志がないと見なされて離婚が成立する場合もあるのです。

詳しくは別居は離婚の理由になる?〜離婚理由としての別居と別居をする際の注意点について〜を参考にしてください。

離婚する夫婦の特徴に当てはまったら?離婚を回避するための対策を知ろう

 

ここまで読んでみて、もし離婚する夫婦の特徴に当てはまっていたら・・離婚を避けるために対策を講じましょう。やり方次第ではもう一度円満な夫婦に戻ることも十分可能なのです。

離婚する夫婦の特徴に当てはまったら(1) 程よいコミュニケーション

離婚する夫婦の特徴に当てはまったら、まずは夫婦のコミュニケーションについて見直してみましょう。

コミュニケーションというものはどちらかが実践しようと思えば意外とうまくいくものなのです。

最初は多少ぎこちなくても構いませんから、日頃忘れていたなんてことない挨拶食事時の会話、そして何よりきちんと会話を二人で行うように努力しましょう。最初の方にも書きましたが、話しているつもりなのは自分だけで相手は全然話を聞いていなかった、なんてことにならないように。

でも・・・しばらくそっけない会話しかしていなかった夫婦がいきなりコミュニケーションをとりあう、ということは意外とハードルが高いことですよね。

そんな人のためにちょっとしたコツを教えます。

それはとにかく相手のことに興味を持つということです。例えば、相手の髪型や服装の些細な変化について話したり、熱中している趣味があるのであれば、「自分もやってみようかな」と同じ趣味を共有したり。

相手も自分のことに興味がある、ということは嬉しいものですし、それがきっかけで新たな一面を知ることができるでしょう。

もう一つのコツが程よい距離感を大切にするということです。

あまりに近過ぎる関係を望んでしまうとうまく行かないかもしれません。

もちろん付き合いたてのカップルや新婚さんはそうあるべきなのでしょうが、ある程度の時間を共に過ごした夫婦には程よい関係がちょうどよく、疲れないで済むのです。

でもそこは人間と人間の夫婦、必要な距離感も十人十色ですので、コミュニケーションを取りながら、ちょうど良い距離感を見つけましょう。

はじめは無理してでもコミュニケーションの最初の一歩を踏み出せば、あとはすんなりと仲良くなれるかもしれませんよ!

離婚する夫婦の特徴に当てはまったら(2) 束縛しすぎない|浮気を疑い過ぎるのも×

配偶者の浮気は許せませんよね。それは当然のことです。

しかしあまりに疑いすぎてはいませんか?夫婦はお互いの信頼関係で成り立っていると言っても過言ではないでしょう。ですからパートナーをまずは信頼してください。

そして、お互いに自由な意思と時間を持ちましょう。程よい距離感にも通じますが、お互い、一人一人の時間を大切にすることができれば良い夫婦に戻れる可能性は高まります。

でもどうしても浮気が怪しい・・気になって無理・・という人は、一度きちんと調査を行ってシロクロはっきりさせることをオススメします。

もし何もなかった場合には相手の信頼度も上がりますし、本当に浮気をしていた場合その後の対応に踏み切るきっかけになります。

しかし、自分で調査を行うと高確率で相手に浮気を疑っていることがバレてしまいます。浮気調査が一度バレると関係性はさらに悪化することでしょう・・・さらに警戒心も生まれその後の調査がどうあがいても困難になってします。

ですから、その後の関係について真剣に考えたい場合は浮気調査は探偵事務所に依頼することをお勧めします。

探偵事務所は浮気調査のプロですので安心して任せることができます。もしシロだった場合はなんのこともなく、夫婦生活が続けられますよね。

少しでも思い当たる節があるようなら、お気軽に一度悩みを相談してみてはいかがでしょうか?

自分にぴったりの探偵を探す

離婚する夫婦の特徴に当てはまったら(3) 子供のことを考えてみて 

最後に、離婚しそうだと感じているのであれば子供のことも考えてあげてください。

子供はあなたが思っている以上に親のことを見ています。毎日のように勃発する夫婦喧嘩を見ていれば、子供だってとても悲しい思いをし心の成長にも悪影響を与えます。

たとえ子供の愛を「離婚後の親権」という形で示そうとしても、それは子供にとって見たら単なるエゴにしかならないかもしれません。

子供にとってはお母さんとお父さんが仲良く、一緒に暮らしていく未来を望んでいるに決まっているのです。

子供のためにもぜひ夫婦仲の改善を、お互いに努力してみてはいかがでしょうか。むしろ子供だけのため、でもいいのです。それが必ずパートナーとの信頼関係につながっていくはずですから。

離婚する夫婦の特徴を知りたい方はこちらも合わせて読んでみてください

離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜のまとめ

 

離婚する夫婦の特徴に当てはまってはいませんでしたか?


やはり夫婦と言えども二人の人間ですから、いくら対策を講じてもどうしても冷めてしまった気持ちは戻らないと言う事もあるでしょう。

そんなとき男女問題に強い弁護士に相談し、第三者を立てて話をすれば、離婚という危機を回避できる事もあります。

例えもし離婚という事になってしまったとしても、お互い恨みあったままで終わるという最悪な状況ではなく、親権や慰謝料・養育費や財産分与といったやるべき取り決めをしっかり行ってから離婚すれば心もスッキリしますし、何より離婚後のトラブルを防ぐことができます。

大切なことだからこそ慎重に、そして正しい判断を行いましょう。

男女問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部