離婚で後悔する女性の特徴5つ|離婚で後悔しないためには?

離婚して後悔するのはどんな女性なのでしょうか?世の中の夫婦は様々な理由で離婚しますが、離婚して初めて失ったものの大きさに気づき後悔するパターンが多いです。離婚して後悔する女性の心理は非常に複雑で、一言では片付けられないでしょう。その時は相手と一刻も早く離れたかったのかもしれませんが、離婚してみるとその選択が間違っていたことに気づくのではないでしょうか。

目次

離婚で後悔する女性は多いの?

相手に問題があって離婚したとはいえ、その後になって後悔する女性は後を絶ちません。
 
生活環境はガラリと変わってしまいますし、自分も働かなければならなくなったなど、状況が一変することで旦那と離婚しなければよかったと思うのかもしれません。
 
離婚するときは冷静な判断が必要になります。

離婚で後悔する女性の心理

離婚した後に後悔する女性は多いですが、その心理はとても複雑です。
 
どのような心理があるのでしょうか。

離婚で後悔する女性の心理(1) 生活水準を下げたくなかった

夫の方が収入が多かった場合、離婚すると今までの生活水準より生活レベルが下がってしまう可能性が高いです。

離婚したことで生活水準が下がり、金銭面で問題ばかりが起こるとあのとき離婚しなければよかったと後悔するのでしょう。

離婚について金銭面の心配がある方はこちらの記事をお読みください!

離婚で後悔する女性の特徴(2) 離婚してみたら思ったより寂しかった

あれだけ一緒にいて煩わしいとまで思っていたのに、いざ離婚してみるとパートナーがいかに大事な存在だったかどうかが身に染みて分かるようです。
 
離婚して一人暮らしを続けていると、人肌が恋しくなって寂しくなってしまうのが女性の心理かもしれません。

離婚で後悔する女性の特徴(3) 周囲への説明が大変だった

離婚して後悔するのは、親族や友人、親戚、付き合いのある近所の人などに離婚したと説明する必要性があることです。
 
離婚したことで余計な詮索をされることもありますし、あることないことをいわれてしまい、離婚しなければよかったと後悔するのでしょう。

離婚で後悔する女性の特徴(4) 子供と過ごす時間が減ってしまった

子供のことで後悔することも多く、親権が得られなければ面会交流時しか子供に会えません

親権を得られたとしても離婚後に仕事の時間を増やしたなどの理由で子供と過ごす時間が減ってしまい、かえって離婚しなければこんなことにならなかったと後悔する女性が多いようです。

離婚で後悔する女性の特徴(5) 不倫相手とうまくいかなかった

自分が不倫をしていたことで離婚する羽目になったケースもありますが、必ずしも不倫相手と上手くいくとは限りません
 
不倫相手と上手くいかず、結局は独り身になってしまい、あのとき不倫しなければ離婚しなかったのに…と後悔する女性もいます。
 
↓不倫相手との関係については、以下の記事も参考にしてみてください!
 

女性が離婚で後悔しないためにできること

何か問題があったからといってすぐに離婚するのは早計だといえます。
 
もしも離婚することになったら、事を急ぎすぎずに準備する必要性があるでしょう。

女性が離婚で後悔しないために(1) 離婚するメリット・デメリットをよく考える 

離婚には様々なメリットがある分、デメリットも多くあるので後悔しないためにもどんなデメリットがあるのかをよく考えましょう。
 
離婚のメリットばかりを見ていてデメリットがあることに気づかないまま離婚してしまうと、後悔してしまうかもしれません。

女性が離婚で後悔しないために(2) 親権・養育費・面会交流について入念に協議する

子供がいる中で離婚する場合は、どちらが親権を取るか、養育費をいくら支払うのか、面会交流などについて十分すぎるほどに話し合いましょう
 
後々の子供の成長に非常に大きく関わってくるので、後悔しないためにもしっかりと話し合う義務があります。

女性が離婚で後悔しないために(3) 離婚後の生活設計を立てておく

もし離婚することになれば多くが一人で暮らすことになるので、離婚後の生活設計が非常に重要になります
 
就職・転職などの収入を確保する手段はもちろん、手当の受給申請などを行うことで離婚後の生活の負担を少しでも軽くすることができるでしょう。

女性が離婚で後悔しないために(4) 財産分与や養育費などの取り決めはきちんとしておく

女性が離婚して後悔してしまわないためには、養育費や財産分与の細かい取り決めが重要になってきます。
 
養育費などをきちんと取り決めないと後々揉めたり生活苦の原因にもなるので、確実に取り決めて公正証書に残しておきましょう
 

女性が離婚で後悔しないために(5) 弁護士に相談する

女性一人で離婚の準備をするのは複雑で大変なので、弁護士に相談して準備を進めましょう。
 
弁護士への相談は離婚を考えたときから相談するなど、できる限り早めにした方が良いです
調停での不意の発言で相手に揚げ足を取られ、大きく結果が変わってしまう…なんてこともあるからです。
 
また、弁護士に相談することで慰謝料や財産分与の額も変わってきます。

離婚で後悔する女性の理由とは?女性が離婚で後悔しないためにのまとめ

離婚してから、ああすれば良かったと後悔する女性は少なくありません。
 
離婚後の生活や子供の親権、養育費などで後悔することが多いので、後悔しないためにもしっかりと話し合いましょう。
 
また、少しでも多く慰謝料や財産分与、養育費をもらい離婚後の生活を楽にするために、弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部