リストラ離婚をするべきか悩んだら|夫がリストラされただけで離婚はできる?

夫がリストラされたらあなたは離婚しますか?景気回復と言われている昨今ですが、企業によっては未だに従業員をリストラせざるを得ない会社があります。自分の夫がリストラ対象になってしまったら、貴女はどうしますか?貴女と夫には、守らなければならない家族(両親や子供)がいる場合、貴女はリストラの夫を支えて生活を改善しますか?それとも、リストラ離婚をしますか?ここでは、最近密かに増えている「リストラ離婚」について考えていきたいと思います。

目次

リストラ離婚とは?なぜ起こる?

リストラ離婚とは、リストラが原因で離婚することをいいます。
 
どうして夫がリストラされると離婚の件数が増えるのでしょうか?
 
直接的な理由は、一家の大黒柱としての夫の収入がなくなり、生活が一転してしまうからです。
 
妻が正社員として働いているならまだしも、専業主婦で家庭に入ってたとしたら、一気に生活が苦しくなってしまいます。

リストラだけで離婚はできる?

次に、考えてみたいのは、夫のリストラだけで離婚事由として認められるのでしょうか?

一度は一生を添い遂げると誓った夫です。夫のリストラだけで離婚事由として成立するのか、みていきましょう。

夫に再就職する意思があるのかどうか、行動しているのかどうかが重要

夫がリストラされただけでは、正当な離婚事由には当たりません。

ただし、離婚事由が必要なのは、裁判となった場合で、夫婦間で離婚が合意できているのであれば、離婚理由は必要ありません。

そもそも、夫婦には協力義務があります。夫だけが生活費を稼ぐというのではなく、妻にも家族のために努力するという義務があります。

しかし、夫が全く働く気がない、家にいない、家にいても家事、育児を全くやらないとなると、悪意の遺棄に相当する恐れがあり、夫のリストラが離婚事由に当たるかもしれません。

リストラされた、収入が減っただけでは離婚は認められにくい。

夫のリストラで離婚できるかは、離婚事由があるかどうかが肝心なところとなります。
 
770条1項各号に当たるかどうかによって判断されます
 
現状、夫がリストラされ、収入が減ったというだけでは、離婚事由は認められてはいません。
 
夫が就職先を一生懸命探しているのであれば、夫のリストラで離婚事由としては認められないでしょう。

リストラ離婚に陥ってしまう理由とは?

では、なぜ、夫のリストラで離婚にいたってしまうのでしょうか?
 
夫のリストラで離婚に至る3パターンで考えてみたいと思います。

リストラ離婚になってしまう理由(1) 収入が減ったことに対する不満、不安

夫のリストラで離婚に発展する多くの理由は、夫が働けなくなり、無収入になってしまったことでの生活の不満・不安からです。
 
今までは一家の大黒柱として働き、夫の収入で生活していた家庭においては、明日、食べることさえできないという不安感に駆られてしまいます。
 
そのようなことから、夫のリストラを契機に離婚を考える人が多いようです。

リストラ離婚になってしまう理由(2) 情けない夫に腹がたつ

働けなくなり、毎日を家の中で過ごし、家事も育児の手伝いもせずに、テレビを見続けたり、自分の部屋に籠って携帯のゲームに没頭し続ける夫もいるかもしれません。

そんな夫をみたら、真面目に仕事や家事をしている貴女からみると、夫が情けなくり腹がたってきます

そんな理由から、夫のリストラを契機に離婚したくなってしまう人が多いようです。

リストラ離婚になってしまう理由(3) 再就職する気のない夫にもうついていけない

次の就職先を一生懸命探し、とりあえずの繋ぎとして、アルバイトでもして少しの金額でも稼いできてくれるのであれば問題はありません。
 
しかし、就職先を探すでもなく、毎日フラフラしている夫に、もうついていけないとなり、夫のリストラで離婚を考えることがあるかもしれません。

リストラ離婚はできるだけ避けたい|うまく乗り切る方法とは?

一度は、一生を添い遂げることを誓った相手です。
 
できるなら、夫とリストラ離婚を避けたいと思いませんか?
 
夫のリストラを契機に離婚をしないために、うまくやり直す方法を考えていきましょう。

リストラ離婚を乗り切る方法(1) 離婚が最適な方法かを考える

もしも、貴女と夫との間にお子さんがいたとしたら、夫のリストラで離婚してしまうことが最善の方法ではないかもしれません。
 
お子さんの精神的な部分のフォローも必要ですし、何より、貴女が家事と仕事と子育てを1人でこなさなけばいけないとなると、貴女自身が崩壊してしまう可能性もあります。

リストラ離婚を乗り切る方法(2) 夫のフォローに努める

夫自身も、長年努めてきた会社をリストラされるということは、それなりにプライドが傷ついている可能性があります。
 
中高年で無職になるのは本人にとってもショックが大きいと思いますので、夫に対する貴女のフォローが必要になってくるのです。
 
今まで、一家の大黒柱として、貴女やお子さんが何不自由なく生活できたのは夫のおかげでもあるのです。
 
献身的に夫をフォローしてあげましょう

リストラ離婚を乗り切る方法(3) 妻が働いて稼ぐ

夫婦は助け合うことができる存在です。
 
夫だけが働くべきという考え方は捨て、奥様である貴女も、夫以上に仕事をし、稼いできても良いのです。
 
場合によっては、子供を夫や親に預けて、夜や土日など時間の空いているときにアルバイトをしたり、在宅でできる副業を見つけるなどして、収入を増やし、少しでも生活が楽になるように、助け合うことも必要なのかもしれません。

この夫と居たら自分も沈んでしまう…という方は離婚を考える

このまま、夫が職を見つけることができず、ずっと家にいたとしたらと考えて将来が不安になり、子供のために離婚したほうがいいかもと思うのも無理がないかもしれません。

気持ちが沈んでしまい、誰に相談をすればいいのかもわからずに、さらに不安になってしまうことがあると思います。

もし、離婚しか手がないと思われるのであれば、一度、弁護士に相談してみるのをお勧めします。
 
きっと適切な対応を一緒に考えるあなたの心強いパートナーになっていただけると思います。

リストラ離婚をするべきか悩んだら|夫がリストラされただけで離婚はできる?のまとめ 

上記のように旦那のリストラだけでは離婚成立にはならないのが現状です。

夫婦は助け合って生きていくもので、旦那がリストラで働けないからすぐに離婚ではなく、手を取り合って解決策を探してみてはいかがでしょうか。

離婚は、紙切れ一つで成立してしまいますが、それにより、大切な家族がバラバラになってしまうのです。お子さんやご両親のこともありますし、旦那がリストラされたのであれば、すぐ離婚を考えるのではなく、専門家に話を聞いてもらうだけでもいいのかもしれません。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部