旦那が転職に失敗…離婚できる?アラフォー旦那の転職失敗で離婚を考えたら

旦那が転職に失敗。しかもアラフォー。つらいですね。我慢して旦那を支えますか?それもひとつの生き方ですが、ここを見ているということは離婚希望でしょうか。しかし、そもそも夫の転職失敗で離婚はできるのでしょうか。できるならどうすればできるのでしょうか。その具体的な条件ややり方をお教えいたします。

目次

旦那が転職に失敗...もう離婚したい!

女性にとって旦那の経済的価値は結婚の重要な要素です。

そのために「職」は大事です。

でも、旦那が転職しては見たものの、収入ががくんと減ってしまったとか、アラフォーなのに無職になってしまったとか、エリートだったはずが転職で貧乏サラリーマンに転落なんてことではたまりません。

夫の転職で離婚ってできる?

旦那が転職に失敗したからって離婚できる?

とにかく、夫の転職が失敗したという理由で離婚できるんでしょうか?

一生、ダメサラリーマンの奥さんでいないといけないの?

旦那の転職失敗で離婚したい|協議離婚の場合

協議離婚の場合には、両者が合意すれば可能です
 

まず、離婚のパターン別に考えてみましょう。離婚の代表といえば、協議離婚、つまり、話合いで離婚するパターンです。

理由や動機はなんでも構いません。

もちろん、旦那の合意がないとダメですが、合意さえしてくれば、夫の転職失敗が理由で離婚することができます

妻から言いだしても財産分与の請求なども可能です。

旦那の転職失敗で離婚したい|調停離婚の場合

協議離婚で話がまとまらない場合は離婚調停の申立てができます。
 
これは、調停委員が間に入り、家庭裁判所で話し合いをするものです。

ただし、相手の同意がない限り離婚できないことは、協議離婚と同様です。 

旦那の転職失敗で離婚したい|裁判離婚の場合

調停不成立だと裁判を起こして離婚を求めることになります。

ただ、これはかなり大変です。

ぜなら、民法では離婚理由が決められていて、それ以外の理由では離婚が認められないからです

そして、夫の転職失敗だけでは離婚の理由にならないことに注意が必要です

特に旦那が熱心に(再)転職活動していた場合は、就職のチャンスはあることになるからです。

その他の理由、例えば、旦那が不倫しているとかDVがあるとかを主張しなければならないケースが多いでしょう。

民法第770条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

旦那の転職失敗で離婚したいときに考えるべきこと

離婚を目指すにしてもあきらめるにしても、一度考えるべきことがあります。

旦那のアラフォー転職は本当に失敗だったのかということです。

旦那の転職失敗で離婚したいとき考えるべきこと(1) 本当に転職失敗なのか

職業はお金がすべてではありません

調停委員も裁判官もこの点は同じ考えです。

「旦那の転職で給与が減った、失敗じゃないか、アラフォーだし、もう離婚だ」という論理には厳しいです。

ラック企業から転職して精神的・肉体的に旦那が楽になったとか、生きがいをもって仕事をしているのであれば世間は失敗とは認めないでしょう。

れに、給料や地位だけにこだわっていると、妻側には望ましくない心証を持たれる可能性もあります

旦那の転職失敗で離婚したいとき考えるべきこと(2) 転職失敗は本人が一番つらい

もう一つは本人、つまり、旦那の気持ちです
 
旦那が本当に転職に失敗したのであれば、しかもアラフォーなら、本人が一番つらいはずです。
 
 
また、そんな中、夫の転職で失敗だ離婚だと言い募るのは悪印象でしょう
 
他方で、本人の気持ちを考える良い奥さんだと思われることに損はありません。

旦那の転職失敗で離婚したいとき考えるべきこと(3) 今後転職に成功する可能性もある

また、一度の失敗では何事も決まりません。
 
ひょっとしたら、転職先で評価されて給与や地位が上がるかもしれません。
 
また、再転職で一発逆転もあるかもしれません。
 
夫の転職は失敗だ離婚だと責め立てる前に、旦那と協力して盛り返すことも楽しいかも
 
苦難の底から這い上がるのもドラマチックで楽しいかも。そういう余裕で一度見直してみましょう。

旦那の転職失敗で離婚を決意したなら

ともかく、旦那にはもう嫌気がさした、どうしても別れたいという場合の手順を再確認しておきます。
 
まず、協議離婚を目指します。

旦那の転職失敗で離婚を決意したなら(1) 調停を申し立てる

夫婦間の話し合いで話がまとまらないときは離婚調停を申し立てます
 
家庭裁判所に行くことになりますが、出てくるのは調停委員です。
 
離婚調停の場合、調停委員は男女1名ずつ2名です。
  
調停委員にいい印象を持たれることで、自分の思い通りの結果が得やすくなります。

旦那の転職失敗で離婚を決意したなら(2) 弁護士に相談する

旦那が合意しない限りは協議離婚も調停離婚も成立せず、最終的には裁判になります。
  
最終的にどう転ぶとしても、早い段階で法律の専門家である弁護士に相談して対策を立てておくのがおすすめです
 
弁護士に相談しておけば、裁判はもちろん協議や調停の間もベストな対応ができます

離婚などについてお悩みの際には以下の記事もおすすめです

旦那が転職に失敗で離婚できる?のまとめ

いかがでしたでしょうか?
 
旦那が転職に失敗した場合に離婚ができるかどうかを見ていきました。
 
現状では、転職に失敗したというだけで、離婚することは難しくなっていいます。
 
協議離婚、調停離婚でもなく、裁判離婚の場合は、民法770条1項各号の離婚事由に当たるかどうかで、離婚できるかが決まることとなります
 
裁判離婚までいってしまうと、専門家による相談なしには、上記離婚事由の判断などは難しくなってしまいます。
 
まずは、夫婦間でよく話し合うことが重要ですが、もし、もう離婚しかないとなったら専門家である弁護士に相談してみてはいかがでしょうか
 
きっとあなたの心強いパートナーになってくれること間違いなしです。
 

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部