子供が成人するまで離婚しない方が良い?熟年離婚のメリット・デメリット

子供が成人してから離婚する方が良いのでしょうか?熟年離婚のメリットとデメリットを紹介します。

目次

子供が成人するまで離婚すべきでないって本当?

子供のため子供が成人するまで離婚しないというのはよく聞く話ですが、本当にそれがベストな離婚時期なのでしょうか?
 
 なぜ子供のためにと主張し、子供が成人するまで離婚しない方が良いと考えられるのでしょうか?

子供が成人するまで離婚しないメリットとは?

子供のために子供が成人するまで離婚しないメリットとは一体何なのでしょうか?

子供が成人するまで離婚しないメリット(1) 養育費の問題が少ない

子供のために子供が成人する前に離婚する場合、多額の学費を分担して支払う必要があります。

養育費の取り決めでもめる・養育費の支払いが滞ってもめるといった事態になる可能性が低いでしょう。

子供が成人するまで離婚しないメリット(2) 子供に対する影響が少ない

20歳やそれ以降の年齢になると自分でお金を稼ぐことも可能になり、金銭的に自立することができます。

またある程度の経験も積んでいると思うので、精神的にも自立し始める時期です。

両親の熟年離婚について子供もすんなり受け入れることができるかもしれません。

よって親が熟年離婚しても、成人した子供の負担は比較的小さいといえるでしょう。

子供が成人するまで離婚しないメリット(3) 子供たちも協力してくれるかも

離婚問題を理解できる成人した子供は、夫婦の間で連絡役などに協力してくれる可能性が高くなりそうです。
 
また、離婚について、成人した子供たちなりの的確なアドバイスもくれたり、客観的意見をもらえそうです。

子供が成人するまで離婚しないデメリットとは?

子供のために子供が成人するまで離婚しないデメリットはあるのでしょうか?

子供が成人するまで離婚しないデメリット(1) 中高年での離婚となる

子供のため子供が成人するまで離婚しないこととなると両親共々年老いてからなので、中高年での離婚となります。

中高年になると体力が落ち、仕事があと数年くらいしか働くことができなくなってしまっている可能性があります。

身体的にも経済的にも一人で生きていくことや、再婚の道を探ることが難しくなってくる場合があります。

子供が成人するまで離婚しないデメリット(2) 数年もしくは数十年我慢しないといけない

もしも子供が小さい場合、子供のため子供が成人するまで離婚しないとなると何年も離婚することができず我慢しないといけません。
 
相手を愛することができなくなっているのにもかかわらず、何年間も一緒に過ごさなければいけないということは相当なストレスを抱えて混んでしまう原因にもなりかねません。

子供が成人するまで離婚しないデメリット(3) 子供への影響が少ないとは一概にはいえない 

子供のためにと思い、子供が成人するまで離婚しないとして我慢しても、中には両親の離婚が辛い人もいることでしょう。
 
また子供が結婚する際にその結婚相手に対して、両親が離婚してしまった家庭はよく映らないかもしれません。
 
よって両親の熟年離婚は子供への影響が少ないとは一概にいうことはできないのです。

子供が成人してからの離婚にするかどうか判断するには

子供のため子供が成人してからの離婚にするかどうか判断するには、どうしたら良いのでしょうか?

熟年離婚のリスクも考慮する

熟年離婚はメリットだけではありません。
 
リスクも考慮して慎重に判断する必要があります。
 

夫との考えが一致しているかどうかがポイント

熟年離婚について、夫の意見が「子供が成人したら離婚する」とあなたの意見に一致しているのであれば、熟年離婚が良いかもしれません。
 
逆に一致しておらず、どちらか片方だけが子供のために子供の成人まで離婚しないで我慢するのは厳しように思われます。
 
よって夫との考えが一致しているかどうかがポイントになります。

離婚以外の方法もある?

離婚をせずに、離婚以外の方法も考えてみましょう。
 
家庭内別居、別居、離婚カウンセリング、夫婦関係調整調停など色々な手段があります。

離婚について考えたなら弁護士に相談を!

弁護士に相談して離婚ができるかどうか、財産分与がどのような割合になるのか、慰謝料は発生するのかどうかなどを聞くことが必要です。

子供が成人するまで離婚しない方がよいか悩んでいる人はこちらもおすすめ

子供が成人するまで離婚しない方が良い?熟年離婚のメリット・デメリットのまとめ

子供のために子供が成人するまで離婚しないというのには良い面もありますが、同時に悪い面も見ることができました。
 
それらを含め、離婚について、家族全員で成人した子供とも一緒に話し合う必要があります。
 
全員が決断について納得し不満がないように、たくさん話し合いましょう。
 
もし何かトラブルが生じてしまいそうな場合には、迷わず弁護士に相談してみてくださいね。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部