結婚は忍耐?結婚は我慢と忍耐が必要だと言われる3つの理由と対処法

結婚は忍耐とよくいわれます。その証拠に「離婚したい」「何で私ばかり耐えなきゃいけないの?」「こんな我慢はいつまで続くの?」結婚生活をしていたらこんな気持ちになる事は多々あります。そんな「忍耐」が必要な結婚生活を送るあなたに、離婚、別居、考え直すなど今後の決断するためのヒントをご紹介します。

目次

結婚って忍耐なの?|こんな生活は疲れた

恋愛、お見合いして結婚してみたはいいけど「こんなはずじゃなかった」と思うことは多々あります。

意見の相違、価値観の違い、子育ての方向性の違い、義理の両親の問題…。

結婚前にお互いの会話にあった理想の生活とはどうも条件が変わっていたり、結婚後に条件が覆されていることも。

結婚は忍耐なのでしょうか?

結婚が忍耐だといわれる理由

気遣いの忍耐ならば美しいが、だいたいはお互いの主張が勝手な言い分になってくるからです。

結婚は忍耐だといわれる理由(1) 義父母との関係

結婚してしまえば「家族」なんだからと思っても、嫁からすれば嫁ぎ先をアウェーに感じることがあります。

言いたいことも抑えなければならないこともあるし、夫の親ですから立てなければならないこともあるでしょう。

結婚は忍耐だといわれる理由(2) 家事などの仕事が増えることがあるから

結婚前は「僕もがんばる」と言いながら、結婚後は何もしない夫に豹変することもあります。

また、子供ができたら子育てという仕事が増えることになります

結婚は忍耐だといわれる理由(3) 自分の時間・お金が減る

結婚すれば自分の時間は当然減ります。

独身のときのようには時間もお金も自由にはなりません。

「結婚後は自分の時間とお金の一部は自分のものではなくなる」と考えておくとよいでしょう。

結婚=忍耐にしないために

「結婚」には忍耐が必要だとしても、デメリットばかりではありません。

家族を作り、人として成長できるのが「結婚」のメリットです。

結婚=忍耐にしないために(1) 結婚前の気持ちを思い出す

結婚前に結婚を決めたときのことを思い出してみましょう。

どうしてこの人と結婚してもイイ!と感じたのか。

家族になるのにこの夫でなければならなかった決め手があったはずです。

結婚=忍耐にしないために(2) 多くを求めすぎない

結婚当初と比べて、夫に多くを求めすぎるようになっていませんか?

夢のような結婚生活ではなくても、家族が仲良く、夫婦が円満ならば理想の結婚生活なはずです。

結婚=忍耐にしないために(3) 離婚という選択肢もあります。

「もう耐えられない」努力の甲斐なくここまで追いつめられたのなら、自分が壊れてしまう前に離婚するのもありです。

自分なりに夫や義父母に歩み寄ってはみたけど、それでもダメならお別れするのが自分自身を守れる最後の砦です。

結婚後に忍耐の限界を迎えてしまった場合の対処法

離婚したいと考えたときには、まずは誰かに状況を話してみましょう。

結婚後に忍耐の限界を迎えてしまった場合の対処法(1) 親に相談する

人生の先輩として実の親に相談してみるのも良い方法です。

必ずあなたの味方になってくれるはずです。

自分のことを一番理解していてくれ、損得なしに協力してくれる人はやはり親なのではないでしょうか。

結婚生活を数十年続けている両親のアドバイスは聞いておいた方が良いでしょう。

結婚後に忍耐の限界を迎えてしまった場合の対処法(2) 夫婦カウンセラーに相談する

夫婦カウンセラーは夫婦生活の専門家ですので冷静な判断をしてくれるはずです。

辛い心理状況を第三者の観点とプロの知識持って話を聞いてくれます。

離婚する・しないの心境もカウンセリング次第ではあなたの心に変化が出るかもしれません。

結婚後に忍耐の限界を迎えてしまった場合の対処法(3) 弁護士に相談する

離婚には財産分与、子供がいたら親権など、争点になるものが多くあります。

弁護士でしたら、離婚をしたい理由次第では慰謝料、お子様がいれば親権問題、養育費問題などについてあなたの不利にならない離婚の方法を教えてくれます

カケコムなら簡単な質問に答えるだけで、無料で弁護士に相談することができます。

男女問題に強い弁護士に無料相談する

結婚は忍耐?結婚は我慢と忍耐が必要だと言われる3つの理由と対処法のまとめ

「釣った魚に餌はやらない」という言葉があるほど、結婚前と結婚後の状況が違ってくる話は耳にします。

しかし「お互いに忍耐」として労わり合っていれば苦痛は感じませんが、一方通行の「忍耐」になると苦痛なのです。

普段からの夫婦のコミュニケーションが大切であり、大事な話から逃げずに1つ1つ夫婦で解決していくことが結婚生活です。

しかし精神的な苦痛を負いながら過ごしていくのが美徳だとは思えません。

離婚する方法もありますし、思考を変えるという方法もあります

離婚をしたらどうなるのか、改善できそうかなど色々調べてから決定していくことが重要です。

弁護士に無料相談する

この記事の作成者

カケコム編集部