浮気写真を撮る方法は?|浮気写真は重要な浮気の証拠です!

旦那の浮気の証拠として不倫現場写真はとても有効です。旦那の不倫現場の証拠写真を撮影するにはどうしたら良いのか、その方法をご紹介しましょう。旦那の浮気や不倫の証拠写真を撮影するために、逆に自分が訴えられないよう気をつけることはこれから不倫現場写真を撮影しようとする人の役に立つでしょう。

目次

浮気の写真は証拠になる?

まず、浮気や不倫現場写真は証拠として使えるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。

旦那が女性と一緒に写っているだけの写真では、法的な証拠にはなりにくいですが、その場所や回数、同じ女性との同伴写真であるなど浮気や不倫の証拠となる可能性は十分あります。

最近は携帯電話やスマホなどのカメラの性能もあがっていますので、誰でも簡単に写真を撮影できるでしょう。

旦那の浮気に悩んでいるなら、まずは浮気や不倫現場写真を撮影して証拠集めからはじめてみましょう。 

写真は浮気の証拠になる?

浮気や不倫現場写真としてどのようなものが証拠として使えるのでしょうか。
 
浮気や不倫の証拠となる写真について見ていきましょう。

写真は浮気の証拠として認められる

旦那の浮気や不倫の写真があれば、証拠となり、まず二人での話し合いのときも旦那に見せて言い逃れされるのを防ぐことができます。

それだけでなく、不倫の写真は離婚裁判の際にも、有効な証拠となってくれる場合があります。

正直に話しそうにない旦那の場合は特に、浮気・不倫の証拠写真は持っておきたいものといえますね。

どういった写真が浮気の証拠になるの?

それでは、具体的にはどのような写真が浮気や不倫の証拠となるのでしょうか。

  • ラブホテルに旦那と不倫相手の女性が入っていく写真
  • 特定のマンションに旦那が何度も同じ女性と入っていく写真

このような写真は旦那の浮気や不倫の証拠となる可能性が非常に高いでしょう。

浮気や不倫の証拠となる写真は、場所と回数、同じ相手と関係があるというのが重要になってきます。

写真以外にも浮気の証拠を持っておくべき?

写真は離婚裁判などで旦那の浮気や不倫の証拠として認められます。

しかし、不倫の証拠が写真だけの場合は、旦那が浮気・不倫(不貞行為)をしたと認められるのか、証拠となるかというと難しいこともあります。

より確実に旦那の浮気や不倫の証拠固めをしたいのであれば、不倫現場の証拠写真以外にも旦那が浮気や不倫をしていたとわかる証拠を持っておいた方が良いでしょう。

浮気写真の撮り方とは?

では、実際に旦那の浮気・不倫現場の証拠写真を撮影する方法をご紹介します。
 
ここでは3つ浮気や不倫の証拠写真の撮り方をご紹介しますが、一番確実で安全なのはプロに不倫現場の証拠写真の撮影をお願いする方法です。

浮気写真の取り方(1) 尾行する

まずは、旦那本人を尾行して不倫の現場を写真に撮影する方法があります。

旦那の不倫や浮気現場がどこであるのかわからない場合には、この方法が有効でしょう。

しかし、適法に尾行するなら公道上でのみしか行なえません。

尾行して不倫の証拠写真を撮影しようとするのなら、ストーカー規制法、軽犯罪法、刑法(住居侵入罪)等に違反しないように気をつける必要があります。

浮気写真の撮り方(2) 定点カメラを仕掛けておく

旦那の不倫の現場が特定できる場合は、自分で尾行せずにそこに定点カメラを仕掛けて証拠写真を撮ることができます。

しかし、室内にカメラを設置できるのは基本的に同棲している場合だけ。

たとえ彼氏の部屋であっても盗撮はプライバシー侵害となる場合があり、カメラを設置して不倫現場写真を証拠として撮影することは控えるべきでしょう。

浮気写真の撮り方(3) 探偵に依頼する

旦那の写真を撮影するだけなのに、浮気や不倫現場の証拠写真となると気をつけるポイントが多く、大変だと感じられた人もいるでしょう。

自分で旦那の浮気・不倫の証拠写真を撮影するのが怖くなった人、うまく浮気・不倫の証拠写真を旦那にバレずに撮れるか自信のない人は探偵に依頼するのがおすすめです。

これなら適法であるうえ、専門家なので安心できます。

浮気の写真を持っておくべき理由とは?

 
浮気や不倫の証拠写真はどんなときに利用できるのか、その必要性がわからない人もいるのではありませんか?
 
ここでは、不倫現場写真を証拠として利用できる場面とその効果をお話していきます。

浮気写真を持つべき理由(1) 関係を修復するときにも効果あり

旦那の浮気や不倫がほぼ確定となったら、夫婦関係の修復のためにはまず話し合いが必要です。

しかし、「あなた、浮気(不倫)をしているでしょう」と問い詰めても、まず最初はほとんどの旦那が「してない」と嘘をつくでしょう。

写真という不倫の証拠がなければ「やった」「してない」という水掛け論で、なかなか話し合いは進まないものなのです。

浮気写真を持つべき理由(2) 離婚をする場合にも効果あり

旦那の浮気に悩まされ続けてきた人や、浮気や不倫以外にも旦那に問題があり離婚を考えている人もいるでしょう。

そんな場合こそ、旦那の浮気・不倫現場写真を証拠として持っておきましょう。

旦那の浮気・不倫(不貞行為)の証拠写真が認められることになったら、離婚の際の慰謝料や財産分与に関して、自分が有利になる可能性が高いです。

確実に浮気の証拠となる写真を撮るためには探偵に依頼を!

旦那との関係修復や離婚裁判のときの不貞行為の証拠としても、浮気・不倫現場写真が証拠として有効だということがわかりました。

特に離婚の際には不倫の証拠はぜひ持っておきたいものですね。

旦那の浮気・不倫で、できるだけ証拠能力が高く、適法で撮影した旦那の浮気・不倫の証拠写真が欲しいなら、探偵に依頼するのがおすすめです。

探偵に依頼するのがはじめてで不安があるという人は、タントくんという探偵を探してくれるサイトもありますので利用されてみてはいかがでしょうか。

浮気写真を取りたいと思っている方はこちらの記事もおすすめです 

浮気写真を撮る方法は?|浮気写真は重要な浮気の証拠です!のまとめ

旦那が浮気・不倫をしていると感じたとき、それを問い詰めるため、また離婚の証拠として写真は有効であることがわかりました。

でも、ただ写真を撮影するだけでも撮影するのが不倫現場であり、旦那だけでなく浮気・不倫相手も写っていること、慰謝料や財産分与など大金が絡んでくるとその証拠写真の合法性も問われることになります。

旦那の浮気や不倫の証拠写真が欲しいからといってストーカー規制法違反やプライバシー侵害として違法行為をすることは避けたいですよね。

そんなときは、プロの探偵に旦那の浮気や不倫現場の証拠写真を撮影してもらうのが確実で安全です。

タントくんに相談する

この記事の作成者

カケコム編集部