結婚3年目は離婚リスクが高い?〜結婚3年目の倦怠期の乗り越え方〜

結婚3年目は離婚リスクが高いということをご存知ですか?結婚してから3年目を迎えると、倦怠期に入ったりして離婚に発展する可能性も出てきます。これから結婚3年目を迎えるという夫婦が気を付けるポイントをご紹介します。

目次

結婚3年目で悩む夫婦は多い

結婚生活が3年目に突入すると、何故か離婚を悩むを夫婦が続出するのをご存知でしょうか?
 
長く生活を共にしていると、相手の悪いところがハッキリと見えて嫌に感じてきたり、倦怠期が襲ってきたりするのが大きな原因として挙げられるでしょう。
 
それらが原因で離婚する夫婦もいますし、結婚生活が3年目が近づいてくるにつれて不安に思う人もいるかもしれません。
 
この場合、どうすれば離婚せずに結婚生活を乗り切ることができるのかをご説明します。

結婚3年目が離婚のヤマ場?その理由とは?

結婚3年目は離婚の山場だといわれていますが、なぜ離婚の危機が増えていくのでしょうか。
 
相手のどこかに冷める原因があるかもしれません。

結婚3年目は離婚危機?(1) 倦怠期が襲ってくる

第一に夫婦の間に倦怠期が襲ってきます
 
結婚3年目ともなると、お互いの関係がマンネリ化してしまうのが大きな原因かもしれません。

結婚3年目は離婚危機?(2) 相手の悪い部分がはっきりと見える

結婚生活3年目ともなれば、相手の良いところだけでなく悪いところもハッキリと見えてしまうようです

その悪いところが嫌で離婚してしまうケースも少なくありません。

結婚3年目は離婚危機?(3) 将来の見通しがある程度ついてしまう

結婚生活を続けていくにあたり、ある程度どんな将来になるかが分かってしまうのが原因でしょう。

子なしの夫婦ほどこれ以上生活しても幸せにはなれないと判断したときに離婚を考えるのかもしれませんね。

結婚3年目は離婚危機?(4) 配偶者が本当に必要なのか見えてくる

3年目の結婚生活を迎えるにあたり、子なしだと結婚していなくても変わらないと思い始めてくるようです。

配偶者がいてもいなくても変わらないなら、離婚した方がメリットになるのでしょう。

結婚3年目は離婚危機?(5) 将来設計への細かいズレが明らかになる

3年も一緒に暮らしていると、お互いの将来設計が徐々にズレてしまうことがあります
 
お互いが考える子育てや夫婦生活のイメージが少しずつ違うことが明らかになり、溝ができてしまうようです。

結婚3年目の離婚リスクのチェックリスト|当てはまったら注意!

ここで結婚3年目の夫婦が離婚するリスクをチェックしてみましょう。
 
もしも当てはまることがあれば、注意した方が良いかもしれません。

結婚3年目離婚リスクチェックリスト(1) 浮気や不倫が怪しい

結婚3年目にして相手の行動に不自然な点が見られる場合、浮気や不倫をしていると疑うことが多くなりがちです。
 
万が一浮気や不倫が発覚した場合には弁護士に依頼して、離婚など様々な交渉が必要になるかもしれません。

結婚3年目離婚リスクチェックリスト(2) 家にいる時間が短くなった

結婚生活が3年目ともなると配偶者と一緒にいることに冷めるのか、あまり家にいないことが多くあるでしょう。
 
仕事と称して夜遅くに帰ってくることが多くなったりと、その態度はあからさまになってくるかもしれません。

結婚3年目離婚リスクチェックリスト(3) コミュニケーション・夜の生活が減った

夫婦生活においてコミュニケーションや夜の生活は非常に大切なものですが、それらがないと離婚するリスクが高まります
 
帰ってきても会話が少なかったり夜の生活を拒否するようになってしまえば、夫婦関係が円満とはいえないでしょう。

結婚3年目で離婚せず、乗り越えるために

結婚生活が3年目に突入したとき、できることなら離婚したくないものです。
 
離婚のリスクを乗り越えるには、様々な方法があります。

結婚3年目で離婚をしないために(1) 恋人気分を求めない

結婚生活が3年目に突入したにもかかわらず、いつまでも恋人関係の気分でいるようでは冷める原因となり、結婚生活が成り立たなくなるおそれがあります。

未だに恋人気分で生活していると離婚のリスクが高まるので、求めないようにしましょう。

結婚3年目で離婚をしないために(2) コミュニケーション・話し合いを増やす

結婚して3年目ともなれば、ますます将来を見据えて生活する必要性が高まってきます
 
お互いにきちんと子育ての方針や、子なしなら子供を作るかどうか、どういう家庭を築くかなどを話し合いましょう。
 
時にはこちらが妥協する必要性もあります

結婚3年目で離婚をしないために(3) 結婚生活にルールを設ける 

結婚3年目で離婚をせず乗り越えるためには、結婚生活におけるルールを設けましょう
 
ルールがない夫婦生活ほど離婚するリスクが高いものはありません
 
無理のないルールを設けることで夫婦生活に節度が生まれ、子なしでもお互いに冷めることなく円満に生活することができます。

結婚3年目は離婚リスクが高い?〜結婚3年目の倦怠期の乗り越え方〜のまとめ

結婚生活が3年目を迎えて、お互いの関係が冷めるようなことがあれば、それこそ離婚するリスクが高まります。
 
「いずれ元どおりになる」と軽い気持ちで考えていると、あとで取り返しのつかないことになるかもしれません。
 
そんなことにならないように倦怠期を感じた早いうちから対策をしていき、良好な夫婦関係を築いていきましょう。
 
万が一離婚に進む場合には、弁護士に相談し、あなたが幸せになれるような離婚をするべきです。
 
まずは無料相談ができるので、一度相談してみるといいでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部