旦那が臭いから離婚したい?こんな理由でも離婚できるの?

旦那が臭いから離婚したいという人は早急に対策が必要です。男性は年を取るとどうしても加齢臭や匂いケアの怠慢などで体臭がきつくなってしまうこともあります。今回の記事では旦那の匂いを理由に離婚はできるのかとその対策方法についてご紹介していきたいと思います。

目次

旦那が離婚したいほど臭い!

旦那の体臭が原因で離婚したいと思っても、旦那の体臭のことは本人に自覚がない場合もありますし、妻の立場からでもなかなか指摘しにくいことです。
 
また、改善することもなかなか難しいです。体臭の原因によって改善方法も変わってきますので改善するためにはまず原因を探ることが重要です。 

「旦那が臭い」という理由だけで離婚は難しい?

旦那の臭いが耐えられないことから離婚したいと思うとしても、実際に旦那の体臭の臭さが理由で離婚をするということは可能なのでしょうか?
 
ここでは、旦那の体臭を理由に離婚できるかどうかということについてご紹介します。

「旦那が臭い」だけで離婚はできる?(1) 合意していれば離婚は可能

旦那の体臭が原因で離婚をしたいと思った時に、旦那自身も離婚に同意していれば離婚は成立します。

これは体臭以外の原因であっても夫婦ともに離婚をすることに同意していれば離婚は成立します。

「旦那が臭い」だけで離婚はできる?(2) 合意がなければ離婚は難しい

離婚したいと旦那に伝えたときに同意が得られなければ、離婚を成立させることは難しいものとなります。

同意がない場合、調停や裁判で離婚請求が認められる必要があります。

ただし、民法770条1項によって定められているような法定離婚原因がなければ離婚請求は認められません

第770条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

「旦那が臭い」だけで離婚はできる?(3) 他の離婚事由が認められる可能性がある

旦那の臭いが耐えられないという理由だけでは離婚は成立しにくいですが、それ以外に婚姻関係を続けられないような事由がある場合には離婚が認められることがあります。
 
たとえば旦那の臭いに耐えられないことからセックスレスになっていたりすでに別居しているなどの状況になっているのであれば離婚が認められて、離婚可能となります。

なぜ旦那が臭いから離婚したいとまで思ってしまうのか?その原因とは?

確かに旦那の体臭がひどいと一緒に住んでいる妻としては辛いですし、できれば解放されたいと思ってしまう気持ちはよくわかります。

しかし、そもそもなぜ旦那の体臭で離婚をしたいと思うほど気持ちが追い込まれてしまうのでしょうか?いくつか考えられる原因をご紹介します。 

旦那が臭いから離婚したいと思ってしまう原因(1) 加齢臭の発生

加齢臭とは中高年の人から発せられる独特な体臭を指します。
 
原因は不規則な生活習慣や偏食、そして肝機能の低下やストレスが原因で発生する体臭で、主に頭や胸元、背中や耳の後ろなどの上半身から臭いが発せられます。
 
近年では中高年の8割が加齢臭を気にしているというデータもあります。

旦那が臭いから離婚したいと思ってしまう原因(2) 結婚して家族に気を使わなくなった

結婚前や若い頃には身だしなみを気にしていた人も、結婚してその生活に慣れてしまうと、身だしなみにも気を遣わなくなってしまうことがあります

家族の前だから気を遣わなくていいだろうという油断が、生活習慣の乱れや体臭に繋がってしまうのです。

旦那が臭いから離婚したいと思ってしまう原因(3) 食事や生活習慣

これは加齢臭の原因としてもあげられることがありますが、普段の食生活や生活習慣が原因で体臭が臭くなってしまうことがあります。

食生活に関しては肉類のような動物性脂質が多い食生活だと臭いの原因になります。

あとは、寝不足やたばこやお酒の摂取、ストレスが溜まりやすい生活をしていると体臭の原因となります。

旦那が臭いことを理由に離婚を考えている人が取るべき行動とは?

もう離婚をしたいと考えていても離婚に旦那が同意してくれなかった場合には離婚も成立しないだけではなく、今後も家庭に気まずい空気が流れる日々が続くかとと思うとなかなか離婚を切り出しにくいですよね。
 
ここでは臭いが原因で離婚したいと思う人がやるべきことをご紹介します。

旦那が臭い対処法(1) 柔軟剤や石鹸を臭い対策のものに変える

まずは、旦那の体臭を改善する努力をしてみることが大切です。

最近では洗濯洗剤や柔軟剤で消臭効果の強いものが多く販売されていますので、そういったものを使用するだけでもかなり改善されます。

また、服だけではなく体を洗う際に使用する石鹸なども体臭防止効果があるものを使うと改善されます。

旦那の臭い対処法(2) 体を清潔に保つ

をかいてもふき取ることもせずにそのまま放置しているとそれも体臭の原因になってしまいます。
 
あとは毎日お風呂に入っていても、体の洗い方が雑だと臭いの原因となります。
 
体臭を防ぐためには体を清潔にしておくことが大切ですので、汗をかいたらタオルでこまめに拭くことや、入浴時に体を丁寧に洗うことを心がけることがおすすめです。

旦那の臭い対処法(3) 生活習慣を変える

体臭には食事や生活リズムが深く関わってきますので生活習慣の見直しをしてみることも有効です。
 
タバコやお酒を控えるということ、そして睡眠時間を長く取ることや疲れを取るために寝る前にリラックスタイムを確保するといったことが有効です。

旦那の臭い対処法(4) 直接伝えてみる

旦那が自分の体臭が臭いという自覚を持っていなければ、周囲の人が気にしていろいろ対策をしても改善しにくいです。

伝える側も「どうしたら気持ちを傷つけずに伝えられるか」と悩んで言いにくいとは思います。

しかし、家族だからこそ伝えられることでもありますので、勇気をもって旦那本人にきちんと体臭のことを伝えてみてください

旦那の臭い対処法(5) 臭いことによる実害を伝えてみる

旦那も自分が臭いなんて事実を聞かされればショックを受けるので、旦那が素直に聞き入れようとしなかったという状況もあります。

しかし、ひどすぎる体臭はまさにスメハラとなり周囲の人に実害がでてしまいます。

仕事にも悪影響を与えることになるといった実害をはっきり伝えることも必要です。

それでも改善できなかったという人はどうすればいいの?

体臭を改善していこうと工夫をしても、体臭が改善できなかった場合に取るべき対応をご紹介します。

旦那の匂いが改善できなかったら(1) 病院に行く

生活習慣や食生活を改善して体を清潔な状態にしていても体臭が改善されない場合には、病気である可能性も考えられます。
 
特に嫌な臭いを発生させる病気には胃の障害や腎肝機能の障害、歯周病などが疑われます。
 
また、ひどい便秘になっているときも嫌な臭いがすることがあるので一度専門の病院で受診することも検討してみてください。

旦那の匂いが改善できなかったら(2) 別居について考える

改善しようという意志が旦那に見られない場合には、別居も選択肢の1つです。

別居すれば臭いからは離れられますし、このまま離婚となった場合でも旦那の体臭だけでは離婚成立しないので、別居期間をつくることで離婚成立しやすい状況にしておくという意味でも別居することを検討してみてください。

旦那の匂いが改善できなかったら(3) 離婚についても考えたら弁護士に相談を

離婚したい原因が旦那の体臭であることから、旦那の同意が得られずに離婚が成立しにくいこともあります。
 
もし離婚の話し合いが長引くようなことがあれば精神的にも肉体的にもかなりエネルギーを消費しますので、早期解決が望ましいです。
 
もし、旦那の体臭が原因で離婚を考えているのであれば、早い段階で弁護士に相談しておくことが大切です。

旦那が臭いから離婚したいという人はこちらの記事もおすすめです

旦那が臭いから離婚したい?こんな理由でも離婚できるの?のまとめ

体臭は自分では気を付けていてもどうしても改善されないということもあります。

また、デリケートな問題であることから本人にも伝えにくく、旦那の体臭を我慢しながら生活している日々は苦痛の連続ですので離婚を考えてしまうことは仕方のないことです。

まずは、旦那と一緒に体臭を改善する努力をしてみましょう。

それでもだめなら離婚に向けて弁護士に相談するなどして準備をはじめることをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部