離婚を年賀状で報告するのは失礼?離婚後の年賀状のマナーと書き方について

離婚を年賀状で報告するのはマナー違反でしょうか?1年に1回出さなければいけない年賀状で離婚報告も済ませることができたら便利ですよね。年賀状で離婚報告はしていいのか、その書き方の注意点・文例をご紹介します!この記事を参考に年賀状で離婚報告をして、すっきりと新年を迎えませんか?

目次

年賀状で離婚を報告するのは失礼?マナー違反?

知り合いのほとんどに送る年賀状で離婚報告を済ませることができたら便利ですよね。
 
今の時代、離婚はもう珍しいことではなくなってきています。

離婚しても前向きに元気に頑張っている方々はたくさんいます。


しかし、年賀状はおめでたい新年の挨拶として送るものなので、わざわざ離婚報告を盛り込むのはちょっと…とお悩みの方もいるでしょう。

年賀状で離婚報告をするのはマナー違反なのでしょうか? 

年賀状に離婚を書く時に気をつけるポイントとは?

離婚報告がメインの暗い文面にならないよう、あくまで年賀状ということを意識して、うまく離婚報告に利用しましょう。

年賀状で離婚報告をするのは問題なし

年賀状で離婚報告をするのが直ちにマナー違反になるというわけではありません。

「離婚報告どうやってしようかと悩んでいる間にもう新年が近づいてきた…」という方は思い切って年賀状でサラッと離婚報告して、スッキリと新年を迎えてしまいましょう。

しかし、書き方や送る相手によってはマナー違反と思われてしまうこともあるようです。

年賀状で離婚報告をする際は以下の点に気をつけてくださいね。 

必須ではないので、報告したい人だけにしよう

年賀状で離婚報告をする時、皆に報告する必要はありません。

離婚報告しておきたい人たちだけで良いのです。

結婚式や披露宴に出席してもらった友人、夫婦でお付き合いがあった友人などには送った方がいいでしょう。

結婚したことさえ知らないような遠い知り合いや、結婚してから夫婦で特に関わっていない人たちにまであえて無理に離婚報告する必要はないでしょう。

本当に親しい間柄であれば、手紙や直接の報告が望ましい 

夫婦付き合いでお世話になったり、よく連絡を取り合うような親しい友人には、年賀状に盛り込むより直接連絡してあげた方が良いでしょう。

自分に置き換えて考えてみた時に、仲の良い友人からは皆と同時報告でなく、早めに直接聞きたかったな…と少し寂しく感じることでしょう。

お世話になっている人やこれからも関係を続けていく人には、手紙や電話などで丁寧に報告しておきましょう。
 

年賀状で離婚報告をするメリットは?

 

年賀状での離婚報告にはいくつかのメリットがあります。

年初めの挨拶である年賀状を是非活用してはいかがでしょうか?

年賀状で離婚報告をするメリット(1) 報告のしやすさ

年賀状での乾坤報告のメリットはなんといっても手軽さです。

毎年出している年賀状に一言付け加えるだけで良いのです。

なかなか会って伝える機会を設けるのは大変ですし、離婚報告の為にわざわざ会うのも…と考える方には年賀状での離婚報告はもってこいでしょう。 

年賀状で離婚報告をするメリット(2) 相手からの反応を見ることがない

年賀状での離婚報告なら「離婚したの!?なんで!?」と、質問攻めに合うことがありません

年賀状での離婚報告は直接顔を合わせての報告ではないのでいちいち相手の反応に一喜一憂することはなくなります。

しかし、次に会ったときにこのような質問攻めに会うのは避けられないかもしれません。

どんな風に年賀状に離婚報告をすればいい?

年賀状は新年の挨拶です。新年を迎える時に気持ちが下がるような年賀状は嫌ですよね?

年賀状での離婚報告の書き方は注意しましょう。

暗く重たくではなく前向きさが伝わるような離婚報告にしましょう。 

年賀状における離婚報告の書き方(1) 決まった文例はない

年賀状に書く離婚報告に特に決まった文例はありません。

ただ書き方の注意としては、気持ちが下がってしまうような、受け取った側が心配になってしまうようなものはやめましょう。

また、わざわざ『離婚』という文字を書く必要もありません。
  • 子供達と仲良くやっています!
  • 旧姓に戻り再スタートをしました!
  • お互いの道を進んでいく結論に至りました

など、「離婚しても前向きに頑張ってるから大丈夫!」と伝わるような書き方がいいでしょう。

年賀状における離婚報告の書き方(2) 離婚報告をメインにしない

よくありがちなのが手紙のような離婚報告です。

あくまで年賀状は新年の挨拶です。

手紙のように長々と離婚理由を書いたりする必要はありません。

年賀状への離婚報告は明るく手短に一言で書いてしまいましょう。 

年賀状における離婚報告の書き方(3) 楽しい写真と一緒に報告しよう

年賀状に離婚報告を盛り込むときはポジティブな印象を与える写真を添えましょう。

子どもと楽しく遊んでいる写真や友人と楽しく旅行している写真などを添えるだけでも印象はだいぶ違います。 

年賀状における離婚報告の書き方(4) 旧姓、新しい住所も書いておく

「年賀状に離婚という文字を入れてないけどちゃんと離婚報告として伝わっているのかな?」と不安に思う場合もあるでしょう。
 
そのようなときは、旧姓と新住所を書いておけば気付いてもらえるでしょう。

友人からの年賀状がそのような文面であり、旧姓に戻っていたらほとんどの人は察してくれるはずです。

 離婚の報告をするか迷っている人はこちらの記事もおすすめです

離婚を年賀状で報告するのは失礼?離婚後の年賀状ののマナーと書き方についてのまとめ

年賀状での離婚報告、この機会に活用してみてはいかがでしょうか?

親しい友人には手紙か直接の報告がやはり望ましいですが、それ以外の報告すべき友人、知人には年賀状で手軽に済ませるのも手です。

年賀状は相手の反応を見ることもなく、手軽でスムーズに心身の負担も少なく離婚報告を済ますことができます

年賀状でサラッと離婚報告をし、気分一転明るく楽しい新年を迎えてしまってはいかがでしょうか?
 
また、これから離婚することが決まっていて、どうすれば良いかわからない方はまず離婚問題に強い弁護士に相談してみることをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部