家庭円満なのに不倫をする男性の心理5つ

家庭円満なのに不倫をしてしまう男性は、一体何を考えているのでしょうか。家庭円満で、何の不満もないはずなのに、浮気をしてしまう男性が何を考えているのか、そして家庭円満なのに不倫をする夫を止めるための方法についてご紹介します。

目次

家庭円満なのに不倫をする男性の心理とは一体?

夫婦円満で、子供もいて…一見すると不倫する要素がまったく見当たらない男性。

そんな男性でも、実は不倫をしているのです。
 
家庭不和で、家に居場所のない人が不倫や浮気をするのは想像するにたやすいことです。
 
でも、どうして家庭円満にもかかわらず、不倫してしまう男性がいるのでしょうか?
 
そして、そのような男性は、一体何を考えて不倫してしまうのでしょうか。

家庭円満でも不倫に走る人は何を考えているの?

家庭が円満なのに、あなたの夫が浮気してしまうには、実はこんな理由があるのです。

家庭円満なのに不倫に走る理由(1) 家庭が安定しているので精神的余裕がある

家庭が円満だからこそ、そこにもはや気を配る必要がないくらいの余裕があるから不倫をする男性がいます。

家庭円満で、妻にも信頼されていて、浮気を疑われることもない…。

また、心のゆとりは独身女性にとって魅力的にうつりますから、そのような女性からアプローチされて不倫するということもあります。

家庭円満なのに不倫に走る理由(2) 不倫について悪いことだと思っていない

不倫に対する道徳観と、夫婦円満であることは別問題です。

家庭は円満だけど、不倫に対する抵抗もなく、特に不倫を悪いことだと思っていなければ、浮気してしまうこともあるでしょう。

家庭円満なのに不倫に走る理由(3) マンネリ感があるから

家庭が円満な時期でも、男性は内心マンネリを感じているかもしれません。

そのような男性は、マンネリを家庭外で解消するために、不倫してしまうことがあります。

家庭でマンネリを解消するには、妻にそれを打ち明けなければならず、それによって夫婦円満が崩れてしまうのが恐いのかもしれません。

家庭円満なのに不倫に走る理由(4) 言い寄ってくる女性が多かった

家庭を円満に保つだけの心配りができる男性は、基本的に女性に不自由しません。

言い寄ってくる女性が多ければ、よほどの自制心がない限り浮気してしまうこともあるでしょう。

誰にも相手にされない夫というよりはいいのかもしれませんが、不倫されるとなると話は別ですよね。

家庭円満なのに不倫に走る理由(5) 不倫依存症になっている

そもそもあなたの家庭が円満なのは、もしかしたら夫が外で不倫しているからなのかもしれません。
 
世の中には不倫依存症の人もいて、不倫していれば何もかも順調にいくと考えている人もいます。
 
家庭で何のストレスもなく、あなたに優しくできるのは、不倫に依存しているからかもしれません。

家庭円満でも夫の不倫には要注意?

いくら夫婦円満でも、不倫をしている男性もいます。でも、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

家庭円満だと逆に不倫に気づきにくいかも

 家庭円満だと、「うちは大丈夫だ」と不倫について油断してしまう人が多いのではないでしょうか。
 
気持ちがおおらかになっているぶん、普段なら気がつける不倫の片りんに気がつくことができずに、夫は浮気を繰り返しているかもしれません。

妻から見ると理解ができない

家庭が円満なのに不倫するなんて、夫の気持ちが理解できない人は多いでしょう。
 
家庭に何も問題がないのだから、外で浮気する必要なんてない!と思うのではないでしょうか。
 
でも、ご紹介してきたように、家庭内の状況と不倫は、必ずしもつながっているわけではないのです。

家庭に不満があるから不倫するというわけではない

家庭に不満がある人は、確かに家庭で満たされない欲求を叶えるために、外で満たそうとします。
 
しかしその形はさまざまであり、趣味に打ち込む人、ギャンブルする人、仕事に賭けてあとは諦める人などさまざまです。
 
家庭に不満があったとしても、不倫・浮気に直結する人は、ごく一部だということです。

どんな理由があれ、不倫はいけないこと

しかし、どんな理由があったとしても、不倫をしていい理由にはなりません。
 
不倫はそもそも違法行為であり、さらに円満な家庭を崩壊に導く脅威です。
 
不倫はいけないこと…その認識があなたにも、そして夫にもあることが大切です。

家庭円満で不倫をやめさせたい人がやるべきこととは?

円満な家庭を守るためにも何とか夫の不倫・浮気をやめさせたい…でも、具体的に何をすればよいのでしょうか。

家庭円満なのにする夫の不倫を止めるには(1) 話し合い夫婦間の認識のズレをなくす

まず、ご紹介してきたように、不倫についての価値観が夫婦間で違っている場合があります。
 
このようなことで家庭を崩壊させないためにも、夫婦間にある不倫についての考えのズレをなくすことが必要です。
 
浮気や不倫について、夫はあまり悪いことだと思っていない可能性があるからです。

家庭円満なのにする夫の不倫を止めるには(2) 動かぬ証拠を掴む

浮気をやめさせるためには、夫がもう浮気はできない…と諦めざるを得ない状況をつくることが大切です。

そのためには、浮気の動かぬ証拠をつかみましょう。

誰がどうみても浮気をしている証拠があれば、夫も不倫を認めざるを得ず、そこで浮気相手との関係は終わるはずです。

自分だけで証拠をつかむための調査をすることに不安がある場合は、プロの探偵に依頼することをおすすめします。

夫にバレずに調査してもらえるため、万が一不倫していなかった場合でも、夫婦間の信頼関係は崩さずに夫婦円満を継続することができます。

家庭円満なのにする夫の不倫を止めるには(3) 離婚や慰謝料請求をほのめかす

あなたが一生懸命に守ってきた円満な家庭を不倫によって壊されるのは我慢できないことでしょう。
 
たとえ嘘でも、一度「浮気しているみたいだから離婚しよう」「不倫されて傷ついたから、慰謝料請求しようかな」などとほのめかせば、不倫している夫の認識が変わるかもしれません。
 
そのときには、本当にそうなってもいいように、弁護士に相談しておきましょう。

家庭円満なのに不倫をする男性の心理5つのまとめ

はたから見れば、円満な家庭で何も問題なく暮らしている夫。
 
でも、家庭円満・夫婦円満だからこそ不倫してしまう男性もいます。
 
もしも不倫によって円満な家庭が壊され、離婚したり、夫や不倫相手に慰謝料を請求する場合は、早めに弁護士に相談することをおすすめします。
 
有責配偶者は夫になるわけですから、あなたに有利なように離婚に関する諸問題を弁護士が解決してくれるでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部