離婚したのに未練がある…|離婚の未練を断ち切る方法7つ

離婚後に未練はありませんか?一度は二人で歩む人生を夢見て結婚したものの、上手くいかず離婚をする夫婦は増えてきています。しかし、離婚をしたからといってすぐに相手への未練を断ち切ることができるわけではありません。今回は、離婚にまつわる未練と後悔について、原因と対処法をご紹介したいと思います。

目次

離婚したのに未練が残る...やっぱり好きかも


将来のことをしっかりと考え、離婚に踏み切ったはずなのに未練が残っている人は多いでしょう。
 
その未練は結婚生活そのものに対する未練なのか、相手に対する未練なのか、はたまた結婚生活にまつわる様々な後悔を原因とする未練なのか。
 
離婚したけれど、やっぱり好きなのかもしれないと離婚を後悔している方は、まずは離婚後に未練と後悔が残る理由を見てみましょう。
 
離婚後の未練と後悔はあなた一人のものではなく、多くの人に共通するものなです。

離婚したのに未練が残る理由

以下では、離婚後に未練と後悔が残る代表的な理由7点を見ていきたいと思います。
 
離婚後の未練と後悔はどこからやってくるのでしょうか。

離婚したのに未練が残る理由(1) 本当は離婚したくなかった

離婚後に未練と後悔が残る理由の代表格は、本当は離婚したくなかったのに離婚したという事情があるときです
 
相手のことがまだ好きだったり、結婚生活に改善の余地を残したまま離婚をすると、どうしても離婚後の未練と後悔が生まれ、それを簡単に断ち切ることができなくなります。

離婚したのに未練が残る理由(2) 別れた後に優しさがわかった

結婚生活では慣れてしまっていた相手の優しさに、離婚後に気が付く場合があります
 
そのような場合も、離婚後に未練と後悔を断ち切ることができなくなります。
 
特に、離婚後に、子供と遊ぶ姿を改めてみて、相手の優しさや魅力を再発見することは少なくありません。
 
結婚生活時の姿と離婚後の姿、どちらがパートナーの本当の姿だったのでしょうか。

離婚したのに未練が残る理由(3) 一気に寂しくなった

離婚後、人で生活を始めたときに急に寂しさが押し寄せてくる場合があります
 
そのようなとき、結婚生活の温かさを改めて知り、離婚に対して未練と後悔が生まれます。
 
結婚時は不満ばかりが頭に浮かんだけれど、いざ離婚すると不満も含めて幸福だったと再認識するわけです。
 
このような未練と後悔は断ち切ることが容易ではありません。

離婚したのに未練が残る理由(4) 新しい恋人ができない

離婚し、新しい恋人を作るぞと意気込んでいた人ほど、恋人ができなかったときに離婚したことに対して未練と後悔を抱きます
 
離婚後の生活が予想していたものと大きく異なるために、離婚したことが正しい選択だったか否か思い悩むわけです。

離婚したのに未練が残る理由(5) 楽しかった記憶を思い出してしまう

離婚後、ふとしたときに、結婚生活の中で楽しかった瞬間を思い出してしまうことがあります

記憶は匂いや音楽からも呼び起こされます。そのようにして不意に貴方を襲う幸福だった時の記憶は、離婚に対する未練と後悔に繋がります。

人は失って初めて、物事の大切さに気付くことが往々にしてあるのです。

離婚したのに未練が残る理由(6) 周りからの意見

離婚に対する周囲からの意見も、未練と後悔に繋がります
 
例えば、配偶者の収入が高かったりすると、周囲は離婚に対して勿体ない等の感想を述べるのもです。
 
それらを聞くことで、離婚が正しかったか迷ってしまうのです。
 
離婚に対する未練と後悔は必ずしも自分の中からのみ生まれるわけではなく、周囲の意見に左右されることがあります。

離婚したのに未練が残る理由(7) 新しい恋人と比べて前の方がよかった

離婚をして、いざ新しい恋人ができたとき、離婚した相手と新しい恋人を比較してしまうことがあります
 
そして、離婚した相手の方が自分に合っていたと思ってしまうと、離婚に対し未練と後悔が生まれます。
 
離婚した相手と新しい恋人を比較すること自体が間違ってはいるのですが、どうしても比較してしまう気持ちもわかります。 

離婚の未練を断ち切る!未練をきっぱり断ち切る方法

では、離婚に対する未練と後悔をすっぱり断ち切るためにはどうすべきなのでしょうか。
 
以下では、7つの方法をご紹介いたします。

離婚の未練を断ち切る方法(1) 新しい恋人を作る

離婚の未練と後悔を断ち切るためには、新しい恋人を作ることが最も効果的です
 
その際は、離婚した相手とは違った魅力を持つ恋人を作ることができるとなお良いです。
 
また、離婚した相手と新しい恋人を比較することは、未練と後悔を生むことに繋がりかねませんので、絶対に避けましょう。

離婚の未練を断ち切る方法(2) 写真など思い出の品を捨てる

離婚に対する未練と後悔をすっぱり断ち切るためには、離婚した相手との思いだの品を思い切ってすべて処分することが効果的です
 
スマホに保存されている写真を削除し、思い出の品は処分しましょう。そうすることで、離婚後に強い気持ちで再スタートをきることができます。

離婚の未練を断ち切る方法(3) 何か打ち込むものを探す

離婚後、趣味や仕事に打ち込むことも未練と後悔を断ち切るために有効です。
 
新しい趣味を始めるのでもよければ、結婚を機に辞めていた趣味を再開するのでもよいです。
 
また、仕事に没頭するのもよいでしょう。忙しさは貴方に対して、感傷に浸る暇を与えません。

離婚の未練を断ち切る方法(4) どこか遠くに引っ越す

結婚時に住んでいた街は、様々なところに結婚当時の思い出が潜んでいます
 
二人でよく歩いた通り、よく買い物したスーパー、そういったものは美しい思い出となり、貴方の中に未練と後悔を生み出します。
 
離婚後は、思い切って遠くの街へ引っ越すことも、離婚に対する未練と後悔を断ち切るためには有効です。

離婚の未練を断ち切る方法(5) 動物を飼う

離婚後の寂しさを紛らわせるために、動物を飼うことも離婚後の未練と後悔を断ち切るために有効です。
 
世話をする相手がいて、体温を感じることのできる相手がいることは、日々を過ごす中で大変に心強いことです。
 
寂しさから未練や後悔が生まれることを防ぐことができます。

離婚の未練を断ち切る方法(6) 家族・友人・カウンセラーに相談してみる

離婚後、未練や後悔を誰にも話さない期間が続くと、自分の中でそれらの想いが大きくなってしまいます
 
未練と後悔が大きくなり、溢れてしまう前に、離婚後の自分の気持ちを素直に他者に話してみましょう
 
話す相手は家族、友人、カウンセラーがよいでしょう。素直な思いを打ち明けることで、スッキリ出来るでしょう。

離婚の未練を断ち切る方法(7) 相手の悪い部分を思い出す

少しひねくれた方法となりますが、離婚した相手の悪いところを思い出すのも離婚に対する未練と後悔を断ち切るためには有効です。
 
離婚を選択したからには何か理由があったはずです。
 
それが相手の悪い部分に由来するのであれば、それを思い出すことで離婚に対する未練と後悔を断ち切ることができます。

離婚や離婚後にお悩みの方は以下の記事もおすすめです

離婚したのに未練が消えない|離婚の未練を断ち切る方法7つのまとめ

以上のように、離婚後に未練と後悔が生まれることは珍しいことではありません
 
一度は人生をを添い遂げようと思った相手と別れるのですから、未練と後悔は必ず生まれるといっても過言ではありません。
 
しかし、その未練と後悔は往々にして結婚生活を美化する形で顕在化します。
 
未練と後悔を断ち切るためには、それらが起こる原因と対処法をしっかりと把握しておきましょう
 
そうすることで、感傷に振り回されずに、未練と後悔を断ち切ることができます

未練の結果、法律的なトラブルに発展しそうなときには、無理せず早期に専門家に相談することを考えてみてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部