“マスオさん状態の夫”は離婚する?嫁両親との同居を成功させる秘訣とは?

マスオさん状態と言われてピンとくる方はあまりいないのではないでしょうか。理由あって奥さんの実家で同居しているマスオさん状態のメリットや逆に辛いことはどのようなことがあるのでしょうか。マスオさん状態からの離婚についてもご紹介します。

目次

マスオさん状態はやはり辛いの?

マスオさん状態の夫が離婚を考え始めたという話をよく聞きます。

マスオさん状態となると、家長は同居している妻の父親か母親ということになるでしょう。

戸籍上は自分が筆頭者でも家は妻の両親のもの、どうしても一緒に住まわせてもらっているという意識が働いて、精神的に辛いこともあるのも事実。

しかし、妻の実家で同居するマスオさん状態の旦那さんも辛いことだけではありません。

普段忘れがちなマスオさん状態のメリットということもあるはずです。

マスオさん状態が辛くて離婚を考えている男性に、もう一度自分の置かれている状態を確認しなおすための情報をご紹介していきます。

マスオさん状態について知ろう|マスオさん状態は幸せ?

マスオさんといえば、とても有名なご長寿アニメの登場人物です。
 
誰でもどのような立場の男性なのか、なんとなくでも想像がつくでしょう。
 
ここでは、もう少しマスオさん状態がどんな状態であるのか詳しく見ていきます。

マスオさん状態とは?

有名アニメの中での苗字でもわかるように、マスオさん夫婦の苗字は同居している妻の実家とは別となっています。

このように一度結婚して女性は夫の戸籍に入ったけれど、同居している住居は妻の実家であるという暮らしをしていることがわかります。

何かしらの理由があり、妻の実家に同居している旦那さんの状態をマスオさん状態といいます。

マスオさん状態になるパターンは主に2種類

マスオさん状態で義理の親と同居している人の理由には、大きく分けて2つのパターンがあります。

ひとつは妻の実家の経済状態が良くないため夫の働きにより援助してもらうため同居しているというパターンです。

父母が高齢であったり働けない状態などがあげられるでしょう。

こちらは、夫側は不本意な同居ということになる場合もあり、問題になることも多いといわれています。

もう一つはマスオさん(夫)側の経済状態が悪く、他に頼るあてもなく妻側の実家に同居させてもらい、お世話になっているというパターンです。

妻が働けない状態であっても住むところと食べる物には困らない、子供の面倒を見てもらえるなどメリットもあります。

こちらはこちらで、妻側の家族が夫側に不満を抱く場合があります。

マスオさん状態の同居でストレスがたまる人も…

家賃がいらない、いざとなったら食費も義理の親持ちで必要ないと、メリットがたくさんあるように感じるマスオさん状態ですが、義理の両親との同居をストレスと感じるマスオさん夫も多いようです。

自分の親でも喧嘩をしたり心のすれ違いが起こることもあるのですから、妻の実家での同居が波風も絶たず順調でストレスを感じない…という状況を維持するのは難しいことです。

マスオさん状態で暮らしている夫は、家にいても落ち着かず帰宅拒否をしたり、不倫をして浮気相手の家にばかり入り浸りになるケースもあります。

マスオさん状態の同居で辛いこととは?

マスオさん状態の同居の辛いことは案外周りの人には伝わりにくく気づいたときには離婚などということにもなってしまいがちです。
 
ここでは、多くのマスオさん状態の男性が普段辛いと思っていることをご紹介します。

マスオさん状態の同居で辛いこと(1) 義両親との同居に神経を使う

マスオさん状態で辛いと思うのはやはり義理の両親との同居で神経を使うことをあげる人が多いです。

自分の親ならばまだしも、妻の親なら遠慮するところもあるのは仕方ないですね。

完璧な2世帯住居でないかぎり、食事やお風呂、くつろげるはずのリビングでも気を使ったりとどうしてもホッとできる時間が少なくなってしまい、家に帰ってきてからもストレスが溜まることに悩む人もいます。

同居のメリットと両天秤で我慢しているけれど、「もっと家では自分の好きなように行動したい」と感じ、離婚の理由にもあげるマスオさん夫も少なくないのです。

マスオさん状態の同居で辛いこと(2) 家から出してくれない、出にくい

家に居る人数が多くなればなるほど、帰宅してから自由に外出しづらくなります。

夫婦ふたりだけで生活しているのならば、ちょっとコンビニや本屋に…と出かけることもできます。

しかし、義理の両親と同居していると「どこに行くの?」「何時に帰るの?」など行動を監視されているような事を言われてなかなか外出しづらいのが辛いと思う人も少なくありません。

何も言われなくても「義母に見られているだけでも出かけられないのが辛い」というナイーブなマスオさんもいるようです。

マスオさん状態の同居で辛いこと(3) 何かあったときに味方がいない

妻の両親との同居で一番辛いと感じることが多い場面が「夫婦喧嘩のとき」です。

妻と喧嘩中だと親の視線も冷たい、どうしても母親が妻の味方になって二人から責められることもあると、自分に加勢してくれる人がおらず、非常に辛い立場になってしまいます。

妻の実家での同居は、女性二人が妻という同じ立場であり、なおかつ実の親子であることから立場が強くなりがち。

男性はどうしても辛いと感じてしまいます。

マスオさん状態の同居で辛いこと(4) 意外とストレスが溜まるのが食事

義理の両親との同居で意外と辛いのが食事の好みです。

まず、食事の好みが違う場合どうしても両親の好みに合わせることが多くなってしまいがちです。

好きな食べ物を食べられる機会も減ってしまうかもしれません。

食事の時間にも肩身が狭い思いをする、辛いマスオさん状態の夫も少なくないのです。

マスオさん状態のメリットとは?

辛いこともあるマスオさん状態の家族にも、メリットがあります。
 
マスオさん状態の家に多い利点は、妻側に多いのもその特徴となっています。

マスオさん状態同居のメリット(1) 子育てを手伝ってもらいやすい

夫婦ふたりきりの生活だと小さな子供がいると子供を預かってくれる人を探すのも大変だったりします。

しかし、義理の両親との同居ならいつでも子供の面倒を見てくれる人がいるのがメリットと感じる人が多いです。

中には孫はかわいいけれど、小さな子供の世話が好きでない義理の両親もいますが、妻から言うことであまり波風を立てずに子供を預かってくれるでしょう。

妻自身も同居しているのが自分の親ということで、子守をお願いしやすいというメリットもあります。

マスオさん状態同居のメリット(2) 嫁姑問題からは遠ざかれる

両親との同居で辛いのが「嫁姑問題」です。

中には嫁姑問題から離婚に発展する夫婦も少なくはありません。

しかし、妻の両親との同居であれば、嫁姑問題が発生しにくいというメリットがあります。

自分の親と妻が冷戦状態なら間に挟まれて夫もストレスを感じますが、その煩わしさから解放されるだけでも義理の両親との同居のメリットは大きいのではないでしょうか。

マスオさん状態同居のメリット(3) 金銭的な援助を受けてもらいやすい

義理の両親との同居は夫にとってデメリットばかりではなく、メリットもあります。

それは、普通ならお金での援助は受ける方もする方もなかなか言い出しにくいことですが、同居していればそれが自然な形で行われることになるというメリットです。

「妻の親を大切にしたいな」と思っているやさしい夫にとっては、同居していることで義理の両親への資金的な援助を受けてもらいやすいのは、心配事がひとつ減るメリットといえるでしょう。

マスオさん状態でも成功させるための秘訣とは?

マスオさん状態を成功させるには、このような同居のメリットを利用するのがポイントとなります。
 
特に妻にとっては同居のメリットも多く、それによって妻の機嫌をとる苦労が減るのは夫側にもメリットといえるでしょう。

マスオさん状態でも成功させるために(1) 夫だけの"聖域"を作る

妻の親であっても、やはり同居していてしょっちゅう顔を合わせているのは、神経を使い疲れてしまうこともあります。

マスオさん状態の同居からの離婚を避けるためには、夫が一人になれる場所を決めておくことが大切です。

どうしても親との同居は多人数で住む事になるので部屋数の制限もあるでしょうが、ここだけは親も入って来ないという場所をひとつでも決めておくと良いですね。

「親しき仲にも礼儀あり」です。

マスオさん状態でも成功させるために(2) 思ったことを口にできるような環境作り

マスオさん状態の夫は、家にいても家族に気を使って何もいえないストレスが溜まるのが同居のデメリットとなることがあります。

一緒に住んでいる妻もこのことに気づかず、いつの間にか離婚問題にまで進んでしまうこともあります。

そんなときは、妻に両親へのパイプ役をお願いするのが良いでしょう。

どうしても、マスオさん状態の夫よりも実の子供である娘(妻)の方が同じことを言うにも波風を立てずに両親に伝えることができます。

家のことは家事を取り仕切っている女性の方が立場が強くなるのは仕方ありません。

そんな女性同士が近い間柄であり、言いたいことを伝えやすいのは大きなメリットとなるでしょう。

マスオさん状態でも成功させるために(3) 家庭の力になっているような状態にする

家庭内でマスオさん状態である夫の立場が弱いとどうしても肩身が狭い思いをすることになりやすいです。

その場合は、妻の実家への金銭的援助をしたり、自分から進んで家のことに積極的に行動することにより「この家に対して貢献している」と家族全員に認められることが大切になってきます。

このことで、家族から大事にしてもらい、マスオさん状態の夫の意見が通りやすくなるというメリットが生まれてくるからです。

マスオさん状態でお悩みの方はこちらの記事もおすすめ

"マスオさん状態の夫"は離婚する?嫁両親との同居を成功させる秘訣とは?のまとめ

マスオさん夫は家族の中で孤立してしまうことも多く、周りの人からその辛さを理解されにくいのが離婚の原因となることも少なくありません。

妻が両親とのパイプ役になったり、一人になれる場所を決めておいたりと工夫することで、義理の両親との同居を成功させることもできるでしょう。

それでもどうしても義理の両親との同居が耐えられない、そんな不満を抱えているマスオさん夫は妻の両親との別居や妻との離婚も視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

万が一離婚を考え始めた場合には、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。

様々な男女の問題を解決してきた弁護士ならきっとあなたがどうするべきなのかを親切に教えてくれるはずです。

まずは相談だけしてみることで、意外な解決方法が見つかるかもしれません。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部