不倫って気持ち悪い…|気持ち悪いといわれる理由7つ

不倫を気持ち悪いと思う人は結構多いですよね。不倫した旦那を気持ち悪いと思う人も少なからずいることでしょう。他人の不倫はもちろん、自分の配偶者が不倫をしていたら、貴方はその事実を気持ち悪いと思いますか?

目次

不倫って気持ち悪い...|不倫が気持ち悪いといわれるのはなぜ?

不倫の事実を気持ち悪いと思う人は、様々な考えがあってこその反応の一つといえます。
 
ドラマや映画、芸能人のニュースなどで最近流行している不倫。
 
流行しているとはいえ、配偶者がいるのになぜ不倫をするのかが理解できないという人もいるでしょうし、どういう理由であれ不倫した旦那が許せない人もいます。
 
ですが、その中には不倫に対する様々な嫌悪感しか感じないという人もおり、とても理解に苦しむケースも多くあるでしょう。
 
不倫を気持ち悪いと思うのには、言葉では説明できないような理由があるかもしれません。

不倫って気持ち悪い...|不倫が気持ち悪いといわれる理由

不倫を気持ち悪いという人は、どのような理由があって思っているのでしょうか。
 
その理由は7つほどあるので、それぞれご説明します。

不倫が気持ち悪いといわれる理由(1) 異性に飢えていて気持ち悪い

不倫が気持ち悪いといわれるのは、配偶者がいるにもかかわらず異性に飢えているような感じがあることが挙げられます。
 
別の異性に対して関係を持とうとする姿勢そのものが異性に飢えているように見えてしまうので、なおさら気持ち悪く見えるのでしょう。
 
配偶者だけで満足できない様子を想像するだけでも気持ち悪くなるのではないでしょうか。

不倫が気持ち悪いといわれる理由(2) だらしがなくて気持ち悪い

不倫は自分で悪いことだと分かっているはずなのに、それでも不倫を楽しんでいる様子を気持ち悪いと思うようです。
 
不倫は配偶者に対する裏切りだという自覚があるにもかかわらず、結局不倫になってしまっては意味がありませんよね。
 
そういう自分の意思の弱さも相まってだらしなく見えて気持ち悪いと思うのではないでしょうか。

不倫が気持ち悪いといわれる理由(3) 性欲が強くて気持ち悪い

人間誰しもが性欲を持っているとはいえ、他人にまで性欲をぶつけているように不倫を繰り返している様子を気持ち悪いと思うようです。
 
不倫相手でなくても配偶者で性欲を発散することもできるのに、なぜ不倫をしてまで肉体的な関係を持とうとするのか疑問ですよね。
 
配偶者で満足できない様子は見ていて気持ち悪いと思ったり、嫌悪感しか感じないでしょう。

不倫が気持ち悪いといわれる理由(4) 泥沼な関係自体が気持ち悪い

よく配偶者が不倫に興じていると泥沼な関係を楽しむケースがありますが、それ自体が気持ち悪いと思うのでしょう。
 
不倫した時点で泥沼な関係になることくらい容易に想像できるはずなのに不倫が止められないのは、本当に気持ち悪いとしか思えません。
 
泥沼な関係は自分で蒔いた種なので不倫した事実は絶対に変わらないため、そのような状況を作った人も気持ち悪いと感じますね。

不倫が気持ち悪いといわれる理由(5) なまなましくて気持ち悪い

自分の知っている人、もしくは配偶者が別の誰かと不倫しているということを知ったら、実になまなましくて気持ち悪いと感じますよね。
 
自分の知らないところで不倫が堂々と行われていると非常に現実味が湧いてきますし、誰かが関係を持っていると思うととても気持ち悪く思うでしょう。
 
身近で行われている不倫ほど、生々しくて気持ち悪いと思うこともありません

不倫が気持ち悪いといわれる理由(6) 不倫を自慢してくることが気持ち悪い

誰かが不倫をしていることがあたかも誇らしいことであるかのように話す人はいます

複数の異性に好意を持たれていることや、経済的な余裕があることなどの自慢として不倫話を持ち出すのです。
違法な配偶者の裏切り行為であることを自覚していないようです。 
 

不倫が気持ち悪いといわれる理由(7) 不倫後の開き直りが気持ち悪い

よく不倫が発覚すると不倫された側に謝るのが普通かと思われますが、逆に不倫された側が悪いと開き直ってくるケースがあります。
 
悪いのは不倫した方なのに、それでもなお開き直って人のせいにしてくるような姿勢は気持ち悪いとしか思えません。
 
特に不倫した旦那の言い訳こそ、見苦しくて気持ち悪いと思うものはないのではないでしょうか。

不倫って気持ち悪い...|特に気持ち悪いといわれる不倫形態

不倫した旦那や妻は、ときに年齢に関係なく不倫に興じていることがあります。
 
その中でも特に気持ち悪いと思われる形態は何なのでしょうか。

気持ち悪いといわれる不倫形態(1) 年配者の不倫

若い人同士の不倫ならともかく、年齢を重ねた人同士の不倫が行われている事例があります
 
歳を重ねてもなお他の年配の人と不倫を楽しむ姿を想像すると、もう若くないのに関係を持とうとする行動自体が気持ち悪く感じるのでしょう。
 
また、「若い人の過ちなら…」と考えられる人でも、年配者の不倫は大目に見ることができないようです。

気持ち悪いといわれる不倫形態(2) 尊敬している人・上司の不倫

尊敬している人や上司に対しては、尊敬するに値するいい部分を持っていることが多いでしょう。

普段のイメージと不倫をしていたという事実とのギャップにショックを受け、気持ち悪いという気持ちを抱いてしまうことが多いようです。

年配者であることも多いでしょうから、年配者の不倫であること自体の気持ち悪さもあるのでしょう。

気持ち悪いといわれる不倫形態(3) 配偶者と自分に面識がある人同士での不倫

配偶者と友人や会社仲間、ご近所の人などの自分の知っている人と不倫していたら、不倫をされたということに加えて信頼していた人に裏切られたという二重のショックがありますよね。
 
自分の信頼している人に不倫をされていたら、その人たちのことを気持ち悪いと思ってしまうのは当然のことです。
 
気持ち悪くて二度と自分の前に姿を現さないでほしいとまで思うかもしれません。

気持ち悪いといわれる不倫形態(4) 年の差不倫

不倫の事実の中には、歳が離れた人同士で不倫を楽しんでいることもあります。
 
若い女性の判断能力の低さを利用したり、歳上であるがゆえの経済力を使って不倫する姿は、気持ち悪く見えてしまうのでしょう。

気持ち悪い不倫を知ってしまったときには

もしも誰かが気持ち悪いと思う不倫をしていると知ったとき、どんなことができるでしょうか。
 
自分にしかできないことがあるかもしれません。

気持ち悪い不倫を知ってしまったときには(1) 他人だったらやめるように促す

もしも友人などが流行などの影響で不倫をしていた場合、自分にできることとして不倫を止めるように促すことが挙げられます。
 
どのような理由であれ、不倫は世間的にも良くないことなので社会的信用の失墜が起こる前に止めるように促すことで間に合うかもしれません。
 
いくら不倫していたといっても、まだ引き返せる状況なら友人のためにも話し合ってみましょう

気持ち悪い不倫を知ってしまったときには(2) 配偶者がしていたら弁護士に相談

もしも配偶者の不倫を知った場合には、早めに弁護士に相談しましょう
 
不倫していた旦那や配偶者に対する様々な対策や、離婚するために有効的な方法など多方面で有利になるようなアドバイスを行ってくれます。
 

不倫についてお悩みなら、以下の記事もおすすめです

不倫って気持ち悪い...|気持ち悪いといわれる理由7つのまとめ

今の世の中ではドラマやニュースなどで不倫が流行しているように見えるかもしれませんが、どのような理由であれ不倫は良くないことです。
 
いずれバレる可能性がありますし、そもそもこそこそと隠れて別の人と不倫を楽しむ状況こそ気持ち悪いと思うでしょう。
 
同じ年代ならともかく、年配者同士や歳の差不倫、自分の知らないところで知り合いのあの人と不倫が行われているといった事実を知ったら嫌になってきますよね。
 
もしも自分の配偶者は不倫していた場合は、弁護士に相談して別れるための準備などを進めていきましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部