不倫相手の奥さんにばれたときの緊急対処法!こんなときどうする?

不倫相手の奥さんに不倫がバレてしまったらどうすればよいのでしょう。既婚男性の甘い誘惑に乗ってしまい、いけないとわかっていながらも不倫関係になってしまった、という女性は少なくありません。会う頻度を減らす、別れる、奥さんに謝罪する、選択肢はたくさんありますが、なるべく穏便に済ませたいですよね。今回は不倫相手の奥さんに関係がバレてしまったときの対処法と、慰謝料を請求されたときの対処法をご紹介していきます。

目次

不倫相手の奥さんにばれたとき、それが不倫している独身女性の最大のピンチ…

既婚男性との禁断の恋は、独身女性にとって未知の領域で、大人な男性の魅力に取りつかれてしまう女性も多いでしょう。
 
ですが、そんな独身女性の不倫の最大のピンチは、不倫相手の奥さんにバレてしまった時です。
 
どうすればそのピンチを乗り越えられるでしょうか。
 
不倫という人を傷つける行為をしてしまったのですから、あなた自身ノーダメージで済むことはないと覚悟しておいた方がよいでしょう。
 
奥さんはおそらく、金銭的、社会的に制裁を与えてくるはずです。

不倫相手の奥さんにばれたときにはどうすればいい?

では、不倫相手の奥さんに関係がバレてしまったときにはどうすればよいのでしょうか。
 
どんな方法であれ、早めに対処することが肝心です。

不倫相手の奥さんにばれたら(1) 不倫相手と別れる、縁を切る

不倫相手の奥さんに関係がバレてしまったら、その後どんな仕返しをされるかわかりません。
 
なるべく早く不倫相手と別れることをおすすめします。
 
中には旦那の不倫に寛大な奥さんもいらっしゃいますが、大半の女性は怒りがこみあげてくるはずです。
 
不倫相手に子どもがいる場合、奥さんが離婚を希望することは少ないので、夫のことは許しても不倫相手である女性には制裁を与えたいと考える場合もあるでしょう。
 
そうなる前に、不倫相手とは早めに縁を切ることをお勧めします。

不倫相手の奥さんにばれたら(2) 不倫相手に離婚してもらう

次はこちらが開き直って、不倫相手に離婚をしてもらうという方法です。
 
不倫をしているときは「奥さんとはそのうち別れるから」と言ってくる既婚男性も多いのですが、男性が本当にその気があるかどうかは怪しいものです。
 
離婚をするということは簡単なことではありません。
 
社会的にもばつが悪いですし、何より不倫をしていたことが周囲にバレてしまうかもしれません。
 
そんな危ない橋を男性が渡るとは思えません。
 
本当に相手の奥さんとうまくいっていない場合もありますが、この方法はかなり厳しい選択肢だと言えるでしょう。

不倫相手の奥さんにばれたら(3) そのまま関係を続ける?

不倫相手の奥さんにバレたなら、次からはバレないようにすればいい、そう考える女性も多いかと思いますが、賢明な判断とはいえません。
 
不倫をされた奥さんは、自分の家庭、子どもを守るためにどんな手でも使ってきます。
 
探偵を使ってあなたを尾行するかもしれませんし、既に証拠を掴まれている場合には慰謝料も要求してくることも考えられます。
 
その場合、50万~200万円程度の慰謝料が請求できる可能性がありますので、バレてしまってからの関係継続はリスクがありすぎます。

不倫相手の奥さんにばれた場合の慰謝料請求

不倫相手の奥さんに不倫関係がバレてしまったら即刻別れるべきですが、仮に別れたとしても慰謝料を請求されることはあるのでしょうか。

不倫相手の奥さんにばれた場合の慰謝料請求(1) 性交渉の証拠があれば請求が認めれる可能性がある

不倫の慰謝料を請求するには、法的に有効な証拠を持っているかどうかがカギになります
 
相手の奥さんが探偵を雇って証拠を掴んでいるような場合は、慰謝料請求してくる可能性は十分にあります。
 
バレたからといって即座に別れたとしても、必ずしも無傷で済むわけではありません。不倫をするということは、そういったことも起こり得るということです。

不倫相手の奥さんにばれた場合の慰謝料請求(2) 不貞行為の慰謝料の相場は?

では不倫の不貞行為を犯したときの慰謝料の相場とは一体いくらぐらいなのでしょうか。
 
一般的には50万~200万円程度といわれていますが、なぜこんなに金額に開きがあるのでしょう。
 
それは、あなたとの不倫によって夫婦関係が破綻し、離婚に至ってしまったかどうかが関わっています。
 
不倫関係を解消し、夫婦関係の再構築を目的とするなら50万円程度で収まるかもしれませんが、再構築が望めず、離婚に至ってしまったとしたら、その額は最大で200万円程度にもなることが考えられます。

不倫相手の奥さんの怒りを抑えることが必要

不倫がバレてしまったら、まずは不倫相手の奥さんの怒りを抑えることが慰謝料請求回避のポイントになりますが、怒りを抑えるのはかなり難しいと考えた方がよいでしょう。
 
少しでも不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法はないのでしょうか。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法(1) 直接謝りに行く

怒りを抑えるには誠心誠意謝罪するしかありませんが、謝罪の方法にもいくつかあります。
 
まずは直接謝りに行くという方法です。
 
誠意は伝わるかもしれませんが、不倫相手の女性の顔など見たくないという人も多いでしょう。
 
謝罪に行ったはずが、逆に火に油を注ぐことにもなりかねません。
 
また、不倫相手の奥さんから呼び出されるケースもありますが、何を考えているのかわかりませんので、会いに行くときは慎重になることが必要です。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法(2) 電話で謝罪する

直接会うのはお互い冷静でいられないかもしれないので、電話で謝罪する方法もあります。
 
顔を合わさないので少しは落ち着いて誠意を示すことができますし、メールや手紙よりは気持ちが伝わるかもしれません。
 
ですが、電話中の無言の時間ほど程気まずいものはありません。もしくは電話越しに怒鳴られることもあるかもしれません。
 
そんな状況でも逃げずに、電話を切るまで誠意を見せ続けることが大切です。
 
電話内容を録音される可能性もあるので、電話をする際は慎重になりましょう。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法(3) メール、手紙で謝罪する

会うのも怖い、電話で声を聴くのも嫌、そんな時はメールや手紙で謝罪するとよいでしょう。
 
直接会って話すより気持ちは伝わりにくいかもしれませんが、こちらの言いたいことを一気に伝えることができ、奥さんのお怒りの言葉を聞かずに済みます。
 
ですが気を付けなければならないこともあります。
 
メールや手紙はそのまま証拠として残りますので、今後一切会いませんと書き記したにも関わらず不倫相手と逢瀬を重ねていた場合、動かぬ証拠となってしまい、即座に慰謝料を請求されてしまうことになりかねませんので、メールで約束した内容は必ず守るようにしましょう。

不倫相手の奥さんにばれたとき、すぐに対処しないと手遅れになる?

不倫相手の奥さんに関係がバレてしまって、どうしようと悩んでいる暇はありません。
 
早く対処していかないと手遅れになってしまいます。社会的制裁を与えられる前に、早めに行動に移さなければなりません。

不倫相手の奥さんにばれてしまったのであれば、弁護士に相談してみる

不倫相手の奥さんが慰謝料請求の準備をしている可能性もありますので、不倫がバレてしまったら一度弁護士に相談してみましょう。
 
万が一、内容証明や裁判所からの呼び出しがあっても即座に対応してくれます
 
また、奥さんが弁護士をたてている場合、素人が相手では勝ち目がなく、奥さんの要求通りに事が進んでしまうでしょう。
 
さらに、奥さんの持っている証拠によっては慰謝料が減額できるかもしれません。
 
弁護士に相談しておけば、金額をゼロにすることは難しいですが、なるべくダメージが少なくて済むように交渉してくれるはずです。

弁護士に相談する

不倫相手とうまくいくことはほとんどありません

既婚男性にどんな甘い言葉を言われて不倫関係に至ったかはわかりませんが、不倫関係から発展して結婚できるケースはほとんどありません。
 
むしろ既婚男性はただの遊びだとしか思っていない場合がほとんどです。
 
この記事を読んでいる人の中でまだ不倫がバレていないという人は、一刻も早く不倫相手との関係を終わらせることをおすすめします。

不倫相手の奥さんのことでお悩みの方はこちらの記事もおすすめ

不倫相手の奥さんにばれたときの緊急対処法!こんなときどうする?のまとめ

 
最初から不倫相手の奥さんにばれてしまったときのことを考えて不倫をする人なんていませんが、奥さんにバレてしまうと金銭的にも社会的にも制裁を与えられてしまいます。
 
不倫をしてしまったことを悔やんでも遅いので、まだ奥さんにバレていない人は早めに別れを決意されることをおすすめします。
 
また、不倫が不倫相手の奥さんにバレてしまった人は、慰謝料を請求されている、いないに関わらず、一度弁護士に相談しておくとよいでしょう
 
早めに手を打ったかかどうかが、その後の人生を左右するかもしれません。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部