世界の離婚率ってどれくらい?|世界の9つの国と日本との比較

世界の離婚率はどれくらいなのでしょうか。今回は世界の離婚率と日本の離婚率について、比較しながらみていきたいと思います。

目次

世界の離婚率ってどれくらいなの?

では、世界の離婚率はどのくらいなのでしょうか。
 
離婚率は1000人あたり人口で何人が離婚をするかという形で求められます
 
日本の離婚率は、1000人あたり2人です。これが世界59位となっています。
 
日本の離婚率は世界ランキング59位なのです。
 
昨今、日本の離婚率は高い位置で推移しています。
 
そのため、世界でも比較的高い離婚率となってしまいました。
 
では、離婚率ランキングで日本の上に位置する国はどこなのでしょうか。
 
世界の離婚率についてみていきましょう。

離婚率と世界は関係あるの?

以下では9つの国の離婚率をみていきたいと思います。
 
それぞれ離婚率ランキングでどの位置にあるのでしょうか。

離婚率と世界(1) アメリカの離婚率

アメリカの離婚率が高いことはよく知られているでしょう。
 
アメリカでは2組のうち1組が離婚するとまでいわれています。
 
そんなアメリカの離婚率は、1000人あたり3.7人であり、離婚率ランキングでは世界14位となっています。
 
アメリカは日本の2倍近い離婚率なのです。

離婚率と世界(2) 英国の離婚率

紳士の国イギリスの離婚率は、1000人あたり2.45人で、離婚率ランキング世界37位です。
 
やはり日本よりも離婚率が高くなっています。
 
イギリスには伝統的に個人を尊重する個人主義の考え方が根付いています。
 
これが、個人の幸せを追求する気持ちとなり、合わない相手とはすぐに離婚することに繋がっているのかもしれません。

離婚率と世界(3) フランスの離婚率

華やかな文化で知られるフランスの離婚率は1000人あたり2.21人で、離婚率ランキングでは世界47位となっています。
 
恋に自由なイメージのあるフランスですが、離婚率は日本よりも少し高い程度にとどまっています。
 
ヨーロッパは女性の社会進出が進んでいるため、それらも離婚率の高さと関係しています。

離婚率と世界(4) ロシアの離婚率

広大なり領土を持つロシアの離婚率は1000人あたり4.82人で、離婚率ランキングでは堂々の世界5位です。
 
なんとロシアの離婚率はアメリカよりもかなり高いのです。
 
ロシアでは、ソ連の崩壊後、失業率が高い時代が続いており、それが高い離婚率に結び付いています。
 
失業状態を抜け出せず、アルコール依存症に陥るなどし、離婚する夫婦が多いのです。

離婚率と世界(5) 中国の離婚率

昨今、経済発展が著しい中国の離婚率は1000人あたり2.54人で、ランキングでは世界32位です。
 
経済発展に伴い、個人主義の考え方が強くなり、また、核家族化が進んだことが高い離婚率の原因です。
 
中国では、ここ数年で離婚率が実に3倍にまで伸びているのです。

離婚率と世界(6) カナダの離婚率

カナダの離婚率は1000人あたり2.18人で、離婚率ランキングでは世界49位です。
 
アメリカと陸続きにありながらも、アメリカよりは離婚率が比較的低い形で推移しているようです。
 
しかし、先進国はどこも離婚率が高くなる傾向があり、カナダもその例外ではありません。

離婚率と世界(7) イスラエルの離婚率

中東の国であるイスラエルの離婚率は1000人あたり1.91人で、ランキングでは世界64位となっています。
 
イスラエルでは、ユダヤ教・イスラム教が広く信仰されていますが、日本とほとんど変わらずそれなりに高い離婚率となっています。

離婚率と世界(8) オーストラリアの離婚率

大きな島国であり、独自の生態系を持つオーストラリアの離婚率は1000人あたり2.5人でランキング34位となっています。
 
やはり先進国における離婚率は比較的高いという例から漏れておりません。

離婚率と世界(9) ドイツの離婚率

ドイツの離婚率は1000人あたり2.32人で、離婚率ランキングでは世界43位となっています。
 
工業等で知名度のあるドイツですが、離婚率は日本よりも高くなっています。
 
ヨーロッパは海外の中でも離婚率が高い位置で推移している国が多いのです。

世界の離婚率と日本の離婚率の比較

ここからは日本の離婚率と世界の離婚率を比較してみましょう。
 
特に著名な国との比較をすることで、日本の離婚率の高さについて考えるきっかけとなるでしょう。 

世界の離婚率と日本の離婚率の比較(1) 日本より高い国の例

日本は世界ランキングで59位であるため、離婚率は世界の中でも高い位置で推移している国といえます。
 
アメリカ、中国、フランス、ドイツ、イギリス、カナダ等の著名な先進国はいずれも日本よりも高い離婚率です。
 
日本は先進国の中では離婚率は高いほうではありません。

世界の離婚率と日本の離婚率の比較(2) 日本よりも低い国

日本よりも離婚率が低い国としては、スペイン、シンガポール、トルコ、イスラエル、ブラジル等が挙げられます。
 
先進国になればなるほど、離婚率は高くなっていく傾向にあるといえます

離婚でお悩みなら?

日本において、もはや離婚は他人事ではありません
 
離婚でお悩みの方は、是非とも弁護士に相談してみてください。

弁護士に相談する

昨今は世界的に離婚が増えてきています。
 
そのため、離婚をお考えの方がいましたら、早い段階で一度弁護士に相談することをお勧めいたします。
 
そうすることで、慰謝料、財産分与、養育費の取り決め等の離婚に関する様々な点について、自分に有利な形で離婚をすることができます。

世界の離婚率ってどれくらい?|世界の9つの国と日本の比較のまとめ

以上のように、日本の離婚率は先進国の中では低い方ですが、世界的にみると高い位置で推移しています
 
今後、日本の離婚率はアメリカやロシアなどの海外の離婚率よりも高くなっていくかもしれません。
 
離婚はもはや誰にでも起こり得ることなのです。
 
離婚でお悩みの方は、早い段階で弁護士に相談し、有利な形での離婚を目指すことをお勧めいたします
 
現代においては、一人ひとりの幸せがあってこそ、夫婦の幸せがあるのです。
 

夫婦の幸せは、個人の幸せの上に成り立つものなのです

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部