不倫に依存してしまう|不倫への依存の理由と不倫から抜け出す方法

不倫に依存してしまうのは、なぜなのでしょうか?不倫に依存してしまう理由と、不倫への依存から抜け出すための方法についてご紹介します。不倫依存症かも…という自覚のある方は必見です!

目次

どうして不倫に依存する?

不倫は社会的に許されない行為…。 

十分頭ではわかっているのに、好きになる人はいつも既婚者で、結果的に不倫してしまっている人。
 
一方で、人のものを奪うことに快感を覚えて、既婚者しかターゲットにしない人。
 
どちらも不倫依存症かもしれません。
 
でも、このままでいいと思っている人は少なく、抜け出す方法を探している人も多いのではないでしょうか。
 

ここでは、不倫に依存してしまう理由と、不倫への依存からどうしたら抜け出せるのか、その方法についてご紹介します。

不倫に依存してしまう理由

許されないことだとわかっているのに不倫ばかりしてしまう…不倫に依存する理由には、どんなものがあるのでしょうか?

不倫に依存する理由(1) 不倫生活が心地よすぎる

配偶者以外の異性からちやほやされたい、配偶者以外の異性と一緒にいる方が居心地がいい…という場合、不倫に依存してしまう傾向が高いようです。
 
家庭の他にも居場所があって、選択の余地があることが病みつきになり、不倫に依存してしまうのです。

不倫に依存する理由(2) 家庭中心の生活になりたくない

家庭に入るのに向いているタイプの方と、家庭に入るのに向いていないタイプの方人がいるのが事実です。
 
前者のタイプだとは、家庭に尽くし、家庭を充実させることが生きがいになります。
 
後者のタイプだと、家庭が中心で他で力を発揮できないと、生きがいを感じられません
 
家庭中心の生活になることが恐くて不倫に依存している人もいるのです。

不倫に依存する理由(3) 不倫生活を絶対に失いたくない

不倫相手への執着が強く、異性として配偶者よりも心を寄せている場合、不倫生活を失うことに恐怖すら覚えます。
 
不倫相手と一緒にいられる時間を奪われたくないという気持ちが強いと、不倫がメインになって、不倫依存症のようになってしまうのです。

不倫に依存する理由(4) 家庭にいづらい

既婚者が不倫に依存する理由として最も多いのではないかと考えられるのが、家庭での居場所がないことです。
 
人間なら誰でも、誰かに必要とされたいという欲求を持っています。
 
ところが、この欲求が家庭で満たされない場合、家庭外で不倫することに依存してしまうようになるのです。

不倫に依存する理由(5) 不倫の快楽が忘れられない

不倫は、バレたら終わり、バレたら大変、という気持ちがあってすることが多いものです。
 
この「してはいけないことしている」という背徳感が不倫に依存させてしまう大きな要因でもあります。
 
罪悪感ゆえに依存してしまうこともあるということです。

不倫の依存から抜け出すためにできること

不倫への依存から抜け出して、新たな人生を歩むためには、どんなことが必要なのでしょうか。

不倫の依存から抜け出すために(1) 勇気を出して不倫相手と別れる

これが最もシンプルな方法ですが、不倫相手と別れることです。
 
簡単に別れることができれば、そもそも依存していないはずなので、別れるためには強い決心が必要でしょう。
 
しかし、不倫相手と別れることは、不倫依存症から抜け出すための第一歩です。

不倫の依存から抜け出すために(2) 家庭にいづらい原因を明確にする

家庭にいづらいから不倫に依存してしまっている…という場合、家庭にいづらいその原因を明確にしましょう。
 
家にいづらい原因が判明したら、あとはその原因をなくしていけばよいのです。

不倫の依存から抜け出すために(3) 不倫以外に依存できるものを見つける

依存症というものは、お酒でもたばこでも、自分の中にある問題を他のことに熱中することで忘れようとしていることから起こるものです。
 
どうせ依存するなら、不倫ではなく、仕事や趣味などに依存してみるのです。
 
不倫ではなく、実益につながることに夢中になることができれば、不倫への依存からも抜け出すことができるでしょう。

不倫への依存で悩んでるなら

不倫への依存を本気でなんとかしたい、本気で抜け出したい場合、以下のような方法があります。

心理カウンセラーに相談する

そもそも何かに依存しなければ生きていけないという精神状態は、健康だとはいえません。
 
不倫に依存してしまう背景には、あなたの心の問題が隠れている可能性もあります。
 
心療内科や個人経営の心理カウンセラーなど、心の専門家に診てもらうことも選択肢にいれておきましょう。

親や友人に相談する

不倫は許されない行為ですから、簡単に誰にでも相談してよいものではありません。
 
相談する場合は、家族や友人など、信頼できる人に相談することをおすすめします。
 
依存したくない、不倫への依存から抜け出したいというあなたの気持ちを理解してくれるかもしれません。

弁護士に相談

家族や友人は、あなたの話を熱心にきいてくれるかもしれません。
 
でも、中には家族と仲が悪かったり、家族には相談できない事情がある人もいるでしょう。
 
そのような場合、特に離婚を考えているなら弁護士に相談することをおすすめします。
 
あなたの気持ちを汲んで、あなたに少しでも不利益がふりかからないように動いてくれるでしょう。

不倫に依存してしまう|不倫への依存の理由と不倫から抜け出す方法のまとめ

不倫への依存は、強い気持ちと周囲の人の協力がなければ、簡単に抜け出すことは難しいものです。 

「不倫体質」ということばがありますが、不倫に依存する人にはそれなりの理由があるのです。
 
もしもあなたが本気で不倫への依存から抜け出したい場合、信頼できる家族や、弁護士に相談しましょう。
 
あなたがこれから先、不倫によって不幸にならないために、そして不倫依存から抜け出すために協力してくれるはずです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部