お見合い結婚は離婚しやすい?|お見合い結婚のメリット・デメリット

お見合い結婚は離婚しやすい?お見合い結婚のメリットとデメリットから、お見合い結婚をした夫婦が離婚したいと考えやすいのか否かなど、「お見合い離婚」についてみていきましょう。 

目次

お見合い結婚は離婚のリスクが高いの?

 
近年はお見合い結婚を経て離婚することを「お見合い離婚」と表現する言葉も生まれてきているようです。
 
結婚に至る過程も離婚も、お見合い結婚と通常の恋愛結婚では様々な違いがあります
 
それらの違いにはメリットもある反面、デメリットもあります。
 
それらの差異は、離婚のしやすさに繋がるものなのでしょうか?
 
お見合い結婚の離婚率が高いものか否かは、お見合い結婚にある特徴を見ていくことでわかります
 
以下では、お見合い結婚にあるメリットとデメリットをご紹介いたします。

お見合い結婚で離婚!|お見合い結婚のメリット

お見合い結婚にはどのようなメリットがあるのでしょうか
 
まずはメリットの面からお見合い結婚の特徴を知りましょう。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のメリット(1) 大勢の中から候補を選べる

お見合い結婚のメリットとしては、多くの相手の中から結婚相手を選ぶことができるという点が挙げられます。
 
お見合いに臨む男女は、結婚願望を望んでいるので、お互いに結婚を前提に相手を選んでいくことができます
 
数多くの人とチャンスを持つことができるのは、恋愛結婚にはないメリットでしょう。
 
多くの人と会えば会うほど、自分に合った相手が見つかる可能性も高くなります

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のメリット(2) 家族などにも相談しやすい

お見合い結婚では、家族に相談しながら結婚を目指していくことができるのもメリットです。
 
自分一人で恋愛をしていると、ついつい盲目になってしまいます。
 
しかし、周囲の協力を得て進めてくことができるお見合い結婚は、本当に自分に合う相手を見つけ出しやすくなるでしょう。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のメリット(3) 出自がしっかり分かる

お見合い結婚では、相手の出自がしっかりとわかる点もメリットです。
 
相手の出自等を把握したうえで恋愛や結婚に臨むことができるのは、効率的であり、大きなメリットです。
 
後々になって相手の出自等を理由としてトラブルとなるリスクを低くすることができます。

お見合い結婚で離婚!|お見合い結婚のデメリット

次に、お見合い結婚のデメリットを見ていきます。
 
これらのデメリットがお見合い結婚の失敗や後悔に繋がることが多いものです。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のデメリット(1) 付き合う期間が短い

お見合い結婚では付き合う期間が短くなりがちです
 
そのため、お互いの様々な側面を見せ合うことなく、結婚してしまうことがあります。
 
結婚後に相手の許しがたい部分を見つけてしまう等して、お見合い結婚は失敗だったと後悔し、離婚したいと考えるようになるのです。
 
相手を知る期間が短いのはお見合い結婚のデメリットです。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のデメリット(2) 結婚ありきのお付き合い

お見合い結婚では、当然ながら結婚前提ででお付き合いをすることになります。
 
そうすると、結婚願望があるゆえに相手に対して良いところだけを見せようとしてしまい、付き合いが気楽なものでなくなります。
 
本来の自分を見せることのできないお付き合いは苦しいもので、これもお見合い結婚にあるデメリットです。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のデメリット(3) 断りづらい

お見合い結婚では、相手からの付き合いの申し込みを断りにくいことがあります。
 
特に親類などに紹介された相手の場合、より断りにくいでしょう。
 
付き合いを継続し、後戻りができずに結婚することがあります。
 
そのようにして結婚すると、当然ながら後悔し、結婚は失敗だったと考え、離婚したいと考えるようにあります。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のデメリット(4) 親の影響が大きい

お見合い相手は両親や親類によって選ばれることがあります。
 
このように結婚相手を選ぶときに両親の影響が強く出てしまうという点もお見合い結婚のデメリットです。
 
結婚する相手と過ごすのは自分であるため、結婚相手は自分の素直な気持ちで選ばないと、最終的に後悔し、結婚が失敗となります。

お見合い結婚で離婚|お見合い結婚のデメリット(5) ドキドキが少ない

お見合い結婚では、結婚に至る過程で通常の恋愛結婚よりもドキドキする場面が少ないことがあります

こういった恋の起爆剤がない点もお見合い結婚のデメリットです。

若いころのドキドキした思い出は夫婦の結婚生活を潤わせてくれます。

それがないまま結婚することがあるお見合い結婚では、最終的に後悔と失敗の念に苛まれ、離婚したいと考えてしまうことがあります。

恋愛結婚とお見合い結婚の違い

こちらではお見合い結婚と恋愛結婚の違いを見ていきましょう。
 
両者の差異からも、お見合い結婚が離婚に至るリスクの高さを見極めることができます。

恋愛結婚とお見合い結婚の違い(1) 出会った環境

お見合い結婚では、はじめから両者が結婚を前提に付き合い始めますが、恋愛結婚では学校や職場で偶然に知り合い、そこからゆっくりと恋愛関係になっていくことができます

この出会った環境の違いは両者の大きな差異です。

ゆっくりと相手を知り、結婚した夫婦は、結婚までの過程に後悔することが少なく、結婚生活を失敗させるリスクも低くなります。

恋愛結婚とお見合い結婚の違い(2) 自由度

恋愛結婚では基本的に当事者二人の自由な気持ちで恋愛を行い、結婚を決めることができます
 
その反面、お見合い結婚では、結婚に至る過程に親心等が複雑に絡んできます。
 
それにより、お見合い結婚では100%自分の意思で結婚を決めることができない場合も多く、 結婚後に後悔したり、結婚自体が失敗だったと考えやすくなります。

お見合い結婚の離婚リスクについて

では、最後に実際のデータからお見合い結婚は離婚するリスクが高いのか否かを見てみましょう。

 お見合い結婚の離婚率と恋愛結婚の離婚率|お見合い結婚は離婚率が高くない!

全国仲人連合会の追跡調査によると、恋愛結婚の離婚率は40%になるのに対し、お見合い結婚の離婚率は10%です。

そうなのです、お見合い結婚の方が離婚率は低いのです。

お見合い結婚の離婚率が低いのは、お見合い結婚では最初から両者が結婚に対して現実的に向かい合っているからです。

お見合い結婚の離婚リスクは結局、自分次第

前述したように、お見合い結婚には離婚に繋がるリスクのある特徴が確かに存在します。

しかしながら、それらのリスクとどう向き合っていくかは、結局のところ結婚した二人にかかっています

しっかりと相手を見定めて結婚した夫婦であれば、結婚の過程がお見合い結婚であろうが恋愛結婚であろうが、幸福な夫婦生活を続けていくことができるのです。

お見合い結婚で離婚したい!

ただし、お見合い結婚にある特徴から、結婚を後悔し、失敗したと感じ、離婚を望む人も一定数います。
 
離婚するためには、誰に相談すると良いのでしょうか

お見合い結婚で離婚したい|弁護士に相談する

お見合い結婚を後悔し、結婚を失敗と感じている方はまずは弁護士に相談しましょう。

離婚に際しては、財産分与、親権、養育権、慰謝料の取り決め等の様々なことを決める必要があります。

それらでは往々にして揉めるので、早い段階で弁護士に相談しておくことで自分に不利な形での離婚を避けることができます

お見合い結婚は離婚しやすい?|お見合い結婚のメリット・デメリットのまとめ

以上のようにお見合い結婚にはメリットが存在する反面、デメリットも存在します
 
しかし、これらのデメリットが離婚に結び付くか否かは、最終的に結婚した二人にかかっています。
 
お見合い結婚だからといって一概に離婚率が高いということはありません。
 
しかし、お見合い結婚を後悔し、結婚生活が失敗したと感じる方もいるでしょう。
 
そのような方は、早い段階で弁護士に相談し、離婚について実質的なアドバイスを受けることをお勧めいたします

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部