嫁が嫌いで離婚したい|嫁が嫌いで離婚したいのに離婚できない人へ

嫁が嫌いで離婚したい、と考えている男性は世の中にたくさんいます。しかし、事情があり「できない」と悩んでいる方も多いですよね。そもそも、どうして嫁が嫌いで離婚したいのか?まずはその理由を考えてください。妻の何が嫌なのか、そして自分の気持ちを整理することから始めましょう。

目次

子供のことを考えると…|嫁と離婚したいけどできないという夫は大勢いる

「嫁が嫌いで離婚したいけれど、理由があってできない…」という男性は多いですが、周囲に相談しにくく、一人で悩んでいることが多いのではないでしょうか。
 
妻にはもちろん、妻の家族や知り合いにも相談しにくいですし、解決策が見つからないですよね。
 
まずは、嫁が嫌いな理由・離婚したいと思っている理由を考えてみてください。
 
また嫁が嫌いで離婚したいけど、できない理由を踏まえ、この記事を参考に解決策を探っていきましょう

嫁が嫌い、離婚したいと思ってしまう理由とは?

嫁が嫌いで離婚したいのは一体どんな理由があるからですか?妻のことを考えながら、その理由を見つめてみましょう。 

嫁が嫌い、離婚したい理由(1) 見た目が変わってしまった

嫁が嫌いで離婚したい理由の多くに、太った、見た目に気を使わなくなったなどの意見があります。
 
結婚当時は若くて美しかった妻が、今では歳を取ってしまい身だしなみにも気を使わなくなってしまった。
 
そんな妻の姿をみて幻滅し、妻が嫌いで離婚したいと考える夫は決して少なくありません。

嫁が嫌い、離婚したい理由(2) 金銭感覚の違い

金銭感覚の違いが理由で嫁が嫌いになり、離婚したいという夫も多くいます。
 
たとえば妻が高価なものをすぐに買う、夫が稼いできた収入を妻が使いすぎるなどです。
 
金銭感覚の違いは夫婦として大きな壁ですが、妻の金銭感覚が常識外れだと、夫としては手の付けようがなく、つい離婚を考えてしまうでしょう。

嫁が嫌い、離婚したい理由(3) 子育てに対する意見の食い違い

夫婦にとって子育てに対する考え方は大切ですが、意見が食い違うと嫁が嫌いになり離婚したいと考えることもあるでしょう。
 
妻と夫で子育ては行うものですが、子育てについて十分な話ができていないと、気持ちもすれ違ってしまいがち
 
妻の意見と夫の意見をどちらも取り入れるべきですが、妻が一方的だと、夫は嫁が嫌いで離婚したいと考えてしまうものです。

嫁が嫌い、離婚したい理由(4) 見栄っ張り 

嫁が嫌いで離婚したい理由に、妻が見栄っ張りだからということも多いでしょう。
 
ママ友などに見栄を張るために妻が高価なブランド品を買ったり、妻が他の夫と比べるなどすると、男としては疲れてしまいます。
 
そんな妻に付き合いきれず、嫁が嫌いになり離婚したい夫もたくさんいます。

嫁が嫌い、離婚したい理由(5) 性格がきつい、モラハラ

「性格がきついから」「モラハラがあるから」という理由で嫁が嫌いになり離婚したい夫もいるのではないでしょうか。
 
モラハラは夫から妻へのものだけではなく、妻から夫にされることもよくあります
 
特に優しい男性ほど妻に尽くすので、妻が勘違いしてしまうと、そのわがままがエスカレートしてしまうケースも考えられます。

嫁が嫌いという理由だけで離婚はできるの?

嫁が嫌いで離婚したい。しかし、嫁が嫌いというだけで離婚したい気持ちは認められるものなのでしょうか?

嫁が嫌いで離婚できる?(1) 嫌いという理由だけでは離婚は認められないかも

離婚は、夫と妻二人の同意がなければ認められません
 
お互いに離婚の同意が取れれば離婚ができますが、夫が「嫁が嫌いで離婚したい」というだけの理由であれば、離婚は認めらないかもしれません。
 
いくらあなたが嫁が嫌いで離婚したいと思っていても、協議で離婚するためには妻の同意が必要なのです。

嫁が嫌いで離婚できる?(2) モラハラやDVがあれば離婚は認められることがある

同意がなくても、妻の落ち度があり、一定の離婚事由が認められれば、離婚請求が認められます。
 
そのため、モラハラやDVが理由で嫁が嫌いになり離婚したいのであれば、離婚できる可能性が高くなります。
 
その際には、妻のモラハラやDVが分かる証拠を取っておくことが大切です。
 
妻の音声や日記のデータだけでも後々役立つので、今のうちから取っておきましょう。

嫁が嫌いで離婚できる?(3) 他にも離婚事由があれば離婚請求が認められることも

その他にも、民法770条1項で定められた離婚事由があれば離婚請求が認められることもあります。
 
嫁嫌いで離婚したいのなら、まずはその理由が認められる事案なのかどうかを調べてみましょう
 
妻の言動や嫁が嫌いで離婚したい理由をまとめ、専門家に相談すると、分からないことも聞けるのでおすすめです。

嫁が嫌いでも離婚できない理由


あなたがどんなに嫁が嫌いで離婚したいと思っていても、離婚できない理由があると離婚するのは難しいものです。

嫁が嫌いでも離婚できない理由(1) 世間体の問題

嫁が嫌いで離婚したいと思っていても、世間体を気にして離婚できないという人は多くいます。

身内だけでなく近所付き合い、会社での目線などが理由でなかなか離婚に踏み込めないことはよくあるケースです。

嫁が嫌いでも離婚できない理由(2) 家事をしてもらっているから

嫁が嫌いでも離婚できない理由として、普段から妻に家事をしてもらっているから、という夫もいるのでは。

嫌いなところもあるけれど、妻に家事をしてもらっているという感謝の気持ちはある…などの場合、気持ちは複雑ですよね。

嫁が嫌いでも離婚できない理由(3) 共働きだから

妻も働いており家計を支えてくれている場合、嫁が嫌いで離婚したいと思っていても、経済的な理由で離婚できないこともあるかもしれませんね。

共働きの場合は、なかなか離婚に踏み込めないのでは。

嫁が嫌いでも離婚できない理由(4) 子供

嫁が嫌いでも離婚できない理由として多いのが、子供の存在です。

妻への気持ちがなくても、子供のことは大切で、子供を思うと離婚を決断できないものです。

次でさらに詳しく考えていきましょう。

嫁が嫌いでも離婚できない…一番の悩みどころは子供

多くの場合、嫁が嫌いでも離婚できないのは、子供が理由です。一番の悩みどころである子供の存在、どう解決するのがベスト?

子供とは離れたくない|夫は親権は取れるの?

妻と離婚した場合、夫は親権を取ることはできますが、難しいのが現状です。
 
普段の子育ての実績や費やしている時間などから判断されるため、残念ながら母親が取ることがほとんどです。
 

親権を取られたとしても子供に会える?

妻と離婚をし、子供の親権を妻が持ったとしても、子供に会うのは親の権利として認められます
 
その際の具体的内容は妻と夫の話し合いで決めることになります。
 
ただし、子の福祉の観点から認められない場合があるので注意が必要
 
「嫁が嫌いで離婚したいけれど、子供に会えなくなるのは辛い」と考えている男性は多いものです。

子供に悪影響が出ないかどうか

あなたが嫁嫌いで離婚したいと思っていても、子供にとっては大切な両親です。
 
離婚は子供にとっても大きな出来事
 
夫と妻の勝手な都合で離婚をした後、子供にはどんな影響があるのかもきちんと考えてみてください。
 
どんな理由があったとしても、子供には離婚の責任はありません。 

嫁が嫌いで離婚したいなら…

それでもやっぱり、嫁が嫌いで離婚したい。と思っているのなら、本格的に動き出しましょう。

弁護士に相談することをおすすめします

嫁が嫌いで離婚したい気持ちが固まったのなら、まずは弁護士に相談してみましょう。
 
法律を知らないことにより不利な合意をしてしまうことを避けられます。
 
また、各手続きの代理人となってくれるため、時間や手間が節約できるのも大きなメリットです。
 
自分有利に離婚話を進めたいのなら、弁護士の力は必要不可欠です。

嫁が嫌いで離婚したいと思っている人はこちらの記事もおすすめ

嫁が嫌いで離婚したい|嫁が嫌いで離婚したいのに離婚できない人へのまとめ

嫁が嫌いで離婚したい人は、どうして妻のことが嫌いで離婚したいのか、その理由をもう一度考えてみてください。
 
解決策があるのなら、やり直してみるのも一つの手段です。
 
また、嫁が嫌いで離婚したいけれどできない理由があるのなら、ひとつずつ問題を解決していくのが一番
 
離婚については法的な部分も多くあるので、弁護士への相談が問題解決への鍵を握ります
 
妻のことが嫌いで苦しんでいるのなら、まずは無料相談をして自分の気持ちを整理してみましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部