離婚を考えるときは男性と女性でこんなにも違う!?夫婦が離婚を決意する10の瞬間!

離婚を考える時ってどんな時ですか?妻が、夫が、ある日突然離婚話を持ち出して来たけれど、相手が考えている離婚の理由が自分にはさっぱり理解できない。相手が言っている事はわかるけれど、そのどこが離婚にまで進展する事になるんだろう?異性間ではお互いの気持ちがわからない事もあります。相手がどんな理由で離婚を考えるのか、女性と男性の離婚を考える時を知る事で理解できるかも知れませんね。

目次

夫婦が離婚を決意する10の瞬間!

037


世の中には幸せそうに見えていたのに離婚してしまう夫婦もいれば、他の人が耐えられないような辛い事があっても離婚せずずっと添い遂げる夫婦もいます。

当事者が忍耐強いだけでなく、周りから見えている夫婦の関係と本当の夫婦関係は違うのかも知れませんね。

離婚をした夫婦の離婚理由を知る事で、離婚を考える時はどのようなタイミング・理由なのかが見えてきます。

妻側の理由と夫側の理由をまとめてみましたので、離婚を考える人への判断の参考にしていただければ幸いです。

離婚問題は当事者だけでは手に負えないということも多々あります。

もし離婚をよりスムーズに、自分が損をしないように離婚したいという場合には離婚問題に強い弁護士への相談が必要となります。

妻が離婚を考えるとき

021
 

女性と男性の離婚を考える時にはどのような違いが出てくるのでしょうか。

まずは、妻が離婚を考える時を見ていきいたと思います。

妻が離婚を考えるとき(1)性格の不一致

何と言っても離婚の理由の一番は、昔も今も「性格の不一致」です。

これと言ってハッキリと相手に落ち度が無い場合、それでもなんとなく相手と一緒にいられないと思ってしまうのがすべてこの性格の不一致に当たるからです。

恋愛中は楽しい事に隠れて見えなかった相手の嫌な部分が見えて来たという事もあります。

特に女性が性格の不一致を感じるのは子供が出来てからが多くなっています。

女としての感情よりも母性が上回り、育児に対する意見が夫と食い違った時に離婚を考える人が多いのです。

妻が離婚を考えるとき(2)家庭内暴力

男性でも口が達者な人もいますが、多くの男性は「男は黙って……」というタイプの人が多いようです。

言いたい事も言えず、ストレスが貯まると暴力に訴えて自分の意志を通そうとする男性も多いようです。

言葉では女性に勝てないからというのはいいわけで、どんな場合でも暴力は許される事ではありません。

妻が離婚を考える時に暴力を振るわれた時があがっているのもうなづけます。

一度でも暴力をふるわれたら、また暴力をふるわれるのではないかと思ってしまい、何もない生活でもおどおどと暮らさなくてはいけなくなってしまいますね。

妻が離婚を考えるとき(3)家庭を顧みない

妻は家事があるので、なかなか家から出る事が出来ません。

男性は外で仕事をしているので、家庭に嫌な事があると妻が居ない家庭の外に逃げようとします。

時には一人になってストレスを発散させたい事もあるでしょうが、それが度を越すと「家庭を顧みない」と思われ、妻が離婚を考えるようになってしまいます。

女性も息抜きに外出する事もあるでしょうが、男性ほど頻繁に外で息抜きをする事も出来ません

そんな時、同じ夫婦なのにという男女差を感じて、強い不満を抱いてしまう事になるのですね。

妻が離婚を考えるとき(4)不倫

妻側の不倫も問題になる事がありますが、それでもまだ数は男性の比ではありません。

男性は仕事と称して外で自由に出来る時間が多く取れるのも、このような男性側に不貞行為が増えてしまう原因のひとつなのではないでしょうか。

配偶者の不倫は、男女関係なく「バカにされた」「自分というものがありながら」と強い憤りを感じます。

離婚を考える時として、不倫は決定的なきっかけになります。

妻が離婚を考えるとき(5)浪費癖

釣りや自動車と行ったお金のかかる趣味、ギャンブルにハマってしまうなど、男性側の浪費癖の話を耳にします。

収入に見合ったお小遣いの範囲で趣味やギャンブルをする事はかまいませんが、家計に影響してしまうような浪費癖は、生きていくのにも困ってしまいますね。

夫が家計に入れる金額が減れば、妻の負担が増える事になります

これなら自分ひとりで生活した方がまだ楽だと思ってしまい、離婚を考える妻もいるのです。 

夫が離婚を考えるとき

029
 

妻が離婚を考える時だけでなく、夫側、男性が離婚を考える時もありますね。

ここからは夫が離婚を考える時を見ていきます。

夫が離婚を考えるとき(1)性格の不一致

男性側からも離婚を考える時の一番は性格の不一致でした。

例えば、毎日の生活習慣さえも、それまで全く違った環境で暮らしてきた二人には、意見の食い違いになる事もありえます。

食事の時間について妻から細かく指定される、日曜日の過ごし方、片付けに対する考え方。

どれも取るに足りないささいな事ですが、それが積み重なり口論が多くなればうんざりしてきて、離婚を考える時もあるのです。

夫が離婚を考えるとき(2)精神的暴力

腕力の強さでは女性は男性には勝てないですね。

女性が何とか自分の意見を相手に納得して欲しい時は、言葉で訴えます。

あまりにも必至に自分の意見を通そうとしてしまうと、その言葉は相手の事を考えられない言葉の暴力もなってしまいます。

そんな時に夫は「こんなに怒られて一生送るのはうんざりだ」と離婚を考える事になってしまうようです。

夫が離婚を考えるとき(3)妻の不貞

男性の不倫も離婚を考える時としてあげられていましたが、女性側も不倫が原因で夫から離婚を言い渡される事も増えてきたようです。

不倫は男女関係なく、された側のショックは大きいものです。

何よりも、夫婦には「配偶者以外の異性と性的行為をしてはいけない」という決まりがあります。

相手が不倫をしたとわかった時点で離婚を考えるのは当然の流れですね。

夫が離婚を考えるとき(4)セックスレス

女性にも性的欲求はありますが、男性よりも直接的に不便を感じる事はありません。

家事や育児が忙しいと、性的欲求も減ってくると感じる女性も少なくないでしょう。

しかし、男性はどうしても性的処理をしなければいけないという肉体の仕組みがあります。

夫婦間のセックスレスは男性にとっては重大な問題なのです。

更に不倫も許されないとなれば、離婚を考える時としてセックスレスが続く事も十分にありえる事ですね。

夫が離婚を考えるとき(5)妻の親族と折り合いが悪い

配偶者の親族との問題は嫁姑問題をはじめとする、女性の方が多い気がしますが、意外と男性側の方が配偶者の親族問題で離婚を考える時が多くなっています。

これは高齢になってくればくるほど、夫の肩に妻の両親の介護問題がのしかかってくる事によるものです。

自分側の両親も心配しなければいけないのに、なぜ妻の両親の面倒まで?と納得いかない人が多いのではないでしょうか。

単に親族が嫌いという問題だけではなく、老人介護の問題という社会的にも大きな問題による物となっています。

離婚についてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください

離婚を考えるときは男性と女性でこんなにも違う!?離婚を決意する10の瞬間!のまとめ

030
 

男性と女性の離婚を考える時は、上位は似たものもありますが、ハッキリと考え方の違いがわかる物もありましたね。

これは、お互いに「相手が大きな問題だと思っている事を理解できない」という事を示しています。

こんな状態で話し合いをしたとしても、ずっと平行線になってしまいそうです。

そんな時は、離婚問題に強い弁護士の助けを借りてみてはいかがでしょうか?

離婚するしないではなく、話し合いをまとめてくれる第三者として、間に冷静な判断をしてくれる第三者がいる事が重要になってきます。

離婚問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部