離婚を思いとどまる7つの理由とは?|二人で生きていくためにできること

離婚を思いとどまる理由は何でしょうか?長い夫婦生活の中で、もう離婚したい!と思うタイミングは、どの夫婦にも必ずあるはずです。でも、そんな中で離婚を思いとどまる理由をご紹介します。また、離婚を思いとどまるためにできることについてもご紹介していくので、離婚しなくてよかった…と思えるようになるかもしれません。

目次

離婚しなくてよかった!〜二人で歩んでいく〜

配偶者のことで、腹の立つこと、許せないこと、いろいろあって離婚したいと考えることはあるでしょう。

でも、離婚後の生活や、離婚後の子供の生活を思って、離婚は思いとどまるほうがよいのではないか…と考えている人もいらっしゃるでしょう
 
人間の感情は、そんなに簡単に変わるものではありません。
 
ましてや夫婦間に芽生えたネガティブな感情を拭い去るのは至難の業…。
 

そんな悩みを持つあなたのために、離婚しなくてよかった…と思えるような、離婚を思いとどまる理由をご紹介します。

離婚を思いとどまる理由7つ

多くの夫婦が離婚を思いとどまるには、どのような理由があるのでしょうか。

離婚を思いとどまる理由(1) 夫が劇的に変わった

よく「人間は鏡」といいますが、夫が変わったから、自分も離婚を思いとどまることができたという理由の人もいます。
 
日ごろの生活態度、お金の使い方、あなたへの対応など、あなたが気にして、離婚を考えてしまうきっかけになったことについて、夫のほうから劇的な変化を見せたら、離婚を思いとどまることができるようです。

離婚を思いとどまる理由(2) 子供が喜んだ

子供の存在は、夫婦をつなぎとめるのにとても大きな役割を果たしています。
 
あなたと夫がたまたま会話して笑っていた様子を見て、子供がとても喜んだ様子を見て、やっぱり父親が必要なんだ…と再確認し、離婚を思いとどまるということは、よくある理由です。
 
子供が喜んでいる姿を見て、離婚しなくてよかったと実感する人は多いものです。

離婚を思いとどまる理由(3) やっぱり好き

借金をする、ギャンブルがやめられない、浮気する…。
 
数えたらキリがないほど問題の多い夫でも、「惚れた弱み」で、最終的に離婚を思いとどまることもあるようです。
 
夫婦はそもそも男女関係ですから、この理由があれば十分という人もいます。

離婚を思いとどまる理由(4) 周りの目

世間体を気にして、離婚したくてもできずに、離婚を思いとどまらざるを得ないという理由の人もいます。
 
親の目、勤務先の目、友人の目、近所の目など、周囲の目がなければ、とっくに離婚しているという人も多いようです。

離婚を思いとどまる理由(5) 争いが面倒

離婚は、夫婦が互いに合意すれば、簡単に進むものですが、どちらかが離婚に合意しなかった場合が大変です。
 
協議、調停、裁判などで、慰謝料や養育費などの問題で配偶者と争うことが面倒なために、離婚を思いとどまるという理由もあります。

離婚を思いとどまる理由(6) 金銭面

特に配偶者の収入によって暮らしていた人は、離婚によって金銭面で苦労することが予想できます。
 
これを理由に、離婚したくても、思いとどまるということはよくあるようです。
 
離婚したい理由があっても、金銭面で恵まれていれば、やっぱり離婚しなくてよかったと、考えを改める人もいます。

離婚を思いとどまる理由(7) 一緒にいると楽しい

長年連れ添って、価値観が似ていたり、反対に結婚したばかりで結婚生活になじめないだけで、相手と一緒にいると楽しい場合は、最終的に離婚を思いとどまるようです。
 
こんなに一緒に楽しめる相手が、配偶者以外に見つからないかもしれないという思いから、離婚を思いとどまるという理由を挙げる人がいます。
 
ケンカをしても仲直りができて、楽しいという感情を共有できれば、離婚しなくてよかったと実感するようです。

離婚を思いとどまるためにできること3つ

離婚できない・離婚したくない場合、離婚を思いとどまるために、こんなことが必要です。

離婚を思いとどまるためにできること(1) 長い目でみる

もしも今、あなたが結婚してまだ日が浅い場合は、夫婦を長い目で見るようにしてみましょう。
 
今だけを見るのも悪いことではありません。
 
でも、自分の将来、子供の将来、そして配偶者の将来のことを人ごとだと思わずに長い目で考えてみましょう。

離婚を思いとどまるためにできること(2) きちんと話し合う

離婚を考えている人の中には、まだ配偶者ときちんと話し合っていない人も多いのではないでしょうか。
 
きちんと向き合って話し合うことで、相手の本心を知ることができ、離婚を思いとどまることができるかもしれません。

離婚を思いとどまるためにできること(3) 誰かに相談する

離婚を考えている場合、不安や心配ごとが積み重なって、精神的にも辛い状況が続きます。
 
そのような状態で、合理的な判断を下すことはむずかしいかもしれません。
 
そんなときは、親やきょうだい、友人などに相談し、心を一度ニュートラルな状態に戻すように努めてみましょう。
 
それによって、離婚を思いとどまることができるかもしれません。

やっぱり離婚を思いとどまれない

いろいろ試してみたけど、やっぱり離婚を思いとどまることができない!そんなとき、どうしたらよいのでしょうか。

やっぱり離婚を思いとどまれない〜弁護士に相談〜

ご紹介してきたような方法も試したけど、やっぱり離婚しか考えられない!という場合は、自分だけで物事をすすめるのは危険です。
 
いざ離婚するとなったときには先手を打って、弁護士に相談するのもありです。
 
弁護士に相談することで、あなたに少しでも有利な離婚になるように働きかけてくれるでしょう。

離婚を思いとどまる7つの理由とは?|二人で生きていくためにできることのまとめ

あなたが離婚を思いとどまりたい理由は、何ですか? 

その理由が離婚したい気持ちを上回る場合、離婚を思いとどまることができるかもしれません。
 
離婚を思いとどまることができれば、時間とともに、やっぱり離婚しなくてよかったと思える日が来るかもしれません。
 
でも、もしも離婚したい気持ち・理由が、離婚を思いとどまる理由を飲み込んでしまうくらい大きなものだったら…。
 
離婚後の生活があなたにとって不幸なものにならないよう、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部