浮気性な旦那を反省させる方法は?|浮気性な旦那を反省させる方法7選

この記事では浮気した旦那を反省させる方法をご紹介します。浮気した旦那と離婚はせずに反省させるためには正しいやり方で対処が必要です。浮気によって受けたショックは大きいはずです。だからこそ旦那には本当に悪いことをしたとを分かってもらう必要があります。

目次

浮気性な旦那を反省させたい!旦那を反省させる方法は?

一度浮気をした旦那の浮気癖は一生治らないと諦めていませんか?でも諦める前にこの記事を最後まで読んでみて下さい。
 
浮気性な旦那を反省させる方法はあります。
 
旦那に二度と浮気をしないように仕向けるには、妻であるあなたの態度や言動がポイントになります。
 
「浮気なんてしなければ良かった」「自分には妻しかいない」と改めて実感してもらうために、浮気発覚後どのように対処していけばいいのでしょうか。

浮気性な旦那を反省させる方法7つ

旦那の浮気が発覚したらあなたはどうしますか?
 
下記の浮気性な旦那を反省させる方法を紹介しますので、自分に合う方法を見つけましょう。

浮気性な旦那を反省させる方法(1) 怒る

浮気はしてはいけないことだと本気で怒りましょう。
 
普段は旦那が多少失敗したりしても、怒らずに優しく接している方にとても有効的な反省させる方法です。
 
「普段優しい彼女を激怒させてしまった」など、いつもは見せない態度に浮気性の旦那もびっくりして、事の重さを理解するようです。
 
本気で怒らせたら怖いと肝に銘じさせておけば、浮気をしなくなること以外に普段の生活態度も変わるかもしれません。

浮気性な旦那を反省させる方法(2) 実家に帰る

浮気癖がついている旦那に離婚を言い出さないということに相手は甘えているから浮気を繰り返すのかもしれません。
 
そんな旦那を反省させる方法として、少しの間実家に帰ってみましょう。
 
数日ではなく一週間~二週間くらい家をあけると効果的です。
 
なかなか妻が帰ってこないことで「今回こそは離婚になるかも」と焦りだしたら、今までの浮気についてきちんと反省させましょう。

浮気性な旦那を反省させる方法(3) 無視する

浮気性な人の性格として寂しがりやが多いため、家族に捨てられて一人になることは耐えられないはずです。
 
そのため無視をし続けることで家庭を失ったら辛いということを悟るかもしれません。
 
相手が自分から反省の態度を示すまで続けましょう。
 
ただ危険なのは怒られないのをいいことに自由に遊ぶ男性もいるため、この反省させる方法は旦那の性格を考えながら実行して下さい。

浮気性な旦那を反省させる方法(4) 子供との時間を増やす

結婚したのに浮気をするのは未だに独身気分が抜けてないからかもしれません。
 
そのため旦那を反省させる方法として自分には家庭があることを認識させるために子供と接する時間を増やして下さい。
 
旦那には守るべき家族がいること、浮気で離婚になったら子供と離れなければいけないことをきちんと認識させましょう。

浮気性な旦那を反省させる方法(5) 浮気の証拠を見せる

浮気を認めずにいつまでもしらばっくれるパターンもあります。
 
そんな旦那を反省させる方法として一番有効的なのが、浮気の証拠をつきつけることです。
 
相手が言い逃れできないように、浮気相手の女性と一緒にいる写真などを事前に準備しておきましょう。
 
証拠収集のために探偵に依頼することをおすすめします。

浮気性な旦那を反省させる方法(6) 離婚する意思を見せる

浮気性の旦那の頭には「離婚したら困るのは妻の方」「離婚になるわけがない」という考えがあるのかもしれません。
 
普段の生活からもそれがうかがえるようであれば、自分には離婚する意思があることを見せることも旦那を反省させる方法の一つです。
 
本気だと分からせるために離婚届をあらかじめ用意しておくのも有効です。 

浮気性な旦那を反省させる方法(7) 慰謝料の話をする

怒ったり無視する方法では旦那は反省しない、という方に有効的な反省させる方法として慰謝料の話をしてみて下さい。
 
慰謝料がどれぐらいの相場なのか知らない男性は多いため、具体的な話をしたら相手も驚くことでしょう。
 
一般的な慰謝料の相場は50万~200万円程度で、子供の有無や不倫の期間など様々な要素で総合的に判断されて金額が決められます。

浮気性な旦那が反省しなかったら…

上記でご説明した「浮気性な旦那を反省させる方法」を試しても反省しなかったら諦めるしかないのでしょうか。
 
反省の色を見せない旦那への最終手段をお伝えします。 

浮気性な旦那が反省しなかったら離婚を考える

浮気は法定離婚事由に定められており、不倫相手との間に不貞行為が確認できれば離婚が可能です。
 
法律でいう不貞行為とは性交渉等があったかどうかです。
 
不貞行為があった上で、こちらが何を言っても旦那が反省しなければ離婚を考えてもいいかもしれません。
 
反省の色が見えなければ、この先も旦那の浮気に悩まされてその度に嫌な思いをするのは妻であるあなた自身なのです。

浮気性な旦那を反省させるために〜弁護士・探偵に依頼する〜

浮気性な旦那と離婚をする、もしくは慰謝料を請求するという場合、浮気の証拠が必要です。
 
このような時は専門家へ依頼することをおすすめします。

離婚・慰謝料請求には証拠があると良い〜探偵に依頼する〜

浮気性の旦那と離婚する方、慰謝料を請求する方、離婚はしないけど慰謝料を請求する方、全てに共通していえることが、浮気の証拠を事前に準備しておくべきです。
 
証拠がなければ離婚も認められず、慰謝料も請求できない可能性があります。
 
確実な証拠を集めるためにもまずは探偵に相談しましょう。
 
浮気調査に強い探偵に相談ができれば確実性は高まります。

いざ離婚となったら〜弁護士に依頼する〜

離婚をすることに旦那が了承しなければ簡単に離婚をすることはできません。
 
万が一争うことになった場合は浮気の証拠に加えて弁護士に依頼をすることで自分有利で話を進めることができます。
 
調停や裁判となった時に法律の知識が豊富な弁護士のサポートを受けれることはとても心強いです。
 
また必要な書類などの作成を全てまかせることもできるのもメリットの一つです。
 

離婚問題に強い弁護士に相談する

旦那を反省させる方法を知りたい人はこちらも読んでみてください

浮気性な旦那を反省させる方法は?|浮気性な旦那を反省させる方法7選のまとめ

浮気性な旦那を反省させる方法をご覧頂いていかがでしたでしょうか。
 
日常的に浮気をすることがほぼ当たり前という考えを持つのが浮気性の旦那の特徴です。
 
浮気性を治すためにはやはり妻が正しい方法で対処をすることが大切です。
 
間違えた方法をとってしまうと逆に相手を喜ばせる結果になり得るかもしれません。
 
この記事でご紹介した旦那を反省させる方法をぜひ実行してみて下さい。
 
 もし離婚や慰謝料を請求する場合は、事前準備として浮気の証拠を掴みましょう。
 
自分一人で証拠集めをするのは危険ですし時間もかかってしまうため探偵に相談をしてみて下さい。

探偵に相談する

また離婚を旦那が受け入れてくれない場合は弁護士に相談しましょう。
 
実際に弁護士に話を聞いてもらった上で依頼をするか検討してみてはいかがでしょうか。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部