離婚調停で勝つには?|離婚調停ですべきこと・してはいけないこと

離婚調停で勝つには、どんな方法が良いのでしょうか。離婚調停で勝つためには、まず調停での判断材料を知りましょう。また、離婚調停で勝つためにすること、していはいけないことも同時にチェック。離婚裁判にならないためにも、離婚調停で勝つにはどんな方法があるのか確認してください。

目次

離婚調停で勝つためには?

離婚調停で勝つには、様々なことを考えて行動する必要があります。
 
たとえば離婚調停での判断材料を知っておくことはとても大切ですし、離婚調停が始まる前の準備も忘れてはなりません。
 
今回はそんな離婚調停で勝つにはどうすればいいのかを、詳しく解説していきます。
 
離婚調停で折り合いが付かない場合は裁判になってしまうので、離婚調停で勝つ方法、離婚調停を自分有利に進める方法、をぜひ確認してください
 
離婚調停で勝つには、どんな方法が有効なのでしょうか?

離婚調停での判断材料

離婚調停で勝つには、調停でどのようなことが判断材料になるのかをまずは確認しておきましょう。

離婚調停勝つには、調停委員を味方につけることがポイント

離婚調停では、調停委員が当事者と裁判所をつなぎます。
 
調停委員は公正・中立であるとされているが、調停委員からの印象が事実上重要になってしまいます
 
離婚調停で勝つには、この調停委員をいかにして味方につけるのか、が大きなポイント
 
裁判にならないためにも、調停委員を味方につけて自分有利に進めましょう。

離婚調停で勝つための判断材料(1) 資料や陳述書の内容

離婚調停で勝つためには、資料や陳述書で自分の立場をどれくらい正確に伝えられるかが大切になります。
 
資料や陳述書の内容がしっかりしているほど調停委員を納得させることができますし、自分の味方になってくれる可能性も高くなります。
 
調停委員を味方にする方法としては、正確に資料や陳述書を準備することから始めましょう。

離婚調停で勝つための判断材料(2) 態度

離婚調停では態度も調停委員に見られています。
 
いきなり感情的になるのはマイナスに評価されることもあり、自分にとって不利な状況になることも。
 
離婚調停で勝つには調停委員への印象が大切なので、常に姿勢や言葉使いには気を配ってください
 
調停以外の外出時にもどこで誰に見られているのか分からないので、離婚調停で勝つには常に身を引き締めた行動を心掛けましょう。

離婚調停で勝つための判断材料(3) 身だしなみ

身だしなみなどは一見離婚調停とは関係のないように思えますが、調停委員も人間なので、このようなものも考慮に入れられる可能性もあります。
 
いくらファッションだとしても、だらしない印象の洋服や髪型は、離婚調停中は控えるのがベスト
 
離婚調停で勝つためには、身だしなみにも気を配ってください。

離婚調停で勝つには、事前にしておくと良いこと

離婚調停で勝つには、事前に用意しておくと良いことがあります。早速確認してみましょう。

離婚調停で勝つには、事前にしておくと良いこと(1) 離婚調停の流れや様子を調べる

離婚調停で勝つには、事前に離婚調停の流れや様子を調べておくことをおすすめします。

いざ離婚調停に挑むと緊張してしまうこともあり、言いたいことが言えない…ということは少なくありません。

離婚調停で勝つには、事前に流れや、様子などをラベておくインターネットなどで調べておくと良いでしょう。

詳しくは離婚調停の流れ(一回目)と当日の様子を徹底解説!で解説しています。

離婚調停で勝つには、事前にしておくと良いこと(2) 聞かれそうな内容について考える

離婚調停で勝つには、聞かれそうな内容について予め考えておくのも一つの方法です。
 
当日いきなり聞かれたら、多くの人はうまく答えられないものです。
 
離婚調停で勝つには、事前に聞かれそうなことについて、答えを考えておくと安心
 
なぜ別れるのか?離婚後の生活は?関係修復の可能性はあるのか?などが質問の典型例です。

離婚調停で勝つには、事前にしておくと良いこと(3) 自分の主張をまとめておく

離婚調停で勝つには、自分の主張をまとめておくことも大切な方法です。
 
主張に一貫性がないと不利であり、自分の主張に納得してもらいにくくなります。
 
ある程度は論理的であるように、文章でまとめておくと良いでしょう。
 
各自色んな主張があると思いますが、離婚調停で勝つには誰が聞いても分かりやすい内容に簡潔にまとめてみてください。

離婚調停で勝つには、してはいけないこと

離婚調停で勝つにはどんな方法がいいのかを説明しましたが、次はしてはいけないことを、ご紹介していきます。

離婚調停で勝つには、してはいけないこと(1) 感情的になる

離婚調停において、調停委員が何よりも嫌がるのが感情的になったり、取り乱す人であるといわれています。
 
とても大きなマイナス評価になるのでしないようにしましょう。
 
離婚調停で勝つには、侮辱したり罵倒したりすることもNGです。
 
普段から感情的になりやすい人は、感情を抑える方法を身につけておくと安心です。

離婚調停で勝つには、してはいけないこと(2) 当日理由なく無断で遅刻・欠席する

離婚調停で勝つには、無断欠席・無断遅刻は絶対にしないようにしてください。

当日、体調を崩してしまった場合には事前に、なるべく早く裁判所に連絡するのがベストです。

一回の欠席ならそこまでのマイナスにはなりませんが、数回続くのはNG

離婚裁判になってしまう可能性も高くなるので、離婚調停で勝つには無断欠席や遅刻には十分注意してください。

離婚調停で勝つには、してはいけないこと(3) 嘘をつく

離婚調停で勝つには、嘘をつかないことも大切なことです。

自分に有利になるためについた嘘も、バレたら大きなマイナスで心証が悪くなるでしょう。

離婚調停では折り合いがつかず、離婚裁判になることもあるので、離婚調停で勝つには虚偽の証言はしないようにしてください。

離婚調停で勝つには、してはいけないこと(4) 話がまとまっていない・わかりづらい

離婚調停で勝つには、自分の主張を整理することは重要です。

話がまとまらず、分かりにくいと、調停委員も判断ができず離婚裁判へ持ち越しになってしまうかもしれません。

離婚調停で勝つには話を簡潔にまとめましょう

方法としては、陳述書を入念に準備することが大切

さらに、普段から話す練習をしておくのも良い方法です。

離婚調停で勝つには、弁護士に依頼するべき

離婚調停で勝つには、弁護士の力を借りるのが最も有力で確実な方法でしょう。その理由とは?

離婚調停で勝つには、弁護士に依頼すると良い理由

弁護士は裁判や調停の専門家です。

そのため、調停委員の心証を良くする方法を知っています

離婚調停で勝つには弁護士の経験や知識を借りるのは非常に有効です。

また、法律を知らずに不利な発言や合意してしまうことを避けられるというメリットもあるのでおすすめです。

離婚に強い弁護士に相談することをオススメします!

離婚調停で勝つには、弁護士は費用がかかる?

離婚調停に勝つには弁護士への依頼が有効ですが、弁護士は費用は当然かかってしまいます

しかし、離婚調停で勝てれば、最終的に得する可能性もあるでしょう。

離婚調停で折り合いがつかずに離婚裁判となってしまえば、当然その分費用が必要です。

離婚調停でお悩みの方は以下の記事もおすすめです

離婚調停で勝つには?|離婚調停ですべきこと・してはいけないことのまとめ

離婚調停で勝つには、前もって準備することが基本的な方法となります。
 
調停委員への誠実な態度が、勝利へと導いてくれるでしょう。
 
離婚調停で両者が納得できない場合には離婚裁判となり、話し合いも長期化してしまいます。
 
それを避けるためにも、やはり離婚調停では絶対に勝っておきたいところです。
 
離婚調停で勝つには、最終的に弁護士に依頼するのが最も確実な方法といえます。
 
専門家を味方に付けて、離婚調停での勝利を目指しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部