やっぱりあったんだ…|不倫の後に待っている因果応報とは?

不倫には因果応報が待っているといわれていますが、それは本当でしょうか?結婚していても人を好きになってしまうこともあるでしょうが、不倫はルール破りの恋です。ルールをやぶってしまった不倫や浮気の後には一体どんな因果応報が待ってるのでしょう。

目次

まさに因果応報?不倫の後には報いが待っている?

既婚者でも魅力的な人はたくさんいますし、不倫をしてしまうこともあるかもしれません。

ですが、不倫や浮気というルール違反の恋愛を犯すことで、そのあと痛いしっぺ返しで後悔することがあります。

今回は、不倫したことによる因果応報にはどのようなものがあるのかを紹介するので、現在不倫をしている人、不倫願望がある人はしっかり読むことをおすすめします。

不倫をした後に起きた因果応報な出来事

実際不倫をしたことによる因果応報にはどのようなことがあるのでしょうか?

不倫の因果応報(1) 夫(妻)から離婚を言い渡された

不倫や浮気をしたことによって起こる因果応報で1番多いといえるのが、不倫がばれて離婚を言い渡されるということでしょう。

本人は離婚するほどではないと思っていても、配偶者は離婚を考えるかもしれません。

離婚を言われて後悔してももう遅いです。

不倫の因果応報(2) 夫(妻)もしくは不倫相手の配偶者から多額の慰謝料を請求された

ばれないと思って不倫をする人が多いと思いますが、不倫はばれることが多いです。

不倫がばれると、自身の配偶者や不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されることになります。

慰謝料の相場は、50~200万円とも言われています。

不倫の因果応報(3) 不倫相手に捨てられた

不倫がばれて慰謝料を請求されるのも、不倫や浮気の因果応報であるといえますが、慰謝料を支払った挙句に不倫相手にも捨てられるということがあります。

慰謝料だけでなく不倫相手にも捨てられるというのは、精神的ショックが大きいですよね。

しかし、これも不倫したことによる因果応報であるといえるでしょう。 

不倫の因果応報(4) 周りの友人に会いにくい

不倫は周りの信頼も失う行為なので、何か悩みがあっても周りの友人にそのことをなかなか話くいだけでなく、誰が知っているか分からないので、ほかの友人にも会いにくいですよね。

たった1度の不倫で友人関係が壊れることもあります。

これも不倫や浮気の因果応報ですね。

不倫の因果応報(5) 会社で信用を失った

会社に不倫や浮気していることが知られると、そのことはあっという間に広がってしまいます。

不倫のイメージがつけば、会社での信用を失いますし、周りの目も冷たくなってしまうでしょう。

仕事ができても不倫によって信用を失うのは因果応報です。

不倫の因果応報(6) 罪悪感が一生残る

軽い気持ちで不倫や浮気をしても、配偶者やパートナーを裏切ってしまったという罪悪感や後悔は長い間残ります。

ばれてしまって別れられる、慰謝料を請求されるというのは不倫したことによる因果応報ですが、罪悪感があるのであれば、できるだけ早く不倫から足を洗いましょう。

不倫の因果応報(7) 親に不倫したことがバレてしまい、気まずい

もし、あなたの不倫が原因で離婚することになったとしましょう。

あなたからすると、それは因果応報なので仕方ないですが、離婚の原因があなたの不倫や浮気であることが親に知られると気まずいですよね。

親からの信用も失いかねません。

不倫の因果応報(8) 不倫相手と結婚したが、さらに不倫されてしまった

不倫相手との恋を貫き結婚することができても、不倫相手がさらに不倫してしまうというケースがあります。

今度は自分が浮気や不倫をされて離婚される側になる…辛いですが、これも不倫の因果応報のため、誰も同情はしてくれません。

不倫の因果応報(9) 出会いが極端に減った

不倫や浮気をしていたということが知られれば、あの人は不倫をした人だと信用してもらえなくなるので、出会いが減るようになります。

新しい恋愛をしにくくなるのも、不倫をしたことによって出会いが極端に減っても不倫による因果応報です。

不倫の因果応報(10) 不倫でしか付き合えなくなってしまった

不倫をすると、その刺激を忘れることができなくなる人が多いといわれています。

不倫や浮気は中毒のようなものなのです。

そうなると、不倫でしか付き合うことができなくなってしまい、自ら幸せから遠ざかるようになるのも不倫の因果応報であると言えるでしょう。

不倫の因果応報(11) 子供からの信頼を失った

子供がいるのに不倫や浮気してしまった場合、子供からの信頼を失う可能性があります。

子供の年齢にもよりますが、大きくなって不倫が理解できる年齢である場合、信頼を失う確率はとても高いです。

不倫による因果応報とはいえ、子供を巻き込むのはよくないですよね。

不倫の因果応報…とはいってもトラブルになってしまったらどうしたらいいの?

不倫や浮気したことによって起こったことを後悔してもそれは因果応報です…しかし、そうはいってももしトラブルが起こったらどうすれば良いのでしょう?

離婚、慰謝料請求、嫌がらせなどで困っていれば、弁護士に相談しよう 

不倫、浮気によって起こるトラブルは因果応報といっても、離婚に慰謝料請求にと分からないことばかりで困っているのであれば、一度弁護士に相談することをおすすめします。

法律の専門家である弁護士に依頼すれば、どのように対処すれば良いのか的確にアドバイスしてくれます。

弁護士であればあなたに親身になって解決へ進めてくれます

法律の専門家に相談すれば、アドバイスをくれるだけでなく、書類作成など難しいことも全て行ってくれます。

不倫の因果応報で後悔してくれるあなたに、親身になって解決へ導いてくれるでしょう。

不倫したことによる後悔で困っているのであれば、1人で悩まずに相談してみましょう。

不倫の因果応報から抜け出すためには?

自業自得とは言っても、不倫や浮気による因果応報に苦しんでいる場合、どうすれば抜け出すことができるのでしょう。

因果応報の意味

そもそも因果応報というのは、「よい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがある」という意味です。

現在の行為に応じて未来の果報が起こるということです。

簡単に言うと悪いことをすれば自分に返ってくるということなので、不倫・浮気という人を傷つける悪い行いをすれば、そのうち自分自身にも悪いことがあるということになります。

つまりあなたが思う"良いこと"をしよう!

悪いことをすると自分に返ってくると言われていますが、逆に良いことをしても自分に返ってくると言われているので、不倫や浮気の因果応報から抜け出すためにも良いことをするようにしましょう。

後悔して何もしないでいるより、あなたが思う良いことをできる限りした方が良いに決まっています。

やっぱりあったんだ…|不倫の後に待っている因果応報とは?のまとめ

今回は、不倫したことによる因果応報にはどのようなものがあるのか紹介してきました。

不倫や浮気などの裏切り行為をすると、そのあとで自分自身にも悪いことが起こり、後悔することが多いです。

後悔する前に、自分の気持ちのままに浮気をすると傷つく人がいるということを覚えておくようにしてください。

不倫や浮気の代償は因果応報になって返ってくることがあります、あなた自身が幸せになるためにも因果応報からさよならするためにも、不倫はやめるようにしましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部