離婚カウンセラーとは?弁護士と離婚カウンセラーはどのような場合にどちらに相談するべき?

最近、離婚したい人の救世主として離婚カウンセラーによるカウンセリングが注目されています。そもそも離婚カウンセラーとはどんなもので、どんな相談に乗ってくれるのでしょうか。今回はそんな離婚カウンセラーと弁護士の違いを徹底的に比較。離婚カウンセラーが向いているのはどんな人?

目次

離婚カウンセラーと弁護士、どっちに相談すればいいんだろう…

離婚するためには様々な知識が必要ですが、相談するなら離婚カウンセラーへのカウンセリングか弁護士、どちらが良いのでしょうか
 
離婚カウンセラーへの相談件数は増加しており、スムーズに離婚するためには欠かせない相談窓口になりつつあるのかもしれませんね。
 
今回はそんな離婚カウンセラーについて詳しくご紹介し、離婚カウンセラーが向いている人を探ります。
 
離婚の相談をどこにするか迷っている人はぜひ参考にしてください。

離婚カウンセラーとは?

そもそも離婚カウンセラーのカウンセリングはどんなものなのでしょうか。離婚の相談はできるの?

離婚カウンセラーとは(1) 夫婦の相談を受け、心のケアをする

離婚カウンセラーは、夫婦の相談を受け、問題を解決し、夫婦の心のケアまで行ってくれます
 
離婚カウンセラーに相談をすると、カウンセリングを行い、夫婦の問題点について客観的なアドバイスを受けることができます
 
夫婦の気持ちを落ち着かせながら、問題解決に向けてカウンセリングで様々なことを提案してくれるでしょう。

離婚カウンセラーとは(2) 離婚以外の手段も勧める

離婚カウンセラーによるカウンセリングは、離婚以外の手段も勧めることがあります。
 
離婚カウンセラーに相談した際に、夫婦としてやり直せる見込みがあると判断されると、復縁する方法を教えてくれるかもしれません。
 
実は離婚ではなく復縁を望んでいる…という人には良いですね。

離婚カウンセラーとは(3) 国家資格ではない

離婚カウンセラーになるためには資格が必要ですが、国家資格ではありません。
 
離婚や夫婦の問題についてカウンセリングを行ったり相談に乗るためにはある程度の知識や勉強も求められますが、合格率は高いようです
 
また、離婚カウンセラーはNPO法人が認定しています。

離婚カウンセラーと弁護士の違い

続いて離婚カウンセラーと弁護士の違いを見てみましょう。離婚相談やカウンセリングを検討している人は参考にしてください。

離婚カウンセラーと弁護士の違い(1) 離婚カウンセラーは相談を受け、アドバイスする

離婚カウンセラーは、離婚に関する相談を受け、その夫婦に合った的確なアドバイスを行います。
 
そのため、離婚以外の手段を勧めることも多くあるでしょう。
 
また、心のケアをしながら心理的なわだかまりを取り除いたりし、夫婦仲を改善していくのが得意です。
 
離婚カウンセラーのカウンセリングや相談を受けるころで、モヤモヤとして気持ちが晴れることも多いようです。

離婚カウンセラーと弁護士の違い(2) 弁護士は代理人として法的な主張や書類作成をする

弁護士はいうまでもなく、法律の専門家です。
 
離婚をしたい人の相談を受けるのはカウンセラーと同じですが、代理人となって相手方と交渉したり、書類を作成したりします。
 
法律知識から、請求金額や証拠についてアドバイスを行うのも弁護士の仕事です。
 
離婚に向けて現実的に行動したい人の大きな味方になるでしょう。

離婚カウンセラーと弁護士の違い(3) 料金

一般的な離婚カウンセラーは、相談1時間につき5000円〜1万円が相場です。
 
中には初回無料のところもあります。
 
弁護士は、相談料30分5000円〜が相場で、同じく初回無料のところもあります
 
また、離婚するのであれば離婚調停の代理・着手金20〜50万円、離婚裁判の代理・着手金30万〜60万円(調停から継続の場合は半額程度)さらにプラス成果報酬が必要になることも。
 
代理人の依頼はせず、法的アドバイスを続けるバックアッププランや、離婚協議書の作成だけを5〜10万円でお願いできる事務所もあります。
このように、料金には違いがありますが、仕事内容が違うため当然といえるでしょう。

離婚カウンセラーと弁護士、どっちに相談するべき?

離婚の相談やカウンセリングを受けたい場合、弁護士かカウンセラー、どちらに相談するのがベストなのでしょうか?

離婚カウンセラーに相談するべき場合

離婚カウンセラーに相談したりカウンセリングを受けるべき場合は、①離婚するかどうか迷っている場合②夫婦関係の修復を望んでいる場合③夫婦関係のために何をすればいいのかわからない場合④離婚後の生活に不安がある場合などです。
 
夫婦双方の夫婦関係を改善したいという気持ちが一致しているのなら、まずは離婚カウンセラーに相談するのが良いでしょう。

弁護士に相談するべき場合

弁護士に相談するべき場合は、①離婚をしたい場合②自分は離婚したくないが相手が離婚したがっている場合③相手から慰謝料・財産分与・親権など納得できない条件を突きつけられた場合④離婚すると財産はどうなるのか不安な場合などです。
 
離婚に関して夫婦の間で争いが起きている場合は弁護士が最もベストといえます。

離婚カウンセラーと弁護士両方に相談するべき場合も

離婚カウンセラーによるカウンセリングと弁護士への相談どちらも受けるべき場合もあります。
 
例えば、心のケアも求めつつ法的なアドバイスをもらいたい場合などには、離婚カウンセラーも弁護士も両方相談する方が良いでしょう。
 
どちらも初回相談無料のところがあるので、自分に合う人を探すべきです。

離婚についてもっと知りたい人はこちらも合わせて読んでみてください!

離婚カウンセラーとは?弁護士との違いとどちらに相談するべき?のまとめ

離婚カウンセラーと弁護士には違いがあります。
 
離婚カウンセラーのカウンセリングでは、心のケアをしながら夫婦の最善策を見つけます。
 
弁護士への相談では、現実的な離婚に関する夫婦の意見の不一致について相談することができます。
 
離婚カウンセラーのカウンセリングも弁護士の相談も、離婚について親身になって話を聞いてくれることは同じですが、自分に合った方で離婚の相談を受けるのが一番です。
 
離婚に関するトラブルがあるのなら、できる限り早く弁護士に相談をし、解決策を探ってみるのがおすすめです

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部