別居が離婚成立の理由になる?別居して何年経ったら離婚は成立するの?

離婚したいと考えている方には一緒にいることが不可能だと考えて結婚はしているもののずっと別居生活になっている方もいるのではないでしょうか。そのような方は別居からどれくらいたてば離婚成立になるのか心配ですよね。そこで、今回は別居して何年経ったら離婚は成立するのかをお教えします。

目次

離婚を成立させるには理由が必要

70c109ad9236e9d9cda37c79e43d1be6_s


ただ一緒に住んでいるだけならそこまで真剣に考える必要はありませんが、結婚の場合はいろいろと法律上で定義づけられてしまうので、離婚するためにも理由付けが必須となってしまいます。そのため「何となく別れたくなった」と不意に思って、簡単に手続きすれば別れられるというものではないのです。

特に、片方が離婚したいと言っていたとしても、もう片方が断固として拒否していた場合はなかなか離婚成立にはならないでもめることも多々あります。

この離婚成立のための理由に別居も該当するのですが、ただ単に別居するだけで理由となるのでしょうか。

裁判で離婚を成立させるために必要な理由5つ

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_s


それでは民法で定められている離婚成立になる原因とははたして何なのかを見ていきましょう。

相手の不貞行為

これは非常にシンプルです。いわゆる浮気とか不倫がこれにあてはまると思ってください。民法上は浮気という言葉ではなく不貞行為という表現に該当します。

夫婦間における義務の中に貞操を守るというものがあるので、不貞行為を行わない義務があるということなのです。

つまり、浮気が発覚したら義務違反となるので、それを理由に離婚を告げれば離婚成立となるということなのです。

この不貞行為が認められるかどうかは証拠があるかどうかが大きく関わってくるので、これが理由の場合は確固たる証拠が必須となります。

相手による悪意の遺棄

悪意の遺棄と言われるとちょっとわかりづらいかもしれませんが、別居がこの遺棄に該当することもあります。

基本的に夫婦は互い助け合うのが必然なのですが、この助け合いを放棄した場合は悪意の遺棄に該当すると思ってください。

このケースの別居で離婚成立となるのは片方の意見を完全に無視して勝手に別居を始めたパターンですね。

この場合は助け合いの放棄とみなされて悪意の遺棄に該当するようです。逆に言えば、理由がある別居はこの理由に該当しません。

相手の生死が3年以上不明

これは非常にわかりやすい離婚成立理由ではないでしょうか。

最後の消息から3年以上生死不明状態が続いているならアウトということになります。

ただし、音信不通と生死不明は違う点は覚えておきましょう。

たとえ音信不通であったとしても、生きていることがはっきりと確認されてしまえば、この理由で離婚成立にはいたりません。

また、行方不明と生死不明も扱いが異なります。

相手が強度の精神病で回復の見込みなし

結婚している相手がかなり強い精神病にかかってしまって治る見込みがない場合は離婚成立となるケースもあります。

しかし、このケースで離婚するのは難しいと言われており、「強度の精神病にかかっていて回復の見込みがない」ということを医師に診断させて裁判官が判断する必要があるからです。

そのため、離婚したいと訴えた側が離婚成立になると思っていても、成立しないケースもあるのです。

その他、婚姻を継続しがたい重大な理由がある

その他と書いてあるように個々の解釈はものすごい広いものとなっており、一番難しいところとなっております。

いわゆる、性格の不一致・DV・家庭内不和といった先ほど記載した4つに当てはまらないものは全てここに該当するのです。

これらが原因で離婚成立となったものはこの5番と判断されております。

つまり、長い期間別居し続けて離婚したいと考えた場合はほとんどのケースでこちらになるということです。

婚姻の継続が困難と見なされれば別居から離婚成立に結び付けられることもあります。

別居は離婚成立の理由になる

312ada1133e3159a2cc78bec0324c34e_s


別居をし続けることが離婚成立に繋がることは見えてきました。それではもっと細かいところまで確認しましょう。

法律上離婚原因にはなっていない

先ほど別居で離婚成立まで持っていけると説明しましたが、実際は「その他、婚姻を継続しがたい重大な理由がある」に無理やり当てはめているケースなので、細かい定義付けは全くありません。

もっと言えば別居は離婚原因に挙げられていないのです。

ただし、婚姻が破綻している条件としては別居というものを当てはめることはできると言われているので、離婚成立が認められやすいとされております。

その離婚成立にもっていきやすい状況というのが別居期間が長いことなので、長ければ長いほど婚姻が破綻していると認めさせやすくなり離婚成立の確率が高まります。

別居した側にも原因がある場合は状況が変わる

別居する時の理由としては性格の不一致で一緒にいるのも辛すぎるといったものもあるでしょうが、中には別居している側が浮気をしていて「有責配偶者」扱いとなっていしまうものもあり色々と不利になってしまうケースもあります。

こうなると離婚成立となるまでの別居期間が長くなることがあります。

離婚には理由があるものですが、離婚したいと訴えた側にも負の部分があった場合状況が好転しにくいということを理解しておきましょう。

同居期間にも左右される

先ほど記載したとおり、この別居は離婚原因として定義付けされていないので、過去の判例や状況次第で離婚成立に至るまでの速度がかなり変わってきます。

例として同居している期間が半年といったかなり短い状況だった場合には、別居期間が短かったとしても離婚成立となることが多いようです。

別居してから離婚までの期間の平均が1年未満で80%といわれているので、すぐに別居生活を始めている人も多いのかもしれません。

離婚成立には何年の別居が必要?

1722fb06d773118f81cd8982e13907ad_s


それでは具体的な年数に触れていきます。いったいどれくらい別居していれば離婚成立になるのでしょうか。

目安は5年

別居を離婚成立のための原因にしたい場合は、5年を目安にするべきと言われております。

この5年については諸説あるのですが、平成8年に出てきた法制審の「民法の一部を改正する法律案要綱」において離婚原因に「別居が5年以上継続している場合」というものが追加されているので、5年という言葉が出てきたという説が有力だと考えられています。

ただし、この5年というのも絶対的な基準というわけではなく状況次第では長くなったり短くなったりするものなので、本気で離婚を考えているのなら離婚問題に強い弁護士に相談して、期間はどうすればよいか確認するといいでしょう。

他の離婚理由があれば期間は短くなる

別居期間も離婚成立の条件となりますが、それ以外にも離婚に至る理由はたくさんありますよね。

例えばDVであったり、性格の不一致であったり、金銭トラブルであったり、様々なものがあります。

ここで、当事者両方の有責がどうなっているかを確認し、訴えられた側の有責が多いと判断されれば短期間で離婚成立となるケースもあるのです。

あくまで、先ほどの目安といった5年は離婚原因が他に一切ないという前提の話なので、状況次第でコロコロ変わるものなのです。

幸せの青い鳥判決というものもある

これは聞いたことがある人もいるかもしれませんが、3年も別居しており、かつ妻がモラハラと暴力を受けている状態にもあったにかかわらず、離婚が成立しかなったケースです。

これは多くの方から非難されており「妻がかわいそう」という意見が多発したものなのですが、このような判決は結構あると言われております。

そのため、裁判官によってはどう考えても妻の主張のほうが正しいと感じるものであったとしても覆されるケースもあるようです。

別居が離婚成立の理由になる?別居して何年経ったら離婚は成立するの?まとめ

22076ca7dbf0b0b698dee35de06bbfbf_s


別居のみが離婚原因の場合は5年くらいかかってしまうというのが基本でしたが、他の理由もあるならこの期間を縮めることは可能なのです。

そのため、できる限り早く離婚をしたいという方は、離婚問題に強い弁護士に相談して、裁判で有利になる方法や過去の事例を教えてもらって、どのような対処法を取ったらいいのかを確認するようにしてください。

一人で抱え込むと、見えてこないものが多いので、このようなことはプロに頼ってみてはいかがでしょうか。

この記事の作成者

ジコナラ編集部