婿養子の離婚の方法~離婚・離縁・戸籍・名字などの手続き~

婿養子の離婚について知ってますか?婚姻をする時、家や夫婦、親の都合で婿養子と言う形で妻側の両親の戸籍に入る男性もいるでしょう。ここでは婿養子の夫婦が離婚する場合の手続きや、気になる財産分与についてご説明します。

目次

婿養子が離婚したいときってどうするの?~離婚と離縁~

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
 

婿養子で妻側の両親の嫡出子となった男性との離婚は、離婚届だけでは足りない場合がほとんどです。

離婚して妻とは他人になるのですから、妻の親の嫡出子でいるのはよっぽどの事が無い限りおかしな話ですよね。

婿養子になった後、離婚をする場合は、夫の養子縁組は離縁になるのがほとんどでしょう。

ですから、婿養子の形をとった夫婦が離婚する場合には、離縁届も必須になってきます。

なぜかと言うと養子縁組をしていると言う事は妻の両親が亡くなった後に、相続権を持つ者となってしまっているからです。

妻のご両親にしても、もう何の関係もない男性に、自分たちの遺産を相続する気持ちなどないでしょう。

ここでは、婿養子の離婚と離縁の手続き、婿養子や子どもの戸籍をどうするのか、離婚の際の慰謝料や財産分与についても見ていきます。

離婚時のトラブルは男女問題に強い専門家へ相談することをおすすめします。

そもそも婿養子とは?

bride-groom-845728_640
 

ここまで、当たり前のように婿養子という言葉を使ってきましたが、そもそも婿養子というのはどのような婚姻の形式を取った夫の事なのでしょうか。

一般的にも婿養子と言われている人でも実際は正式な婿養子ではない人もいます。

正式な婿養子と、婿養子だと思われてしまっている可能性のある人を見比べてみましょう。 

正式な婿養子

妻側の姓を名乗っただけで「あの人は婿養子に入った」と勘違いされ噂される事もあるでしょう。

しかし、正式な婿養子は、妻側の両親に養子縁組される事で妻の両親の嫡出子となり、その娘である女性との婚姻の届を提出する事で成立します(順番は逆でも可能)。

婚姻の時に、妻側のご両親の子供として届けが出されるか出されないかで相続権などが変わってきます。

養子に入っているのですから、離婚される時は夫は養子縁組も解消する事がほとんどになってきます。 

養子縁組なし・妻側の姓を名乗るだけの夫

これが一番混乱する例かと思われますが、婚姻した後の夫婦の姓はほとんどの場合夫側の姓を名乗る事が多いですね。

こちらの例はたまたま妻側の姓を名乗っただけで、妻の生家との養子縁組がされていないご夫婦の事です。

当然夫には妻の両親の嫡出子になるわけでもなく、推定相続人になる事もありません。

この場合の離婚は、一般のご夫婦と同じように離婚届を提出することで成立します。 

同居しているだけのお婿さん

夫婦とその親などの都合で、婚姻後妻側の両親と同居という事もあるでしょう。

その場合でも、妻の両親との養子縁組がされていない場合は正式には婿養子とは言いません。

民法上、婚姻後の姓は妻側夫側どちらのものを名乗っても良いので、妻側の姓を選択する場合も無いとは言い切れませんね。

同じ苗字で同居していたら「婿養子だ」と思われがちですが、養子縁組の届けがされていないので夫は妻の両親の嫡出子という関係には無く、法律上は娘の婿という扱いになります。

このように、一般的に言われている婿養子と正式な婿養子と言うのは少し違うというのはおわかりいただけたでしょう。

正式に養子縁組された婿養子の夫との離婚はどのように行われるのか、見ていきましょう。

婿養子の離婚の手続き~離婚と離縁は別~

0bf5a6c9a9d102a9fac4a8467808550f_s
 

妻の両親と正式に養子縁組をした夫婦の離婚は、夫婦二人(または夫婦とその子供)だけの離婚と違って、複雑な届け出が必要になってきます。

順番などもわかりにくくなってきます。

婚姻の時の順番を逆にたどるとわかりやすいと言われていますが、行う手続きの数は同じですので、以下を参考にされてはいかがでしょうか。 

婿養子の離婚の手続き① 離婚届を提出する

まず、離婚をするには誰もが提出する離婚届から見ていきましょう。

離婚したからと言って、離縁届を提出しないでいればいつまでも元夫の戸籍は元妻の両親の戸籍にとどまり続けてしまいます。

一般的には、届けを出した逆の順番をたどれば良いと言われていますが、別々に提出しても問題はありません。

離婚届だけ、離縁届だけを提出する事も可能なのですが、なるべく同時に提出して、子供を戸籍に取り残されないようにしてあげるのがよいでしょう。

婿養子の離婚の手続き② 離縁届を提出する

離縁届は、(元)夫と(元)妻の両親の間で行われる養子縁組の解消という事になります。

この順番も特には決まりは無く、離婚届と同じで離縁届だけでも提出する事が出来ます。

離婚届前に離縁届を提出すると妻(と子供)の姓が夫の旧姓に戻った後さらに自分の両親の姓に戻るという面倒な事になります。

離婚届と離縁届を同時に持参して役所へ行った場合、処理されるのは「離婚届→離縁届」という順番になります。

用紙に提出する名前もそれを踏まえて記入していく事になります。

もし、夫が妻の姓を名乗っていたら離婚届には妻の姓で記入すると言う事です。

このあたりが悩む人も多いのではないでしょうか。

婿養子の夫の場合、離婚届には妻側の姓でと覚えておいてください。

離縁届は元夫が妻の両親の姓から生まれた家の姓に戻るだけの手続きなのでこちらはわかりにくい事はありませんね。 

婿養子の離婚の手続き③ 子供がいたら子供の籍も移す手続きを

子供の戸籍が父親側にある場合で、親権が母親側にある場合、子供の戸籍を母親側へ移す事も忘れてはいけません。

しかし、これは離婚届と離縁届の提出の直後ではできず、離婚と離縁の両方が反映された戸籍が出来た後でないと手続き出来ないようになっています。

また、妻が両親の戸籍に戻る時に、届出において「新しい戸籍をつくる」を選択する事をおすすめします。

そうする事で子供は母親の戸籍に入れる届出をする事が出来ます。

反対に、父親側に戸籍を移したい場合も、手続きは同じです。

婿養子で離婚の場合、財産分与や慰謝料はどうなるの?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s


このように、婿養子の場合の離婚には通常よりも多く届出が必要になります。

そこで問題になるのが、離婚するときの財産分与です。

わざわざ妻の両親の養子になると言う事は、同居、または同居に近い妻の両親との関わりがあるのが通常です

財産についても分与がどうなるのか疑問になってきますね。

【婿養子で離婚】基本的に養父母との間で財産分与は無い

日本の法律では、離婚の時の財産分与はあるのですが、離縁の時の財産の分与については決められていません。

養父養母が「払わない」と言えばそれまでと言う事です。

しかし、夫婦で購入した夫婦の財産は、普通の離婚の時のように財産分与する事が出来ますので安心してください。

【婿養子で離婚】慰謝料も離婚時の夫婦間のみ

婿養子に入っていても、夫婦が離婚した時の慰謝料の取り決めは他の夫婦と何ら変わりはありません。

とは言え、夫婦間ではそれでも良くても、養父母に望まれて婿養子という立場でいたという場合も多く、夫側から思えば何かあっても良いのでは、と考えてしまうでしょう。

実際、結婚年数やどのくらい養父母に尽くしてきたのかによっても、話し合いによって多少なりの除籍手当などがあっても良いと考える弁護士も少なくないようです。

法律的には決まりは無くても、話し合いでお互いが納得いくように話をまとめるには、離婚問題に強い弁護士に間に入ってもらうことで、有利に話が進むかもしれません。 

離婚問題についてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください!!

婿養子の離婚の方法~離婚・離縁・戸籍・名字などの手続き~のまとめ

98dba690e031ebb30c92bd2281e4df14_s
 

婿養子になった夫の離婚は、一般的な夫婦の離婚よりも複雑な手続きがあり、また、多くの人の感情が入り混じるため、簡単には事が進まないのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

特に男性には仕事もあり、なかなか養父母や元妻との交渉も進まず、お互いにイライラすることで悪循環になる、という事も少なくないようです。

そんな時は1人でなんとかせずに、信頼できる離婚問題に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部