夫が妻と離婚したい理由7選|離婚に踏み切るなら考えて欲しいこと

夫が妻と離婚したい理由を挙げてみました。 この女性と一生添い遂げようと決意して結婚したはずなのに、いつの間にか妻への気持ちが冷めてしまうのはなぜでしょう?そして実際に離婚に踏み切るときに考えるべきこととは?

目次

増えている?妻と離婚したいと思う夫

「妻と離婚したい」と考えたことはありますか?

そのように考える既婚者男性でも、実際に妻と離婚できるのかというとそれは難しいようで、子供の親権を妻にとられてしまう不安や金銭的な余裕がなくて離婚できずに我慢をしている場合が多いのではないでしょうか

今回はそんな旦那さんのために妻と離婚したいと思う理由7選と、実際に離婚に踏み切る際に考えなければならないことをご紹介します。

妻との離婚を真剣に考えている人はぜひ参考にしてみてください。

原因はなに!?妻と離婚したいと思う理由7選

妻と離婚したいと思う理由はなんでしょうか。

夫が妻と離婚したいと思う主な理由を7つ集めてみました。 

妻と離婚したいと思う理由(1) 性格がきつくなった

妻と離婚したい理由で圧倒的に多いのが、妻の性格がきついことが挙げられています。

独身前は優しかった妻も、結婚後の生活の変化で態度が変わり、日常的に怒りっぽい性格になったり、口を開けば攻撃的な口調で責めるなど…。

こうした態度は夫をうんざりさせます。夫を見下す態度が続くと、妻と離婚したいという気持ちが強くなるようです。

また、妻と離婚したいと思う理由に、妻の勝ち気な性格が挙げられます。

勝気な妻の場合、自分が悪いと思っても素直に謝れない、ついつい小言を余計に言いがちですが、こうした行動をとると夫は家庭に安らぎを見いだせず、帰宅時間が遅くなったり他の異性に魅かれたりと次第に妻と距離を置くようになり、妻と離婚したいという気持ちが膨らんでいくようです。 

妻と離婚したいと思う理由(2) セックスレス

妻と離婚したいと思う理由に、妻の性格のきつさと並び、セックスレスも深刻な離婚の理由になっています。

女性の場合、結婚前は、純粋に恋愛によるセックスを楽しめたのに、結婚後は子供を作るための作業に変化してしまいがちです。

男性としては、いつまでも恋人同士のようなセックスを求めますが、女性の場合は子作りのためにセックスをするという想いが強く、ここに男女のセックスに対する捉え方の違いが生じます。

また、子供が生まれると、次第に女性は子育てにシフトし、体力的にも消耗しセックスどころではなくなりますが、男性の場合、結婚前とセックスに対する想いは変わらないので、相手にしてもらえない寂しさが募り、妻と離婚したいと思うに至ることがあるようです。

妻と離婚したいと思う理由(3) 容姿の変化

妻と離婚したい理由として、結婚後の容姿の変化を挙げています。

結婚後、男女共に幸せ太りをするのはお互い様ですが、容姿やスタイルを離婚の理由とするのは、女性よりも圧倒的に男性の方が多いです。

また、いつも家でジャージで過ごすなど、身なりを気にせずオシャレではなくなった妻に魅力を感じることが出来ず、妻と離婚したいと思う夫もいます。

太った体でソファに寝っ転がっている、全く体型を気にせず努力をしない妻の姿に嫌悪感を抱く夫もいます。 

妻と離婚したいと思う理由(4) 家事をさぼる

妻と離婚したい理由として、家事をさぼることが挙げられます。

夫は妻に家庭的な部分を強く求める傾向があります。

妻と離婚したい理由に、食事を作らない、部屋が散らかり放題、掃除が適当すぎるという意見がありますが、これらの理由は、家に帰っても安らげないことによる不満です。

男性にとっては家庭を大切にする女性がより魅力的に見えるのかもしれませんね。

妻と離婚したいと思う理由(5) 金遣いが荒い

妻と離婚したい理由として、妻の浪費癖も離婚したい理由に挙げられています。

相談なしに、高額な習い事をしたり、好きな物を湯水の如く使い果たすなど、あまりにも金遣いが荒いと家庭を任せきれないと判断し妻と離婚したいと考える要因になります。

家計を脅かすほどの妻の金遣いの荒さに悩む夫も多いようです。 

妻と離婚したいと思う理由(6) 家族や親族との折り合いが悪い

姑や舅、夫の親戚関係との折り合いが悪いということも妻と離婚したい理由に挙げられています。

特に舅や姑に意地悪をされた訳でもないのに、夫の実家に帰りたがらないという妻もいます。単に気を遣うのが面倒だから夫の実家に寄り付かないのかもしれませんが、夫にしてみたら、妻と自分の両親に仲良くなってほしいという願いがあります。

しかし、妻と自分の両親が仲良くするのは困難だと判断した場合、離婚という言葉が頭にちらついてしまうようです。

また、妻が自分の実家にばかり帰省し、夫をないがしろにする行為も、夫としては疎外感を感じるようです。

妻と離婚したいと思う理由(7) 浮気している

妻よりも浮気相手の女性の方に魅力を感じてしまうと、妻と離婚したいと本気で考える夫もいます。

既婚者であるのに浮気をする夫の理由は様々ですが、妻が原因で夫を浮気に走らせている場合があります。

休日、仕事で休んでいる夫に対し、仕事の事や家庭の事をあれこれ要求しすぎたり、日頃の愚痴ばかりをこぼしていると、他に夫に優しくしてくれる女性が現われると、そちらに目を向けてしまいがちです。

また、口うるさいばかりで、夫に感謝や尊敬の気持ちを持たない妻だと、妻と一緒にいることに居心地の悪さを感じ、他に安息の場所を求めます。

口が立つ女性の場合、夫が反論できず、もどかしい思いをして妻にイライラを募らせている場合があります。妻と一緒にいても安らぎがないと判断されて、浮気に走らせないように注意しましょう。

また、妻が外見に一切気を使わなくなったことで浮気に至る男性もいます。

妻と離婚したいと思ったら考えるべきこと

いきなり離婚だ!と言って離婚届を突き出すのはあまりお勧めしません。離婚に踏み切るにはしっかりと流れを確認してからにすることをおすすめします。

妻と離婚するときの流れ(1) 協議離婚

協議離婚とは読んで字のごとく、協議(話し合い)によって成立する離婚です。

最も一般的な離婚の形式であり

  • 夫婦双方の同意
  • 届出(離婚届の提出)

が必要になります。とりたてて離婚の理由は聞かれませんので、基本的にどんな理由であれ合意さえすれば離婚が成立します。日本の離婚件数の9割以上がこの協議離婚によって成立しています。

簡単に離婚が成り立つため精神的な負担が少ない、お金がかからない、わずらわしい手続きがない、といったメリットがありますが、取り決めを十分に行わなくても離婚が成立してしまうというデメリットもあります。

離婚の際には決めるべきことがたくさんあります。例えば慰謝料・養育費・財産分与・親権・ 婚姻費用(別居中の生活費)・年金分割などです。

これらの取り決めをしっかりと行わずに離婚してしまうとトラブルになる可能性があります。離婚後に養育費(慰謝料)が支払われない子供に会えない、といったトラブルはその代表的なものです。

離婚後のトラブルを避けるためにはしっかりと取り決めを行い、書面(離婚協議書)に残しておくことが重要となります。

妻と離婚するときの流れ(2) 調停離婚

協議離婚は合意さえあれば成立すると言いましたが、合意が取れなければ(離婚を拒否されたら)家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。

調停とは、簡単に言ってしまえば家庭裁判所で行われる話し合いの延長です。

ですが調停委員と呼ばれる第三者が間に入り、話を聞くことによって離婚の合意や条件のすり合わせをしていきます。

調停委員は必ずしも離婚を進めるわけではありません。客観的に夫婦の状態を判断し、様々な要素を考慮した上で夫婦にとって最も良い選択を考えます。

ですから離婚調停ではどうやって調停委員を味方につけるか?が有利に進めていくカギとなります。

妻と離婚するときの流れ(3) 裁判離婚|離婚したい理由≠離婚できる理由

調停をしても妻が離婚に応じない、条件面で折り合いがつかない、という時には最終的に離婚裁判(訴訟)を起こして「離婚」という判決を勝ち取る必要があります。

ただし注意しなければならないのが、離婚裁判をおこすには民法770条の法定離婚事由が必要だということです。

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

民法770条1項

つまり、これら5つのいずれかの原因がなければ離婚裁判をおこすことができなくて、離婚も成立しない、ということになります。

例えば性格の不一致だけでは離婚事由にはなりません。ですが長期間の別居等で夫婦関係が再構築不可能なほど破綻していればその他婚姻を継続し難い重大な事由と認められることがあります。

妻と離婚をしたいと思ったらまずは離婚に応じるか?応じなかった場合裁判を起こせるか?というところまでを見据える必要があります。

妻と離婚したら親権を取ることは難しい?

子供がいる夫婦が離婚をするときは必ず親権者をどちらかに決めなければなりません。

親権者の決め方はまず夫婦同士の協議によって始まります。ここで折り合いがつけばいいのですが、どちらを親権者にするか決まらないときは家庭裁判所に決めてもらうことになります。

ですがほとんどのケースで母親に親権が認められるのが現状です。

家庭裁判所はこれまでの養育実績をとても重視する傾向にあります。ですので主に育児を行ってきたのが母親であれば父親が親権者になるのは基本的に難しいと考えられます。

また、同程度の養育実績があったとしても子供の福祉の観点から母親に親権が認められることが多いです。さらには有責配偶者(不倫した側)であったとしても親権の獲得にはあまり影響を及ぼさない(ゼロではありません)という、非常に男性(父親)にとって不利な状況なのです。

ですが母親側の環境があまりにもひどかったり、父親側の将来性によっては父親が親権を獲得することも不可能ではありません!

親権を獲得したいなら弁護士に相談し具体的なアドバイスをもらうことを強くおすすめします。相手に弁護士が付くことも十分考えられます。早い段階から手を打つことが重要なのです。

妻と離婚したいならまずは弁護士への相談をおすすめします

離婚の話し合いは夫婦間だけでも行うことができますが、やはりお互いに冷静な判断ができなくなっていることが多いです。そんな状況で話し合いをすると誤った判断をしてしまうことも十分考えられます。

しつこいようですが離婚の際には取り決めておくべきことがたくさんあります。

弁護士に相談すれば、不利・不要な主張を未然に防ぐことができ、自分にとって不利な条件での離婚を回避することが可能になります。これにより、訴訟を有利に運ぶことも可能になってきます。

また、面倒な手続きや交渉そのものを任せることも可能であり、当事者の精神的負担を少しでも和らげることが可能です。ですから、離婚問題はできるだけ早い段階から弁護士に相談しておくことをお勧めします。

弁護士というと訴訟のイメージが強いですが、協議や調停の段階でも法律の専門的な知識が重要なのです。

あなたにとって満足のいく離婚をし、新しいスタートを切りたいのなら、まずは弁護士に相談することから始めましょう。

夫が妻と離婚したいと思う理由7選のまとめ

以上、夫が妻と離婚したい理由を紹介しました。

しかし、実際いくら夫が妻と離婚したいと思っても、妻が離婚に応じない限り、妻に離婚原因がなければ離婚することはできません。妻と離婚したい夫が、妻の同意なく離婚をするためには、法律上の離婚事由が裁判で認められる必要があります。

妻と離婚したいと考えているのなら、なるべく早い段階から離婚問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚問題に強い弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部