まずは考えよう。離婚しないほうが良い3つの理由!離婚のデメリットとメリットとは?

一度は添い遂げようと思った相手でも、一緒に長年暮らしていると、相手の悪いところが目につき始め、それが少しずつストレスに変わることがあります。相手の至らない理由によっては、離婚の文字が頭をよぎることもあるでしょう。しかし、離婚には、様々なデメリットがあります。子供がいるのなら、離婚によって自分だけでなく、子供の人生まで左右するので答えを出すのは簡単ではありません。もし、配偶者との関係が修復できるようなら、離婚しない方が丸く収まる場合もあります。離婚後の生活が必ずしも幸せな生活であるとは限らないので、離婚しない道を選んで不満を解決していった方が良い場合もあります。ここでは、離婚しない方が良い理由や離婚した場合のメリットについて紹介していきます。どちらが自分にあった選択なのか、考えてみましょう。

目次

離婚しないほうが良い理由の前に、そもそもなぜ離婚しようと思うのか?

c6ca561df787a83b1e1e542d9d9dae78_s
 
離婚したいと思う理由は、配偶者との性格の不一致や価値観の違いといったものから、浮気癖が直らない・借金など金銭面がルーズ・ⅮⅤや言葉の暴力といった結婚生活を続ける上で深刻な理由まで、実に様々です。


結婚生活は、常に共同で生活をするので、その共同生活が上手く回らなくなると、人は離婚を考えてしまいがちです。

離婚をしないまま結婚生活を続けても、良い未来が全く見えてこなければ、結婚生活を続けることは無意味なことでしょう。

ただ、一時の感情で離婚を安易に考えるのは良くありません。

離婚をしたいけど、まだ踏み切れなかったり、不安だったりした場合は、離婚の理由や離婚後の生活について、冷静に考えるために、弁護士に相談する方法もあります。

離婚しないほうが良い3つの理由〜離婚のデメリット〜

42163cd4598a37f2f656e0421beb0134_s
 

離婚を考えたけど、思い返すと離婚しない方が良かったという場合があります。

離婚を後悔するのは、どのようなときなのでしょうか。

離婚をしない方が良い理由について紹介します。

子供のこと

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

離婚による一番の被害者は子供です。

両親が離婚した子供達の中には、自分のせいで親が離婚をしてしまったと感じる子供もいるようです。

また、片親になったことで、子供が予想以上に気にしてしまい、引け目を感じたり、片親であることを理由にいじめの対象になってしまうことがあります。

離婚が子供の心に与える影響は大きいです。子供のことを考えれば、離婚しないことに越したことはありません。

また、離婚した当事者である親も、子供に会える頻度が限られ寂しさを感じてしまう人もいれば、ひとり親での子育てが予想以上に大変で、心の支えになっていた配偶者の存在の大きさに改めて気付かされ、離婚しない方が良かったと後悔する人もいるようです。

後悔するくらいなら、子供のためにも離婚しない選択をするべきだったのでしょうが、完璧な人間は一人もいません。十分に納得して踏み切った離婚であっても、後悔は必ずついてきます。

経済的に苦しい

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s
 
女性の場合、非正規雇用や専業主婦であった場合、離婚後、経済的に自立するのは大変です。

年齢による採用基準の制限やブランクの期間が長いと薄給になりやすい傾向にあり、経済的な自立が阻まれやすいです。

離婚理由にもよりますが、まだ夫婦としての繋がりを修復できる可能性があるのなら、離婚しない再生の道を選んだ方が良いでしょう。

また、男性の場合も、離婚後、子供の養育費の支払いがあると、独身時代のような贅沢な生活はできません。

自由な生活を謳歌できるのは金銭的な余裕があってこそです。

離婚して自由の身になることを願っても、お金がなければ心がすさみ、自由などないに等しいのが現実です。

離婚しない方が、経済的なゆとりから心が満たされている場合があります。 

予想以上の孤独で虚しい生活

takebe055122916_tp_v

離婚をすると、最初の頃は、一人で生活するための準備に追われ、孤独を感じる暇もありませんが、落ちついて心に余裕が出てくると、帰宅後の静まり返った部屋にふと寂しさを感じてしまうことがあるようです。

離婚後の一人暮らしは、結婚生活の楽しさ、人の温もりを知っているからこそ、余計に孤独を感じてしまう傾向があります。

この孤独に打ち勝てる気持ちがなければ、離婚しない選択をした方が幸せなのかもしれません。

ずっと離婚したことを後悔する生活を送るくらいなら、離婚しない選択を考えてみましょう。 

離婚のメリットってなに?

wooden-track-1932611_640
 
離婚しない方が良い場合を紹介してきましたが、逆に、離婚して良かったと思えるのはどんなときなのでしょうか。
離婚に後悔しない場合をみていきましょう。

自分らしさを取り戻した

cri_img_6013_tp_v

離婚することで、配偶者の顔色を窺う必要もなくなり、自分の思うように自由気ままに生きられることに喜びを見出す人が多いようです。

配偶者のⅮⅤ・生活費を渡さないなど、結婚生活を共に送る上で、精神的に圧力をかけられる状態が続いたり、金銭的な自由がなく、肩身の狭い思いで生きていくよりは、離婚をして正解だったと考える人が多数のようです。

離婚しない道を選び、相手に合わせて自分を偽って生きるよりは、堂々と自分の好きなように歩める人生の方が生きる喜びを実感できるのでしょう。

夫婦関係の修復などで離婚しない選択もありますが、なかなか性格はすぐには直らないので、歩み寄るのは難しいかもしれません。

配偶者の存在によって、自分に生きにくさを感じたら、離婚した方が幸せになる可能性があります。 

心配事がなくなった

person-woman-eyes-face

配偶者の浮気癖・借金を繰り返す癖のある配偶者など、心配させる行動をとる配偶者とは別れた方が安心かもしれません。

配偶者に心配させるような癖があると、離婚しないことで余計な心配をし続けることになり、それだけで精神的に参ってしまいます。

毎日、このような状態が継続すれば、生活に幸せを感じることもなくなるでしょう。

離婚をすれば、心配させるような行動をとる配偶者の監視をする必要がなくなり、ゆっくりと羽根を広げて休めることができます。

離婚しないときと離婚したときの二つのケースのうち、どちらが自分の人生のために良いのか考えてみましょう。 

自由に恋愛を楽しめる

couple-168191_640

離婚をして、一番に変わるのは恋愛を自由に楽しめることです。

離婚しないときには味わえなかった恋愛を自由に謳歌することができます。

一度、結婚に失敗していると、自分に合ったパートナーを冷静に見極めることができ、幸せな家庭を築く人もいるようです。

離婚しないまま、幸せを感じずに我慢をして結婚生活を送るよりは、ずっと生き生きとした人生を歩めるのかもしれません。

離婚についてもっと知りたい人はこちらもどうぞ!

 まずは考えよう。離婚しないほうが良い理由のまとめ

family-932245_640
 

離婚を考える上で、一番、大切なことは、離婚後の生活の自立です。

まずは、離婚後の生活が成り立つことが大切です。

いくら、離婚がしたくても経済的に自立して生活できなければ、離婚をするのは難しいでしょう。

また、夫婦関係を修復できる可能性があるのなら、離婚しない道を選んだ方が幸せを感じる場合もあります。

離婚の理由にもよりますが、離婚をして相手の有難みに初めて気づくなど、後から離婚を後悔しても遅いです。

一時の気持ちの迷いに流されるのではなく、離婚後の生活のことまで考えて、離婚するのか離婚しないのか、どちらの人生が自分を幸せにしてくれるのか、じっくりと考えてみましょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部