離婚日記が裁判で役立つ?離婚で有利になる「証拠としての離婚日記」と日記以外に役立つ証拠

離婚日記書いてますか?スムーズに離婚できれば良いけれど、大人同士そうはいかない山積みな問題もあります。残念だけれど離婚裁判に持ち込むしかなくなったとき、早目、早目に証拠集めをして僅かでも自分が有利になるようにするアドバイスをしたいと思います。

目次

離婚日記は裁判で証拠になる?

 
日記が証拠になるの?そう思われた方もいらっしゃると思います。
はい、なるのです。

あなたは離婚裁判になった時に、何の緊張もなく記憶を整理しながら調停員や裁判官の質問に答える事ができますか?

簡単な日記を書いておくことで時系列の整理に役立つだけではなく、ぐちゃぐちゃになってしまった記憶の整理にもとても役立つのです。

【離婚日記は裁判で証拠になる?】 離婚日記の書き方は?

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

難しく考える事はありません。

自分の思った事はもちろん、あった事をありのままに書けばよいのです。

記録にする

いきなり、ありのままにと言われても戸惑いますね。

でしたら、こんな風に書くのも良いかもしれません。

○月○日 また、夫が私を殴った。それもお酒を飲んで暴れるなんて許せない!

✖月✖日 また「飲んでて寝てしまった」と言う嘘!絶対にどこかに泊まってくる場所があるはず!

メモ風に書く事なら簡単にできそうですよね。

どんなに記憶力に自信のある人でも、日常で起きる些細な事はいきなり話を振られても答えられるものではないのです。

離婚調停は非公開

こんな事まで書いたら皆に笑われるのではないか?
 
そういえば、あんな事も、こんな事も許せないけど恥ずかしくてとても公表できない!と思うかもしれませんが、そんな心配はいりません。

なぜなら離婚調停は非公開だからです。

また、仮に離婚裁判に至ったとしても、日記が誰でも閲覧できる状態になるわけではありません。

特に性の問題では心理的にもブレーキがかかってしまい、なかなか真実を話す事が出来ない事も日記やメモに書きだしていく事で調停員や裁判官に、理解してもらいやすくなります。
 
ですから、心配せずに本当の事を詳しくか書きだす事が大切になります。

嘘のない事実はあなたを守る最大の武器となる事でしょう。 

セルフマインドコントロール

離婚裁判はたとえ勝訴したとしても傷はつきます。
 
だからこそネガティブな感情のスパイラルにはまってしまう方が多いのです。

自分や自分の大切なものを守るために自分自身をコントロールしましょう。

コントロールの基本になるものは簡単です。

それは睡眠です。

きちんと睡眠時間を取る事で疲れた心をリセットしてくださいね。 

【離婚日記は裁判で証拠になる?】 離婚裁判で役立つ日記以外の証拠

bc8d225bf4a5856b772d836a66a8c07b_s

日記やメモの他にもあると強力な証拠になるものがありますので、有利に運ぶためにも忘れないようにしましょう。

診断書

もし夫にそんな気はなかったとしても、もちろん故意の場合でも暴力行為があった時は医師に診断書の作成をお願いしましょう。

殴られただけではなく、言葉の暴力(モラハラ)の時も精神科を受診しましょう。

相手からの言葉の暴力で、これだけ自分は精神的に苦しんでいるのだと言う事を証明してもらうのです。

多いのは殴られるなどの暴力しか、診断書が取れないと思っているパターンです。

言葉の暴力でも診断書が取れる事を覚えておいてくださいね。

特に暴力や暴言が原因で離婚したい方にとっては診断書と前述した日記、メモのセットがあれば強力な証拠になります。

金銭的な問題の時は?

夫が生活費を入れてくれない、何度話し合っても借金や浪費がひどいなどの、金銭的な事が理由でしたら通帳のコピーや借金の請求書、もちろん借用書のコピーも提出しましょう。
 
意外に思われるかもしれませんが、コツコツつけていた家計簿も役に立ちます。

あなたが立て替えた借用書のないお金でもメモを残すだけで事実として残ります。

この金銭的問題で生活が立ち行かなくなっていると言う事を、調停員や判官に理解してもらうことが大切だからです。

証拠となる物証

度重なる浮気で離婚を決断したと言うケースであれば、浮気を証明する写真や相手からの手紙も強力な証拠になります。

というのも、不倫や浮気と言う定義は他の人と性行為をしていると言う事を証明すしなければなりません。

なかなかそれが難しいことも事実です。

探偵を雇うなどをしても確実とはいえず、ただのデートだと逃れられてしまうかもしれません。

もし写真がなくても相手の不審な行動を徹底的にメモすることで、結婚生活そのものが破たんしていることやあなたが苦しんでいることを証明することができるのです。

電話の録音・メール

ここまでこじれると必要最低限以外は口も利かないし、顔も見ないという人の方が多いと思います。

日記やメモを残していなくても、相手からのメールや電話でのやりとりを録音するという方法もありますね。

その中に暴力的なニュアンスや言葉があれば、それも立派な証拠の1つになるので注意しておいて損はありません。 

親権の獲得にも役立つ?

離婚裁判にまで発展してしまう多くの原因が、どちらが親権を取るか?というものだと思います。

もし、何があっても親権は手放さない!というのであれば、調停員や裁判官に理解してもらわねばなりません。

そのためにも今までお伝えしてきた、上記の証拠があると良いですね。

基本的には子供が幼ければ幼いほど、母親の親権が認められることも多いそうです。

不幸にしてどちらも親権は放棄したいと言う主張もときにはあるようですが胸が痛いですね。

離婚訴訟について興味がある人にはこちらの記事もおすすめ!

離婚日記が裁判で役立つ?離婚で有利になる証拠としての離婚日記のと日記以外に役立つ証拠のまとめ


誰もが離婚裁判の証拠集めなどできるならしたくはないですがもしそうなってしまったときのために少しでも知識があるのとないのとではその後の人生が大きく変わってしまうかもしれません。

また、困った際は早めに離婚問題に強い弁護士に相談するのが吉といえるでしょう。
 

あなたやあなたの大切な人をこれ以上傷つけ、苦しめないためにほんの少しでもこの記事がお役に立てたらそれほどうれしいことはありません。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部