旦那が嫌いで離婚したい人がまずやることとは?

旦那が嫌いで離婚したくて悩んでいる妻は年々増えているといわれています。だんなしねっとや旦那デスノートも話題になりました。好きで結婚したはずなのに、いつの間にか旦那が嫌いで離婚を考えるほどになっている…という場合、まず何をすればよいのか紹介したいと思います。

目次

離婚したいほど旦那が嫌い!そんな人がどうすればいいのか?

旦那さんのことを嫌いになると、一緒に生活するのが辛くなりますよね。

1度嫌だと思ったら、どんどん嫌いになるのが人間の心理です。

ですが、旦那が嫌いで離婚したいと思っていても、何も考えずに離婚するのは後のことを考えてもおすすめできません。

旦那が嫌いで離婚を考え始めた人がやっておきたいことについて紹介したいと思います。

あなたが離婚したいほど旦那が嫌いな理由とは?

離婚したくなるほど旦那が嫌いになるにはそれなりの理由があるはずです。
どのような理由で旦那を嫌いになり、離婚を考えることが多いのでしょう。

離婚したいほど旦那が嫌いな理由(1) 家事・育児を手伝ってくれない

最近は家事・育児は女性がするものという考えをしている人は少ないですよね。

特に共働き夫婦の場合は、家事や育児を旦那が一切手伝ってくれないとなると、すべてのことを妻がこなす必要が出てくるため、妻の疲れは尋常ではないでしょう。

少しも手伝ってくれないとなると、イライラしたり辛くなったりして、離婚したいという気持ちが芽生えるようになってしまいます。

離婚したいほど旦那が嫌いな理由(2) 暴力・暴言を振るう

言うまでもありませんが、暴力や暴言を毎日のように振るわれていたら、旦那を嫌いになって離婚を考えるようになるでしょう。
 
そのまま旦那と一緒にいては自分の身体が危険です。嫌いになる以前に離婚したいと思うようになって当然ですよね。

子供がいるような場合、なおさら早く対処した方が良いでしょう。

離婚したいほど旦那が嫌いな理由(3) 価値観が合わない

価値観というのは、思っている以上に大切です。
 
最初の頃はまだ耐えられるかもしれませんが、価値観の違いが大きくなってくると、旦那を嫌いになり離婚したいと思う原因になります。

価値観の違いによって喧嘩にもなりますし、一緒に生活することが嫌になってくるわけです。

子供の育て方に対する姿勢や金銭感覚、趣味などが合わないことも旦那を嫌いになる理由です。

離婚したいほど旦那が嫌いな理由(4) 収入が低い

こればかりは仕方がないこととも言えますが、旦那の収入が低いとお金のことで喧嘩になることが多いといわれています。

収入がただ低いだけでなく、仕事にやる気がない旦那を見て旦那を嫌いになったという方もいるでしょう。

お金が絡むと人は余裕がなくなり、そのことが原因で離婚する夫婦は少なくありません。

収入が低いのに、家事・育児を手伝わないというようなことがあると、より離婚したいと思うようになるようですね。

離婚したいほど旦那が嫌いな理由(5) やりっぱなし・散らかす

結婚したての頃は気にしなかったことでも、時間が経つと気になるようになってくるものです。

家庭のことはほぼ妻にまかせっきり、服はもちろん使ったものは出しっぱなしで家を散らかす、何かやりだしたらやりっぱなし…。

そんな旦那の態度にいらついて離婚したいと考えるようになるのです。

離婚する?離婚しない?旦那が嫌いな人にまずやってみてほしいこと

旦那が嫌いで離婚を考えても、離婚は簡単にできるものではないですよね。
子供がいればなおさらです。
そんなときはまず以下に紹介することをやってみてください。

旦那が嫌いな人が考えること(1) どんなところが嫌か、直して欲しいか紙に書いてから旦那と話し合いましょう

旦那が嫌いで離婚を考えているのであれば、結論を出す前にまずどのようなところが嫌いなのか、直して欲しいと思っているところを紙に書くことをおすすめします。

紙に書くことによってどのようなところが嫌いなのか明確になり、頭の中が整理されるでしょう。
 
紙に全部書くことができたら、直して欲しいところを具体的に旦那に伝えましょう。

ここでのポイントは、感情的にならないことです。
 
感情的に相手を攻め立てると、旦那は自分に非がないことを主張しようとし、言い分を素直に聞いてくれなくなるでしょう。
 
どこを具体的にどうして欲しいのか、あくまで淡々と伝えるべきです。

旦那が嫌いな人が考えること(2) 結婚した時どんなところが好きだったか考える

誰だって初めから離婚すると思って結婚していないですよね。
 
結婚したときは、お互い好きで結婚したはずです。
 
今は旦那が嫌いで離婚したいと思っている人も、結婚したときのことを1度思い出してみてください。

そうすれば、嫌だと思う部分だけでなく良いところや、旦那がいるありがたさが見えてくるかもしれません。

子供がいる人は、子供にとっての旦那の存在も考えてみてください。

旦那が嫌いな人が考えること(3) 離婚しか手段がないかを考える

旦那が嫌いと思うようになると、もう離婚したい、一緒にいたくないと思うようになるでしょうが、本当に離婚しか方法はないのでしょうか?

別居して少し離れてみれば、旦那の嫌なところだけでなく良いところも見えてくるようになるかもしれません。
 
第三者を交えて話し合いをしたり、夫婦関係円満調停をして夫婦間のルールを決めることもできます。

子供がいるのであれば、離婚以外の手段もないかより慎重に考えてみましょう。

それでも旦那と離婚したい!となったら|離婚はできるの?

いろいろと考えてみて、それでも旦那が嫌い!もう離婚したい!という場合、嫌いという理由で離婚することはできるのでしょうか。

合意さえあれば離婚はできる

旦那が嫌いという理由だけでは離婚できないと思っている人もいるかもしれませんが、旦那が離婚に合意すれば嫌いという理由でも離婚することはできます。

協議離婚の場合は、どのような理由でも合意さえあれば離婚することが可能です。

離婚の切り出し方やタイミングについてはこちらの記事をご覧ください。
 

相手が離婚に応じない場合は?

相手から離婚の合意が取れず、離婚調停でも離婚が不成立となった場合は、裁判で離婚を認めてもらうしかありません。
 
しかし、裁判上の離婚を認めてもらうためには、民法770条1項の法定離婚事由が必要です。
民法770条
①夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
②裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。
旦那を嫌いになった理由が不貞行為(不倫)ならまだしも、家事の不参加や価値観の不一致が理由の場合、5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」として認められない限り離婚は難しいでしょう。
 
裁判上の離婚を認めてもらうためには、旦那が嫌いすぎてもはや婚姻関係が破綻していることを立証しなければいけません。
 

どうしても離婚したいと思っているなら、弁護士に相談してみましょう

旦那が嫌いという気持ちが消えず、どうしても離婚したいと思っているのであれば、弁護士に相談してみてください。

相手がすんなり離婚を認めてくれればいいのですが、そうではない場合、調停や裁判で長期に渡って婚姻関係が破綻しているかどうかを争うことになります。

離婚裁判の平均審理期間は、3〜5年とも言われています。その際に、弁護士はあなたを代理してくれます。

また、離婚に際して、財産分与や慰謝料、子供がいる場合は親権、養育費、面会交流についても考えなければいません。少しでも有利な条件で離婚するためにも、弁護士の法的知見を借りましょう。

旦那が嫌いで離婚を考えている人はこちらの記事も参考にしてください

旦那が嫌いで離婚したい人がまずやることとは?のまとめ

今回は旦那が嫌いで離婚を考えている人は何をすればよいのか紹介してきましたが、いかがでしたか?

まずは離婚を本当にするべきかよく考えてみてください。

それでも離婚したいと思うのであれば、行動に移すべきです。

弁護士に相談し、悩みを早く解決できることを願っています。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部