離婚後は旧姓に戻した方がいいの?離婚後に旧姓に戻すメリットとデメリット

離婚後は旧姓に戻した方が良いのか、旧姓に戻す場合のメリットやデメリットなどをご説明します。様々な理由で離婚することが決まったとき、旧姓に戻すかどうか悩む人は少なくありません。戸籍上の問題もあるので、旧姓に戻すべきなのか、今の苗字のままでいいのかと気になることも多いでしょう。

目次

離婚後は旧姓?今の苗字?どっちがいいの?

離婚後に旧姓に戻すか今の苗字のままの方が良いのか、どちらがにメリットがあるのか気になりますよね。

結論からいえばどちらが良いかは一概にはいえません

基本的に離婚した後は旧姓に戻るケースがほとんどですが、今の苗字のまま生活することも認められています。

どちらが当の本人にとって正しい選択なのかどうかは本人の状況によって左右されますが、一般的に考えられる離婚後の旧姓のメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。 

離婚後の苗字のルールを確認!

民法767条1項により、離婚後の苗字は原則として旧姓に戻るというルールがあります。 

離婚後は旧姓に戻さなくてはならないのか?

確かに離婚後は原則として旧姓に戻るというルールがありますが、必ずしも旧姓に戻さなくてはならないというわけではありません。

実際は旧姓に戻すのも今の苗字を名乗ることも自由なので、どちらか好きな方を選ぶだけで構わないのです。

旧姓に戻す場合は離婚届にその旨を記載するだけでいいので、ややこしい手続き等は必要ありません。

旧姓に戻さない場合は次の手続きが必要になります。

離婚後名字を旧姓に戻す/戻さないは"3ヶ月以内"に決定しよう

離婚後の苗字を旧姓に戻さない場合は、3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出しなければなりません

この3ヶ月の期間は延長されることはありませんが、もしも期間を過ぎてしまった場合は「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して申し立てなければならないことになります

離婚時に旧姓に戻すメリットとは?

離婚後に苗字を旧姓に戻すことで様々なメリットが得られます。

今まで苦痛に感じていたことからも解放されることでしょう。

旧姓に戻すメリット(1) 精神的にリセットできる

離婚の手続きが終了した時点で旧姓に戻り、お互いに他人の関係に戻れるので精神的にも新たな再スタートが出来ます

離婚後に夫の苗字を名乗りたくないという心境からも解放されます。

戸籍に記載される名前も旧姓に戻る為、心機一転した気持ちで生活することができるでしょう。

旧姓に戻すメリット(2) 再婚して離婚した時にまた旧姓を名乗ることができる

離婚して旧姓に戻す時に気を付けておきたいのが、離婚後の苗字は現在の一つ前の苗字しか名乗れなくなることです。

最初の離婚時に旧姓に戻らなかった場合、再婚後に離婚しても旧姓に戻せないので注意しましょう。

逆に、離婚時に旧姓に戻していた場合には、再婚後に離婚した場合でも、再び旧姓を名乗ることができます。

このように、旧姓を完全に捨てずに済むということが旧姓に戻すメリットの一つとして考えることができます。

 

離婚後、旧姓に戻すデメリットとは?

離婚後に旧姓に戻すことでメリットがあるとはいえ、デメリットも多くあるので忘れずに覚えておく必要性があります。 

旧姓に戻すデメリット(1) 名前の変更手続きが面倒 

離婚後に旧姓に戻す時、今まで結婚時の苗字を記載していたものを旧姓に変更する手続きを行わなければなりません

戸籍や身分証、名刺など結婚時の苗字が記載してあるものは全て旧姓に戻す為の手続きが必要なので非常に面倒です。

旧姓に戻すデメリット(2) あとで婚姻時の姓に戻す時に大変

離婚時に旧姓に戻した後、3ヶ月以上経ってから再び結婚していた時の姓に戻したい場合は「氏の変更許可の申立て」を行います

しかし、旧姓で生活するにあたってどんな不利益が生じているのかなどのやむを得ない事情が認められなければ姓を変更することができません。

旧姓に戻すデメリット(3) 子供と同じ苗字を名乗れないことがある

離婚時に苗字を旧姓に戻すにあたり、子どもがいた場合は「子の氏の変更許可申立て」を行う必要性があります。

しかし、この申し立ては親権者でなければ手続きを行えず、親権を得ていない場合には、子どもの苗字を自分と同じものにすることができません。

このように、子供と名字が別になってしまう可能性が高いというのが、旧姓に戻すデメリットといえるでしょう。

離婚後旧姓に戻すときの手続き・戻さないときの手続き


離婚後に旧姓に戻す場合や戻さない場合には様々な手続きを行う必要性があるので、何が必要になるのか知っておきましょう。

旧姓に戻すときの手続き(1) 元の戸籍に戻す、"復籍"をする場合

離婚時に苗字を旧姓に戻す場合、離婚届には「もとの戸籍に戻す」という項目があるので、それを選択することで復籍が完了します

もしも結婚したときに苗字を変えていなかった場合は離婚しても本人の戸籍は元の状態のままなので、復籍の手続きを行う必要性はありません。

旧姓に戻す時の手続き(2) 新しい戸籍を作る場合

離婚時に旧姓に戻す際には、もとの戸籍に戻るほかに、新しく戸籍を作成することを選択することもできます

これも、離婚届上で「新しい戸籍をつくる」を選択するだけで手続きは完了です。

新しい戸籍を作成すると以前の戸籍には戻れなくなるので注意しましょう。

旧姓に戻さないときの手続き|3か月以内に離婚の際に称していた氏を称する届の提出

もし離婚しても結婚していた時の苗字を名乗りたい場合は3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する必要性があります

ただし、期限の3ヶ月を超えてしまうと「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することはできません。

離婚後3箇月経過後に離婚時の姓に戻したい場合には、「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に行わなければならないことになります。

労力と時間がかかってしまううえに、離婚時の氏の続称は難しくなってしまうので早めの決断が迫られるでしょう。

離婚したら子供の氏はどうなる?

離婚したら親だけでなく、子どものことも考えなければなりません。

もしも離婚した場合、子どもの苗字はどうなるのでしょうか?

離婚しても子供の氏は変わらない

基本的に両親が離婚したとしても子どもの苗字が変わることはありません

たとえ親権者の苗字が変わっても子どもの苗字はそのままなので、子どもを自分と同じ苗字にしたい場合は必要な手続きを行わなければなりません。

親が離婚後も結婚していた時の苗字にする手続きを行っても、この手続きは必要なことに注意が必要です。

子供を同じ戸籍に入れたい場合

子どもを自分と同じ戸籍に入れたい場合、親権者と同じ苗字でなければ同じ戸籍に入ることは不可能というのが戸籍法のルールです

よって、「子の氏の変更許可の申し立て」を行って子どもと自分の苗字を一緒にしなければなりません。

また、氏の変更が許可されたあと、子どもの入籍届を提出する必要があることに注意が必要です。

もし困った場合があれば専門家に相談しよう

離婚したら子どものことも考えなければならないため、それに応じた手続きが必要になります。

しかし、離婚しても子どもの苗字が自動的に変わるものではないので手続きに手間取る可能性もありますし、手順を間違ってしまうと子供と同じ名字にすることができなくなるおそれもあります。

何をすればよいか分からなかったり、手続きに困った場合には、離婚後の手続きに詳しい専門家に相談してみましょう。

専門家に相談する

離婚の手続きについてはこちらの記事もおすすめです!

離婚後は旧姓に戻した方がいいの?離婚後に旧姓に戻すメリットとデメリットのまとめ

離婚後に旧姓に戻すにあたり、様々なメリットやデメリットがあります。

一刻も早く旧姓に戻したいという人にとって離婚は最善の選択肢にもなりますし、それで再スタートができるなら本人にとってこれほど清々しい気分になれることはないかもしれません。

しかし、旧姓に戻すことで少なからずデメリットがあります。そして子どもがいた場合は子どもの苗字のことも考えなければなりません。

必ずしもメリットばかりではないので、離婚する際には慎重に考えることが必要です。

この記事の作成者

ジコナラ編集部