離婚の慰謝料相場は年収に比例?|慰謝料を多くもらうための方法

慰謝料は年収によって左右される?夫婦が離婚をする際に問題となるのが慰謝料ですが、その金額は色々な要素から総合的に判断されます。その中でも相手の年収と慰謝料の金額の関係は気になるところです。

目次

離婚の慰謝料相場は数百万!?|不確定な原因とは?

離婚の際の慰謝料の相場は離婚の原因によって異なります。
 
不貞行為の場合の相場は 100~500万円、暴力や精神的苦痛を受けた場合の相場は50~400万円程となっています。
 
そして、慰謝料を請求する相手の年収も慰謝料の金額を決める重要なポイントとなります。
 
当然、経済的余裕のない相手から高額の慰謝料は取れないため、地位や収入のある相手であれば相場以上の高額の慰謝料を請求できる可能性があります。
 
ですが時には一筋縄ではいかないこともあります。一体どういうことなのでしょうか?

離婚の慰謝料と相手の年収の関係

慰謝料が発生する離婚事由についてお伝えしましたが、相手の収入や年収は慰謝料にどんな影響を与えるのでしょうか。

離婚の慰謝料と年収の関係(1) 「年収が高い」は慰謝料増額の要因の一つ

慰謝料の増額の要素は様々あり、その中の一つが相手の社会的地位や収入です。
 
相手の年収が高ければ高い程、相場より高額な慰謝料を受け取ることができる可能性は高いでしょう。

離婚の慰謝料と年収の関係(2) ただ、あくまで払われやすいという程度のもの

ただし、相手の年収が高いからといって必ずしも高額な慰謝料が支払われるわけではありません。

年収は慰謝料の金額を決定する要素の一つに過ぎないため、「相場より高額になりやすい」程度のものだと認識しておきましょう。

実は調停や裁判でも「相手の年収」は直接考慮されないことが多いです。

離婚の慰謝料と年収の関係(3) 慰謝料の金額はその他の要素で左右される場合が多い

慰謝料の金額は年収だけで決まるわけではありません。
 
その他の要素として、婚姻期間の長さや精神的・肉体的苦痛の度合い、不倫が原因なら不倫の期間や不倫相手の子供の有無などで判断されます。

年収の高い相手から離婚時により高額な慰謝料を請求するには?

年収が高いパートナーと離婚をするなら、できるだけ慰謝料は多く支払ってもらいたいですよね。
 
高額な慰謝料を請求する方法をお伝えします。

高年収の相手から離婚の慰謝料を多くもらうには(1) 証拠を確保しておく

高額な慰謝料を請求するためには、本人の証言だけではなく客観的な証拠が必要です。
 
例として、不倫の場合ならホテルに出入りする写真、暴力の場合は怪我の診断書・写真やその状況を詳しく書いた日記やメモ、悪意の遺棄の場合は生活費を払っていないことが分かる通帳や相手が出ていき勝手に借りた賃貸の契約書などが有効です。

高年収の相手から離婚の慰謝料を多くもらうには(2) 協議の方が多くもらえることもある

協議離婚では当事者同士の話し合いで慰謝料の金額を決めることができます。
 
そのため相場よりも高額な慰謝料を請求したとしても、支払う側がその金額に同意をすれば、調停や裁判を申し立てるより多くもらえる可能性が高くなります。
 
話し合いの際には、相手が言い逃れできない証拠を用意し、どれだけの苦痛を味わったかしっかり主張しましょう。
 
また、高収入な相手ほど、離婚裁判になることを嫌がるため、社会的地位や収入が高い相手への慰謝料交渉では、「裁判する意思があることをも伝えながらも離婚協議中に交渉をまとめる」という戦略をとるのもよいでしょう。

高年収の相手から離婚の慰謝料を多くもらうには(3) 離婚問題に強い弁護士に相談する

離婚の原因が自分にあると認めている場合でも、慰謝料の支払いを拒否する人や、金額を下げようとする人は少なくありません。
 
そのため慰謝料の確実性を求めるのであれば、離婚問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。
 
弁護士に依頼をしたことで相場以上の慰謝料を請求できたケースも多々あります。

年収以外で離婚の慰謝料の金額に影響を与える要素

年収が高い程慰謝料も高額になる可能性があることを上記で説明しました。では、年収以外の判断材料となる要素を更に詳しくお伝えしたいと思います。

年収以外で慰謝料に金額に影響を与える要素(1) 結婚期間の長さ

婚姻期間は短いよりは長い方が慰謝料が高くなる傾向にあります。
 
長い時間をかけて信頼関係を築いてきた相手からの離婚話は、精神的な苦痛がより大きいと判断されるためです。

年収以外で慰謝料に金額に影響を与える要素(2) 不貞行為の回数・期間

離婚の原因が不貞行為だった場合は、不貞行為の期間と回数によって金額が上下します。

不貞行為が短い期間で1、2回だけというよりも、数年に渡って何度も繰り返されている場合のが被害は大きいとされ高額になりがちです。

年収以外で慰謝料に金額に影響を与える要素(3) 子供の有無・人数

二人の間に子供がいて自分に親権がある場合、程慰謝料の金額は上がることが多いです。更に子供の人数も多い程高額になります。
 
子供がいることで離婚後の生活の負担が大きいことや、子供への精神的ダメージも考慮されるためです。

年収以外で慰謝料に金額に影響を与える要素(4) 請求する側の年齢

慰謝料を請求する側の年齢が高い程、慰謝料は高額になります。
 
年齢が高いということは、今後働いて収入を得る期間が少ないと判断されるためです。

年収以外で慰謝料に金額に影響を与える要素(5) 社会的地位・職業

相手の社会的地位が高かったり、一般に高収入とされる職業に就いているといった場合は慰謝料が高額になる可能性があります。

逆に…年収が少ない・全くない相手には離婚の慰謝料取れない?

相手の収入によって慰謝料の金額が左右されるとお伝えしました。
 
ですが、もし相手に収入がない場合は慰謝料は請求できないのでしょうか。

一括は無理でも、分割でなら払ってもらえる場合がある

収入がないからといって法律上の慰謝料を支払い義務が免除されるわけではありません。
 
相手の経済状況の関係で一括で払うことが難いようであれば、分割で払ってもらうこともできます。
 
分割の支払いで双方が合意をしたら、分割数や支払日などをしっかり決めて、契約書にサインをさせるところまで忘れないようにしましょう。
 
次にも説明しますが、調停でなく協議で合意する場合には、強制執行ができるように、強制執行認諾文言付き公正証書の作成までしておくのがよいでしょう。

相手に収入ができたときに払ってもらうためには裁判所の手続きや公正証書が不可欠

離婚時に相手に収入がない場合、今後働いて収入を得られるようになったときに支払いをしてもらうことも可能です。

その場合、口約束だけでは確実に支払われる保証はありませんので、調停や裁判での判決を得ること、そして公正証書にその旨を記載することが必要になります。

もし収入があるのにもかかわらず慰謝料が支払われない場合は、給与や預貯金を差し押さえること(強制執行)が可能になります。

まずは専門家である弁護士に相談し法的なアドバイスをしてもらった上で今後の対応を決めることをおすすめします。

離婚の慰謝料と年収の関係について知りたい人はこちらも読んでみてください

離婚の慰謝料と年収の関係とは?のまとめ

慰謝料の金額は様々な事情が考慮されて決まります。年収も慰謝料を決める要素の一つとされています。
 
そのため相手の収入によって相場よりもかなり低くなることもあるし、逆に高くなることもあります。
 
離婚の際に慰謝料請求を考えているのなら、弁護士に相談することをおすすめします。
 
弁護士に依頼をすることで、自分が希望していた金額以上の慰謝料を請求できる場合もあります。
 
慰謝料の問題で不安なことがあればまずは法律相談をしてアドバイスをもらうようにしましょう。
この記事の作成者

カケコム編集部