3年?5年?何年別居していれば離婚は成立する?

離婚と別居がどのような関係にあるのか、3年か5年別居した場合に離婚できる条件などをご説明します。別居する理由は夫婦によって様々です。ただ、離婚を想定して別居するのであれば、様々な知識を身に付けて準備するのが得策です。

目次

別居と離婚の関係が深いことを知っていましたか?

別居と離婚関係性は非常に深いといえます。
 
夫婦円満なら離婚はもちろん、別居する理由はどこにもありません。
 
しかし、不貞行為など問題行為があった場合にうまく話ができず、別居に至ることもあるでしょう。
 
そういう場合、別居は離婚する前準備と思って良いかもしれません。
 
もちろん3年や5年など別居する期間が長くなるほど離婚が成立しやすくなります。

別居について確認!

ここで、別居とはどのようなものなのか、具体的に説明していきます。
別居の詳しい意味が分かれば、より計画的な別居ができるでしょう。

別居と離婚の関係

別居と離婚は非常に深い関係にあります。
 
まず、離婚する際に婚姻関係が破綻していて、修復は不可能と認められることが離婚できるかどうかの判断基準の一つとなります。
 
そして、別居期間、別居理由は婚姻関係が破綻しているかどうかの判断材料として重要な要素になります。
 
ただし、夫婦関係が破綻しているかどうかは実質的に判断されるもので、正当な理由がある別居は夫婦関係の破綻とは認められないでしょう。
 
家庭内別居も別居といえるかどうか難しいのが現状です。

別居の際、住民票は移す必要がある?

別居する上で住民票を別居先に移す必要性があるかと思われるかもしれませんが、大切なのは相手と同居していないという状況です。
 
なので、必ず住民票を移さなければならないわけではありません。
 
もしも住民票を移してまで相手と別居したいと思った時、様々なメリットもありますがデメリットもありますので、自分の場合住民票を移すべきかは一度冷静に考えたほうがいいでしょう。

なぜ別居したのか?

別居が離婚事由と判断されるためには、別居の理由がどのようなものであるかが重要です。
何が正当な理由なのかそうでないのかをご説明しましょう。

別居した理由(1) 単身赴任

よくある別居のケースとして、どちらかの単身赴任が挙げられます。単身赴任といえば夫がするイメージがありますが、これは正当な理由がある別居といえます
 
単身赴任は夫婦の問題ではなく会社の都合ですることなので、期間が3年や5年以上経とうと夫婦関係が破綻している理由にはなりません
 
別々に暮らすことになるとはいえ、夫婦円満であれば離婚する心配はないでしょう。

別居した理由(2) 喧嘩して実家に帰ってしまった

もしもお互いに喧嘩してどちらかが別居先に行ってしまった場合、それが一時的なものであれば問題ありません。
 
夫婦喧嘩の冷却期間として正当な理由が認められる期間は、1年くらいを目安として考えておきましょう。
 
相手が別居して1年以上経つ場合だと、離婚事由として認められやすくなってしまう可能性があるので気を付けなければなりません。

別居した理由(3) 不倫相手の家に行ってしまった

別居した理由が不倫相手の家に行ってしまったケースの場合、正当な別居でないばかりか、基本的に不貞行為も認められます
 
夫婦の同居義務違反に加え、貞操義務違反もあるということになれば、高額な慰謝料を請求することも可能になります。

別居は何年から離婚事由として認められる?

別居は離婚できる理由として認められやすいと説明しましたが、正確には何年から離婚が成立するのでしょうか。

離婚できる別居期間の目安は5年

別居を理由に離婚したいときに覚えておきたいのは、離婚事由になる別居期間としては、5年の別居期間が目安だということです。
 
基本的に別居する期間が長いほど離婚事由として認められやすくなりますが、たとえ3年でも離婚が成立する可能性があります
 
ですが、あくまで5年が目安なので別居期間が5年以上経っても離婚が認められないケースもあるので注意しましょう。

別居期間が3年以内でも認められる場合

別居期間は基本的に5年が目安ですが、場合によっては3年以内でも離婚が成立するケースがあります
 
別居期間が3年以内で離婚が認められるケースとして、相手が単なる別居だけでなく不貞行為や悪意の遺棄を行ったという場合が挙げられます
 
相手のほかの離婚原因がある場合に、3年以内の別居が最終的な離婚の決め手になる可能性は十分にあり得ます。

別居期間が5年以上でも認められない場合

場合によっては別居期間が5年以上経っていても離婚する理由として認められないケースもあります
 
それは、上記で説明した正当な理由がある場合です。
 
正当な理由がある場合は夫婦関係が破綻していると認められないため、たとえ5年以上別居していても離婚することはできません。
 
正当な理由として挙げられるのは、どちらかの単身赴任や親の介護など様々です。

別居によって離婚をするためには?

特別な理由がない限り、別居によって離婚する為には3年や5年など長期の別居が必要となります。
3年や5年の別居生活を経たところで、どのように手続きを進めるのでしょうか。

離婚請求をする側が有責配偶者かどうかが重要|有責配偶者とは?

3年や5年以上の別居を経たところで離婚請求を行うことになりますが、離婚を請求する側が有責配偶者かどうかが重要な争点になります
 
有責配偶者とは夫婦生活を破綻させる原因を作った夫と妻の一方のことをいいます。
 
有責配偶者は協議離婚や調停離婚の請求はできても、裁判での離婚請求は基本的に認められません
 
したがって離婚請求をしたい場合には、有責配偶者かどうかが重要です。

有責配偶者の場合の離婚請求

有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められませんが、場合によっては認められることもあります。
 
  • 別居期間が5年以上であること
  • 子どもが未成熟ではない
  • 離婚しても相手が全面的に極めて過酷な状況に置かれる心配がない場合
の3つが条件です。
 
これらの条件をクリアしていれば、有責配偶者でも離婚請求を行うことができます

有責配偶者ではないの場合の離婚方法

自分が有責配偶者ではない場合、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の順番で離婚の手続きを進めていくことになります。
 
このとき、相手が夫婦生活を破綻させた有責配偶者で会った場合には、離婚の手続きを進めると同時に慰謝料を請求することも可能です
 

まずは慰謝料をあなたがもらいたいのか、相手に慰謝料を払う気があるのか、を確認してみましょう。

本気で慰謝料請求をしたい場合には、弁護士に相談することをおすすめしています。

離婚や慰謝料請求には法的な知識が必要不可欠です。
 

一般の人だけで思い通りにことが進むのは難しいでしょう。

弁護士費用がどれくらいなのか、何をすればいいのかなどまずは相談してみてください。

3年以上別居していて、離婚を考えている人はこちらの記事も参考にしてください

3年?5年?何年別居していれば離婚は成立する?のまとめ

離婚が認められやすい別居の年数は3年〜5年以上でした。
 
また、有責配偶者かそうでないかによって離婚請求が認められるかどうかも変わります
 
自分が有責配偶者の場合、慰謝料を請求されても減額できる可能性がありますし、状況によっては離婚請求ができる場合もあります
 
有責配偶者ではない場合、相手が有責であれば高い確率で慰謝料を請求することができます

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部