離婚後、未成年の子が父親の遺産を相続する場合について

未成年の子が離婚後の元夫の遺産を相続する場合には、トラブルになることが少なくありません。離れて暮らす子に遺産を相続させることに抵抗を感じる父親も少なくないからです。今回は、このようにトラブルとなりやすい離婚後の未成年の子の父親の遺産の相続について解説します。

目次

離婚後の未成年の子は父親の遺産を相続できる?相続で気を付ける点は? 

離婚後には一方の親が子の親権を持ち、もう一方の親は離れて暮らすことが多いものです。

離れて暮らしても、離婚しても親子関係がなくなるわけではないので、これがトラブルの種となることがあります。

離婚後のトラブルの最たる例が「元夫が死亡したときの遺産相続」です

今回は、離婚後に元夫が死亡したときの未成年の子の遺産相続について解説します。

離婚後の未成年の子は元夫の遺産を相続できる? 

結論からいえば、子供は離婚後の実父の遺産を相続できますが、いくつか気を付けるべき点が存在します

法律上の親子関係がある限り元夫の遺産を相続できる 

民法887条1項には「被相続人の子は、相続人となる」と定められています。
 
「被相続人」は死亡のときにその財産が相続の対象となる人、「相続人」は被相続人の遺産を相続することが法律上認められている人のことを指します。
 
元夫と離婚していようと、婚姻中にできた子であれば、元夫の法律上の「子」であり、相続できることになります。
 
つまり、離婚は子の相続権に影響を与えないということになります。
民法887条  被相続人の子は、相続人となる。

元夫との婚姻中にできた子でなければ「認知」が必要

ただし、子供が両親の婚姻中にできた子供でない場合には注意が必要です。
 

つまり、実際に夫の子であっても、事実婚中に”妊娠・出産”した子供や、離婚後に”妊娠した”子供は非嫡出子となり、父親が子供を認知するか、子供や母親から父親に認知請求しなければ父親の相続人になることができません

※子の妊娠中、生まれる前に結婚した場合(いわゆるできちゃった結婚の場合)、嫡出子とされるので認知は不要です(判例)。

逆に、婚姻中にできた子であっても、不倫相手との子など、夫以外との間の子であれば、当然その子は元夫の相続人になりません。

民法779条 嫡出でない子は、その父…がこれを認知することができる。

民法787条 子、その直系卑属又はこれらの者の法定代理人は、認知の訴えを提起することができる。ただし、父…の死亡の日から3年を経過したときは、この限りでない。

なお、900条4号本文但書前段が削除され、認知された非嫡出子の相続分は嫡出子と等しいこととなりました。

これにより、子が「非嫡出子」だからといって取り立てて気にすべき点はないことになりました。

民法900条4号本文 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。

元夫の死亡時に胎児であっても元夫の相続ができる

 民法886条1項は「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす」としています。
 

妊娠中に離婚し、出産前に元夫が死亡したといった場合でも、「生まれる前だから相続権がない」ということにはなりません。

生まれるタイミングの微妙な差異によって、相続できるかどうかという重大な事情が変動すべきではないと考えられているからです。

ただ、ここが非常に重要なのですが、胎児でも相続ができるからといって、出生前に親が胎児を代理して遺産分割協議をすることはできません

子(を代理する親)を含めた遺産分割協議は、子の出生後に行う必要があります。

第886条  胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2  前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

元妻には相続権がないことに注意

子、配偶者には相続権はありますが、「元配偶者」に相続権を認める法律はありません

元妻と子供のうち、離婚後に元夫の遺産を相続することができるのは、子供だけなのです。

民法890条前段 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。

未成年の子が元夫の財産を相続する場合の遺産分割協議について|誰が子供を代理するのか 

では、未成年の子供が死亡した父親の遺産を相続するとき、誰が子供の代理人となるのでしょうか。

離婚後の未成年の子の相続分

離婚した元夫に配偶者がいない場合には、未成年の子のみが相続人となるので、相続分は元夫の相続財産の100%になります。
 
離婚した元夫に配偶者がいる場合には、その配偶者と元夫の子のみが相続人となるので相続分は相続財産の50%のうち、子供の人数で割った割合になります。
 
例えば、元夫と自分との子が1人、元夫と新しい配偶者との子が一人いる場合には、50(%)÷2=25(%)。
 
つまり、元夫の相続財産の25%が自分の子供の相続分になります。

未成年の子が一人の場合、元夫の遺産分割協議の法定代理人は親権者(母親が多い)

親権者は、未成年の子の財産を管理します(民法824条本文)。

この親権者のような立場の人を「法定代理人」といい、元夫の死亡後の「遺産分割協議」も、法定代理人である親権者が未成年の子に代わって行います

離婚後の子の親権者は離婚時に決まります

協議離婚であれば、離婚届に親権者として記載した父母の一方が親権者となります。

親権者は母親となることが多いようです。

民法818条1項 成年に達しない子は、父母の親権に服する。

民法824条本文
  親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。

民法907条1項 共同相続人は、…いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。

父親が親権者だった場合、父親が死亡したとしても、必ずしも母親が親権者になるわけではない

離婚後に親権者である父母の一方が死亡した場合にもう一方が親権者になるというルールはありません。

父親が親権者だった場合、父親が死亡したとしても、必ずしも母親が親権者になるわけではないということです。

したがって、母親が親権者になりたい場合には「親権者変更調停」を申し立てるほかありませんが、認められる保証はありません

母親が、複数の未成年の子の親権者である場合、特別代理人が必要

未成年の子が複数おり、母親が複数の未成年の子の親権者である場合には、その複数の子を代理して遺産分割協議に参加することはできません(民法826条2項)。
 
  • 母親が2人の未成年の子の親権者である場合は1人の特別代理人の選任の請求が必要
  • 3人の未成年の子の親権者である場合は2人の特別代理人の選任の請求が必要

ということになります。

このあたりからは複雑になるので、わからなければ早期に弁護士に相談しましょう。

わからないからと放置することや、特別代理人の選任を請求せず、複数の子を代理してしまうことは危険です。

民法826条2項
親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その1人と他の子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

未成年の子が元夫の財産を相続する場合・遺産分割協議で母親が子供を代理する場合の注意点 

以下では、未成年の子供が死亡した父親の遺産を相続する場合・遺産分割協議で母親が子供を代理する場合の注意点についてみていきましょう。

相続できる額の相場は決まっています|法定相続分・具体的相続分をベースに考える

遺産分割協議において、遺産分割方法を決める際には、具体的相続分を目安にしましょう
 
具体的相続分は法定相続分に特別受益や寄与分を考慮して計算します
 
 
特別受益は、簡単にいえば、前渡しされた遺産の金額、寄与分は簡単にいえば、遺産のうち、その人が遺産形成に貢献した部分の金額です。

子供の利益を一番に考える|相続放棄しなければならない場合もある?

相続の「単純承認」では債務も相続します。

元夫の財産を相続することが必ずしも得になるわけではないことに注意が必要です。

債務が財産より多ければ相続を放棄したほうが得する場合もあるのです。
民法915条1項本文 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純…承認又は放棄をしなければならない

相続・遺産分割に関してトラブルが生じたら弁護士に相談することがお勧め

元夫に相続財産がある場合には、相続・遺産分割が問題になります。

ただでさえ相続は法的トラブルになることが多いところ、「元妻との間の子」の相続となると、法的トラブルはより深刻になる可能性があります。

また、相続財産の確定、法律の解釈、相続分の計算は専門的な技術が必要となる場合が少なくありません。

そのような場合、自分の代理人となって遺産分割協議をできるのは弁護士だけです。
 
問題が深刻化する前に、早期に弁護士に相談しましょう

離婚後の未成年の子の父親の遺産の相続について知りたい人はこちらも読んでみてください

離婚後、未成年の子が父親の遺産を相続する場合についてのまとめ 

離婚後の子も、両親の遺産を相続することができるのですが、離れて暮らす子に相続させることに心理的抵抗を感じる方が多くいることも事実です。

ですから、離婚後の子の元夫の遺産相続は、スムーズにいかないことが多いと考えられます。

とはいえ、元夫が債務超過であるような場合を除けば、子供のことを考えると、遺産を相続しないという選択肢は採り難いものです。

また、元夫との子供が複数いる場合には、状況はより複雑になります。
 
問題となることが多い、離婚後の未成年の子の元夫の遺産相続については、早期に弁護士に相談することがお勧めです

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部