夫(妻)が失踪したときは離婚できるのか?|条件、手順について

失踪した配偶者と離婚したい場合、どうしたらよいのでしょうか。配偶者が失踪してしばらく経つから離婚したい!でも、離婚できるのか心配ですよね。ここでは、配偶者が失踪・行方不明になった場合に離婚できるケースについてご紹介します。

目次

配偶者が失踪して行方不明・・・こんなとき離婚は可能?

配偶者が失踪してしばらく経つ…。心配な一方で、原因に思い当たる節のある方は、いっそのこと離婚したいと思うのではないでしょうか。
 
でも、行方不明になったからといって、すぐに離婚できるものなのか。また、離婚できるとしたら、どのような条件をクリアすればよいのかは、とても分かりにくい問題です。
 
配偶者が失踪して離婚するには、どのような条件をクリアしている必要があるのでしょうか。

配偶者が失踪して離婚できるケース(1) 3年以上生死が不明な場合

配偶者が失踪して3年、生きているかどうかもわからないという状況の場合は離婚できるかもしれません。

最後の連絡が途絶えてから3年

あなたが配偶者と連絡をとって3年以上経過し、その間一度も連絡が取れず、生きているかどうかも分からない場合は、旦那の失踪を原因として離婚することが可能です。
 
3年未満の場合は、認められにくいため、この3年という年数を念頭に入れておきましょう。

単なる音信不通や別居は含まれない|生死不明と行方不明の違い

生死不明とは、文字通り一切消息が分からず、さらに生きているかどうかを確認することができないことを指します。

一方で、行方不明とは、消息がわからないことに加えて、単純に「居場所がつかめない」という意味も含んでいます。

そのため、行方不明よりも生死不明の方がより重要で深刻な問題となります。

生死不明を証明しなければならない

行方不明では配偶者失踪による離婚のためには不十分です。
 
そのため、「行方不明」ではなく、「生死不明」であることを証明する必要があるということです。

3年以上の生死不明の場合、調停を得ずに離婚裁判が可能

通常、協議離婚→調停→裁判離婚というプロセスをたどる離婚。
 
しかしながら、もしも3年以上生死不明だった場合、通常必要な過程である調停を経ることなく、ストレートに離婚裁判に持ち込むことが可能です。

離婚成立後、失踪者が現れても大丈夫

3年以上失踪していて、生死不明の配偶者と離婚が成立して安心していたら、離婚成立後に失踪していた配偶者があらわれて異議を申し立てた場合、どうなるのでしょうか。
 
実は、離婚成立後であれば失踪者があらわれても離婚が取り消されることはありません。
 
一度離婚が認められたものを覆すことはできないのです。

配偶者が失踪して離婚できるケース(2) 悪意の遺棄に該当する場合

配偶者が失踪して離婚が認められるのには、「悪意の遺棄」に該当している必要があります。でも、悪意の遺棄って何でしょうか?

悪意の遺棄に当たれば3年待たずに離婚が可能

民法770条1項の離婚事由に挙げられている「悪意の遺棄」に当たれば、3年を待たずして離婚することが可能です。
 
悪意の遺棄というとわかりにくいのですが、簡単にいえば、配偶者を放置することです。
 
ここでいう悪意とは、夫婦関係をわざと破綻させたり、夫婦関係が破綻しても構わないという意思のことです。
 
夫婦はともに住み、共に助け合う義務があります。
 
それなのに破綻しても構わないという気持ちで配偶者を放置していれば、3年の縛りもなく離婚するに十分な理由となるのです。

悪意の遺棄に該当するケースとは?

具体的に悪意の遺棄とは、次のようなケースになります。
  • 妻(旦那)の帰宅を拒む(鍵をしめて家に入れないようにする)
  • 健康な旦那が働かない
  • 働いても生活費を家に収めない
  • 生活費はおさめているが、別の女性と暮らしている
  • 単身赴任の旦那が勤務地からまったく帰ってこず、生活費も送ってこない
このような場合は、悪意の遺棄に該当します。

婚姻を継続し難い重大な事由に該当する場合も

民法770条1項に記載されている離婚事由には、「婚姻を継続し難い重大な事由」も含まれています。
 
旦那がどこかに行ったきり、まったく帰ってこない。失踪したまま連絡先もわからないのであれば、十分婚姻を継続し難いといえるでしょう。

配偶者が失踪して離婚できるケース(3) 失踪宣告を行う場合

配偶者の失踪を理由に離婚できるケースとして、失踪宣告を行うことがありますが、失踪宣告とは果たしてどのようなものでしょうか。

失踪宣告とは?|普通失踪と特別失踪

 
失踪宣告には普通失踪と特別失踪の2種類があります。
 
両者では失踪宣告に必要な失踪期間が異なります。

失踪宣告が利用できる場合(1) 7年以上生死が不明|普通失踪

失踪宣告を利用するためには、いくつかの条件があります。
 
まず、7年以上生死が定かではないことが条件です。
 
7年というとかなり長い年月が経過しています。そのような長期間生死が不明であれば、法律上死亡したものと見なすことができるということです。
 
この場合の失踪宣告のことを普通失踪といいます。

失踪宣告が利用できる場合(2) 危難に遭い、その危難の去ったときから1年|特別失踪

旦那に戦争や、船舶の沈没、あるいは震災などの死亡の原因となる危難があったとします。
 
その危難から1年経過した場合もまた、失踪宣告によって配偶者が死亡したものとすることができます。
 
この場合の失踪宣告は特別失踪といいます。

”失踪宣告”と”3年以上の生死不明での裁判離婚”の違いとは?

失踪宣告の場合、法的に配偶者は死亡したことになるだけであり、離婚に直結するものではありません。
 
ところが、3年以上の生死不明で裁判離婚すれば、離婚が成立するだけではなく、失踪していた旦那が出てきた後で離婚判決を覆されることはありません。
 
ただし、失踪宣告の場合は、離婚の場合と異なり、遺産の相続ができるので、状況を踏まえつつ、失踪宣告と離婚のどちらを選ぶべきはよく考える必要があります。
 

配偶者が失踪して離婚を考えている人はこちらの記事も参考にしてください!

夫(妻)が失踪したときは離婚できるのか?|条件、手順についてのまとめ

配偶者が失踪してしまったら、離婚することは場合によっては可能です。
 
ただ、ご紹介してきたように、経過していなければならない年数が限定されていたり、失踪宣告が必要だったりと、数々の手続きが必要です。
 
自分1人で手続きをしてしまうと、時間が倍かかってしまったり、どうしたらいいのかわからない時が多々あると思います。
 
そんな時には専門家に相談をしてみましょう。
 
失踪宣告や離婚裁判など、一般の方には難しい手続きを任せることができます。
 
相談は無料なので、一度相談してみることをオススメします!
 
法的な手続きを含め、配偶者の失踪によって生じる諸問題に対応してくれるでしょう。

無料で専門家に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部