夫が離婚に同意してくれないときの対処法

離婚話がスムーズに進むという話はあまり耳にしません。どちらかが離婚に同意してくれないというのはよくある話。説得しても夫が離婚に同意してくれなくても説得以外に出来ることがあります。夫が離婚に同意してくれない時の対処法やその原因についてご紹介していきます。

目次

夫が離婚に同意してくれなくて泣き寝入り・・・そんなときの対処法教えます!

 

離婚したいのに夫が離婚に同意してくれない。

説得してもまったく離婚話が進まない。

そんな時、妻は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?

離婚に同意してくれない夫への説得の方法なんて、身近な人は誰も教えてくれないでしょう。

夫婦関係はこわれているのに、我慢し続けるのはさぞお辛いことでしょう。

今回は、夫が離婚に同意してくれない原因や、その対処法。説得以外に離婚のために出来ることをご紹介します。

夫が離婚してくれない原因って?

 
夫が離婚に同意してくれない原因はどんなところにあるのでしょうか?
それを知ると離婚の説得方法も見えてくるかも知れません。

夫が離婚に同意しない理由(1) 世間体 

男性は女性よりプライドが高く世間体を気にすると言われます。

女性でも世間体を気にする人はいますが、それでも自分が辛い思いをしてまで世間体を重視する人は少ないでしょう。

夫が離婚に同意してくれないのは、周りの好奇の目を避けたいだけということもあるのです。

夫が離婚に同意しない理由(2) 妻の収入がないと生活できないから

最近は、夫婦共働きでしかも女性の方が稼ぎが良いという場合もあるようです。

昔は女房を養うのが男の甲斐性と言われていました。

妻を食べさせられないのは男の恥でした。

しかし、今どきの夫は「妻と別れたら今の生活水準を保てない」という理由で離婚に同意してくれない人もいるのです。

夫が離婚に同意しない理由(3) 離婚自体がめんどくさい

妻にとっては離婚したいような理由があっても、夫にしてみればそうでもない場合もあります。

「離婚してもいいけど離婚に関する諸々が面倒だな。離婚は後回しでいいだろう。」と夫婦生活をそれほど重要に思っていない夫もいるようです。

夫が離婚に同意しない理由(4) まだやり直せると思っている

夫が離婚に同意してくれない原因の中には、まだやり直せると思っている場合もあります。

妻の不満と夫の自信。

どちらが強いのか、正しいのかはわかりませんが、その夫婦はお互いの関係性について意見のすれ違いがあることは確かです。

夫が離婚に同意しない理由(5) 子供と会えなくなるのが嫌だ 

子持ちの夫婦が離婚した場合、子どもの親権は母親である妻に渡ることが多いです。

夫としても今まで子育てに積極的に参加していた人でない限り、夫本人も自分に子育てが出来るとも思えないでしょう。

離婚すると子どもは妻のところに行ってしまう。

子どもに会えなくなるのは辛い・・・というのが離婚に同意してくれない原因の人もいます。

夫が離婚してくれない時、説得するには?

 
夫が離婚に同意してくれない理由がわかれば、説得のヒントになった人もいるのではないでしょうか。
ここでは、更に説得しやすくするために4つの説得方法をご提案していきます。

離婚の意思が固いことをはっきりと伝える

人を説得していくには、自分の強い意思を見せることが大切です。

あなたの気持ちがフラフラしていたら、夫を説得することなどできないからです。

離婚したいではなく「離婚します!」と断言しましょう。

もし、離婚するという決意が固くない場合は、もう一度本当に自分は離婚したいのか?と自分自身の心の中を振り返ってみましょう。

離婚する時の条件を紙に書いてそれを元に話し合いを進める

具体的に離婚が見えない夫は、離婚を同意してくれないことが多いようです。

そんな夫を説得する時には、わかりやすいように具体的に離婚の条件を紙に箇条書きにしましょう。

自分がどれだけ離婚について考えているか伝わりますし、相手にとっても離婚後のビジョンが見えてくるでしょう。

その紙を見ながらひとつずつ夫と話し合いを進め、離婚を説得していくと同意が得られやすくなるでしょう。

調停をちらつかせる

夫が離婚に同意してくれないのは、妻のことをなめているのかも知れません。

同意せずにいればそのうち諦めてくれると思っているのです。

そんな時は、「話し合いに同意してくれないなら離婚調停する」と言いましょう。

あなたの決意が固いことを理解して、夫も真剣に離婚について考えてくれるでしょう。

相手の離婚してくれない理由を明確にして、譲歩できれば譲歩する

夫が離婚に同意してくれないのは、あなたが出している条件が夫にとって飲めない内容である場合もあります。

夫を説得するには、こちらの離婚の条件を多少緩める必要もあるかも知れません。

夫に確認してみましょう。

それでも、どうしても譲歩できない場合は、自分ひとりの力では説得が難しいことが考えられます。

調停でなく裁判も視野に入れると良いでしょう。

夫が離婚してくれない時に説得以外でできること

 
夫が離婚してくれない時は、説得以外のアプローチ方法もあります。
離婚のケースによっては説得より効果的ですのでチェックしておきましょう。

別居をする

離婚してくれない夫とは一緒に生活するのも辛いでしょう。

そんな時は思い切って別居するのも離婚をスムーズに進めるひとつの方法となります。

夫がどうしても離婚してくれない時は、冷却期間を置くという意味でも別居を申し出てみてはいかがでしょうか。

夫に責任がある場合は証拠を残しておく

あなたが離婚を考える原因が夫にある場合、例えば

  • 夫の浪費が激しかったり
  • 浮気をしていたり
  • 暴力を振るわれたり

という場合は、その証拠となるものを残しておくと良いでしょう。

いざ調停や裁判になったときに役に立つでしょう。

親、友人にも離婚の意思があることを伝えておく

離婚をした後は、頼りになるのは親や友人です。

普段は何をしてもらうわけではなくても、いざという時には心の支えになってくれるでしょう。

そんな人には自分が離婚したいと思っているということ、夫が離婚に同意してくれないことを報告しておくと良いでしょう。

弁護士、離婚カウンセラーなど第三者の相談を受ける

離婚に同意してくれない夫に悩んでいたら、弁護士や離婚カウンセラーなど第三者に相談してみるのも良い方法です。

弁護士には具体的な離婚の悩みを相談できるでしょう。

離婚カウンセラーは望めば夫側、妻側と双方の相談を受けてもらえます。

自分では聞き出せなかった夫の考えを聞き出せるかも知れません。

なぜ離婚に同意してくれないのかというヒントになりそうですね。

まだ夫が同意しないようであれば調停・裁判に進みましょう

弁護士や離婚カウンセラーに相談しても、まだ夫が離婚に同意してくれないなら協議離婚での離婚は諦め、調停や裁判に進みましょう。

夫に離婚調停を申立てましょう

離婚の基本は二人での話し合いで決める協議離婚です。

しかし、どうしても離婚に同意してくれないので平行線状態なら、先に進むには調停離婚に進みましょう。

離婚を求める妻が家庭裁判所へ出向き、夫婦関係調整調停という調停で「離婚を求めている」という目的を添えて申し立てます。

調停委員という第三者にお互いの意見を聞いてもらい、離婚の話をまとめていきます。

離婚調停で合意が取れなければ裁判離婚に進みます

調停離婚でも夫が離婚に同意してくれない場合、裁判離婚に進みます。

この場合も妻が夫に対して離婚して欲しいという訴えを裁判所に申し立てます。

裁判離婚をする人は離婚した夫婦の1~2%と言われています。

これは話し合いではないので、きちんとした理由と証拠があれば夫の同意には関係なく、判決という形で夫と離婚することが出来るでしょう。

離婚をスムーズに進めるために、先程ご紹介した証拠集めが重要になってくるのです。

夫から離婚の同意が得られない人はこちらの記事も読んでおきましょう

夫が離婚に同意してくれないときの対処法のまとめ

 

夫が離婚に同意してくれない時は、その原因を知り、譲歩できるところは譲歩して夫婦で話し合うことからはじめます。

それでも、夫の気持ちが変わらず離婚の話が進まない時は、調停や裁判へと離婚を進めます。

離婚裁判では高度な法律的知識も必要となってくるので1人で進めようとするより、弁護士に相談・依頼する必要性を感じてくるでしょう。

夫の気持ちが頑なでなかなか同意してくれないのが予想されるのであれば、協議離婚など早い段階から弁護士に相談した方がスムーズに離婚が進むこともあります。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部