離婚しそうな妻と仲直りする方法3つとは?

今回は、離婚しそうな妻と仲直りするにはどうすればいいのかについてご説明します。離婚しそうになった時、何としてでも仲直りしたいという気持ちがあるのは当然のことですが、上手く仲直りするにはどううすれば良いのでしょうか。

目次

離婚寸前の妻と仲直りしたい!何をすればいいの?

離婚寸前の妻と仲直りしたい場合、どんな方法が効果的でしょうか?
 
何をすればいいのか分からないという状態でも、少しずつ行動は起こしていくべきでしょう。
 
しかし、夫婦の仲がギスギスしている状態だと、些細な一言で夫婦喧嘩に発展してしまうことも珍しくありません。
 
ただでさえ気持ちがすれ違いやすい状態であるからこそ、夫自身が仲直りするために慎重かつ冷静に行動するべきでしょう。

妻と仲直りする前に|夫がわかってないこととは?

ですが、仲直りするためとはいえ、夫の認識の甘さが仲直りを遠ざけることもあり得ます。
最悪の場合、夫婦が別居状態になる可能性もあるでしょう。

夫がわかっていないこと(1) 一回のプレゼントや旅行で解決できると思っている

夫によくありがちなのが、たった一回のプレゼントや旅行を行っただけで妻が離婚を考え直してくれるはずだと思ってしまっていることです。

妻の気持ちはそう単純なものではありません

夫自身が誠意を持って妻と接していかなければ、ますます気持ちを理解していないと思われてしまうでしょう。

夫がわかっていないこと(2) 風俗は遊びだと思っている

夫自身は風俗を遊びだと思っているかもしれませんが、妻としては他の女性と一緒にいることを考えるだけで腹が立ち、悲しく思うものです

自分ではなく他の女性と遊んでいることを考えれば、一種の裏切り行為だと思われてしまうのは当然のことです

すぐに認識を改め、風俗遊びを止めることが求められるでしょう。

夫がわかっていないこと(3) 心の傷は一生残る

夫は過去に衝動的に暴力を振るったり浮気や不倫、風俗遊びをしてしまった場合。

夫にとっては気まぐれのようなものだと思い、もう忘れているかもしれません。
 
しかし、妻にとってはたった一回の過ちでも、信じていた夫がこれらの裏切り行為を行ったというだけで心に深く傷を負ってしまいます
 
この傷は一生消えるものではないので、妻と仲直りしたいなら一生かけて償うくらいの気持ちを持つことが大切です

夫がわかっていないこと(4) 妻が料理を作ったり、家事するのが当たり前ではない 

よく聞くケースとして、「自分は家族を養っているんだから、妻が料理や家事を行うのは当然だ」と勘違いしているケースがあります。
 
確かに夫は仕事で大変かもしれませんが、妻もそれと同様かそれ以上に大変な思いをしているはずです
 
子どもがいるならなおさらですし、夫自身が妻がどれだけ家事で苦労しているかを身を持って知ろうとしなければ、夫婦が仲直りするのは難しいでしょう

妻と離婚せず仲直りする方法とは?

では、どのようにすれば離婚寸前の妻と離婚せずに仲直りできるのでしょうか。
こちらの誠意が妻に伝われば、離婚しなくて済むかもしれません。

妻と仲直りする方法(1) こまめに連絡やコミュニケーションをとる

妻と離婚せずに仲直りしたいのであれば、こまめに連絡を取ったり、コミュニケーションを取るようにしましょう

夫からの連絡もなければ、家にいてもコミュニケーションがないようでは一緒に暮らしていて楽しいとはいえません。

妻に寂しい思いをさせないようにするには、夫婦の会話を増やすことが仲直りする何よりの方法といえるでしょう

妻と仲直りする方法(2) 何年もかけて信頼を取り戻す

夫婦が仲直りするためには、たった数日心を入れ替えて過ごしただけで、簡単に信頼を取り戻すことはできません。

夫婦関係を修復するには、何年も時間をかけて自分を再び信頼してもらうことが大切です。
 
信頼を積み重ねるのは多くの時間を必要としますが、失うのは一瞬です。
 
長い時間をかけて心からの誠意を伝えるように努力すれば、妻からの信頼を取り戻すことができるでしょう。

妻と仲直りする方法(3) 負担をなるべく減らしてあげる 

もう一度夫婦円満な生活を送るためには妻に家事を押し付けるのではなく、妻を全面的に助けることが大切です。
 
妻が夫と離婚したいと思った時、その背景には家庭を支えることの大変さを理解してもらえないことが挙げられます。
 
仲直りするためには家事や育児の負担を共有し合い、できる限り妻の負担を減らしてあげることが重要になるでしょう。

妻と別居してる時には仲直りができないの?

妻と別居していても仲直りすることはできますが、別居期間が長くなるほど離婚の危機が迫ってきます。
そうならないためにも様々な対策が必要になるでしょう。

別居期間が長くなると離婚が認められやすくなってしまう

一番気を付けてほしいのが、妻の別居期間の長さです。

たった数日程度ではすぐに離婚する事態になるわけではありませんが、これが長年続いた場合、夫婦関係が破綻していると判断され、離婚が認められやすくなります。
 
したがって別居している妻と仲直りしたいなら、何とかして妻と同居できるように戻ってきてもらいましょう。

妻の両親も入れて話し合いをしましょう

別居している妻と仲直りしたい場合は、妻の両親に協力してもらって話し合いを行うのも効果的です。

自分からではなく、両親に説得してもらえば別居状態が解消される可能性があります
 
しかし、過度な期待は禁物です。

もしも妻の両親が妻の味方をしている場合、両親からも責められて、さらに妻に会いにくくなることも考えられます。

妻の両親も交えて話をしても不利にならないかを考えてから、実行しましょう。

信頼できる共通の友人に仲介に入ってもらうことも効果あり

別居中の妻と仲直りしたいなら、信頼できる友人に仲介に入ってもらって説得する方法があります。
 
共通の友人であればお互いの関係について理解していますし、お互いに話し合いがヒートアップするのを防いで穏便に話を進めてくれるでしょう
 
これからのことを考えると、妻と仲直りするためにも是非とも協力してもらいたいものです。

ここまでやって仲直りできなければ?

もしもこれまでに挙げた方法を全て試してみても駄目だった場合、妻は本気で離婚を考えているのかもしれません。

離婚も視野に入れておく

これまでに様々な対策を行っても妻が離婚する意志を変えなかった場合、こちらも離婚を視野に入れておいた方が良いでしょう。
 
こちらが仲直りしたい意思を伝えても考えが変わらない場合、妻は既に離婚に向けた準備を始めている可能性が高いです。
 
離婚することに悲観的にならず、もしものときを考えてこちらも離婚する準備を整える必要性があります

こちらも弁護士を立てる

離婚の際には、子供がいれば親権や養育費、慰謝料や財産分与など決めることが様々あります。

そして、妻が本気であれば弁護士をつけて離婚を進めている可能性が考えられます。
 
弁護士は離婚に関する専門家です。
 
そうなった時にあなた一人では、不利なように離婚が進んでしまうでしょう。

その対策としてこちらも弁護士をつけて、離婚に進んでいくことが必要です。

相手が弁護士を用意していなかった場合でも、こちらが有利になることは変わりありません。

離婚に進んでしまった場合には、不利になる前に弁護士に相談しておきましょう

離婚寸前で仲直りしたいと考えてる方はこちらの記事もおすすめです!

離婚しそうな妻と仲直りする方法3つとは?のまとめ

離婚しそうな夫婦仲を改善するための方法を挙げていきました。
 
早速試すことができそうなものもあると思います。
 
まずは信頼回復に務めることが仲直りへの第一歩です。
 
しかし、色々試したけどうまくいかない…という人はいると思います。

共通していえるのは、夫が考えているよりも妻が抱えている問題は単純ではないということです。

もしかしたら妻は離婚の意思がかなり固まっているのかもしれません。

もし離婚を言い渡されて、妻に撤回する気がないのであれば、こちらも対応していかなければなりません。

そのために専門家の力を借りることをオススメします。

弁護士とは大げさなと思ったかもしれませんが、離婚時の取り決めは一生に関わるものもあるのです。

対策しすぎということはないのではないでしょうか。
 
まずは相談だけでもできますから、一度自分の思っていることを話してみましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部