離婚の絶望からシャキッと立ち直る方法5つ

離婚から立ち直る離婚から立ち直ることが出来ないという人は少なくありません。最終的には自分で決めた離婚でも、思った以上にダメージが大きいものなのです。今回は離婚の辛さを克服して立ち直る方法をご紹介します。離婚が辛くて後悔している人も、今から何か出来ることもあるかも知れません。

目次

離婚から立ち直る方法を知りたい人は是非最後まで読んでください

 

辛い離婚から立ち直る方法を知りたい。何とかしてこの辛い気持ちを消したい。

離婚前には思ってもいないかった辛い気持ちに苦しむ人は多いものです。

離婚から立ち直れないのは、人それぞれの様々な理由があるでしょう。

他人に話してもなかなか理解してもらえることもなく、「大人だから」「自分たちで決めたことだから」というプライドから誰にも言えずにいる人もいるでしょう。

そんな人にぜひ参考にしていただきたい、その苦しみから少しでも開放され、立ち直る方法を5つご紹介します。

離婚が辛い理由とは?

 
辛い離婚。
そこから立ち直る事が出来ないのは、あなたが辛い理由を自分で理解できていないこともあるかも知れません。
離婚経験者の多くがなかなか立ち直る事が出来ないのはなぜか、その理由を見ていきましょう。
あなたの気持ちにピッタリくる理由はあるでしょうか?

離婚が辛い理由① 子供と会えない

離婚時にも親権問題でもめるご夫婦は多いものです。

「血を分けた自分の子供と引き裂かれるのはとても辛い。」「立ち直る事なんて無理だ」と感じるのも当然です。

特に男性は、自分が子供を育てたいと思っても母親に親権が渡ってしまって、どうしようもなかったという人も多いでしょう。

離婚から立ち直ることが出来ない理由に、子供と別れた辛さをあげる人はとても多いのです。

離婚が辛い理由② 子供に悪影響がないか心配

子を思う親心から、

  • 自分たち両親が離婚した事により、子供が学校でいじめられていないだろうか?
  • 親のことを恨んで恋愛や結婚に拒絶反応が出たりしないだろうか?

と離婚が子供に悪影響を及ぼしていないか心配される方もいるでしょう。

離婚してしまった後に後悔してもどうなるものでもありませんが、子供のことが心配でどうしても離婚から立ち直ることが出来ない方もいます。

離婚が辛い理由③ まだ元配偶者に未練がある

自分は離婚したくなかった。
元配偶者に対してまだ恋しい気持ちがあり未練が断ち切れない。

そんな理由で離婚から立ち直ることが出来ない人も珍しくはないのです。
一度は気持ちが通じ合った相手です。楽しい思い出もたくさんあったでしょう。

どうして離婚してしまったのか、出来るなら復縁したい。
そんな気持ちが頭から離れなかったら、なかなか離婚から立ち直ることは出来ません。

離婚が辛い理由④ これからずっと一人かもしれないという不安

一度離婚を経験してしまうと、次の結婚に対して「また失敗してしまうのではないか」という気持ちが湧いてきて、なかなか再婚に踏み切れない人もいます。

離婚経験がトラウマになってしまってなかなか次の幸せをつかむことができない人も多いです。

「このままでは、自分は一生1人で生きて行かなければいけないかもしれない」と不安に思う人もいるでしょう。

離婚が辛い理由⑤ 経済的に辛い

共働きであれば、それまでは二人で働いたお金で生活していたことでしょう。

それが全て自分の稼ぎだけでやっていかなければいけなくなるのは、今までの倍のお金がかかることもあります。

光熱費や家賃などは、1人で生活しても2人で生活していてもそれほど変わるものではありません。

経済的な問題で離婚後に辛さを抱える人も多いのです。 

離婚の立ち直り方

 
離婚後に立ち直ることが出来ない理由がわかったら、それを取り除き辛い現実から立ち直る方法も見つかりやすくなったのではないでしょうか?
ここからは、離婚の辛さから立ち直る具体的な方法をご紹介します。

離婚からの立ち直り方① とにかく仕事に集中する環境を作る

離婚の辛さを忘れるために、他のことに集中するのは、立ち直る方法として誰にでも試してみる価値があります。

離婚した記憶が薄れてちょっと心がチクッと痛む程度の思い出になるまでの、時間稼ぎの方法として仕事に集中する環境を整えましょう。

仕事に集中すれば、離婚のことを考えずに済みます。仕事が捗れば経済的な離婚の辛さからも立ち直ることが出来るでしょう。

離婚からの立ち直り方② 友人や仕事仲間に愚痴を聞いてもらう

離婚の辛さは他人にはなかなか理解してもらえないもの・・・。
とは言っても誰かに話を聞いてもらうだけでも立ち直るきっかけになることもあります。

友人や会社の同僚など信頼のおけて話を聞いてくれそうな人に愚痴を聞いてもらいましょう。

日本の離婚の割合は3組に1組という高いもの。

友人や同僚も今は聞き役ですが明日は我が身かも知れません。
「そっちの時は自分が聞き役になるから」と甘えてもいいのではないでしょうか。

離婚からの立ち直り方③ 再婚相手を探す

恋愛の辛さから立ち直るには新しい恋とよく言いますよね。
結婚においても再婚相手が見つかれば辛い気持ちから立ち直ることも出来るのです。

守るものがあれば、人生にやりがいが出来て、後ろを振り向いている暇などなくなるでしょう。離婚の辛さから立ち直ることも出来ます。

結婚相談所や婚活サイトでも再婚の人をターゲットにした婚活イベントなども行われているようです。

最近では仕事に忙しい人のためのネット婚活というものもあります。

あなたに合った方法で、再婚相手を探してみてはいかがでしょうか?

離婚からの立ち直り方④ 時間が経つのを待つ

離婚から立ち直るには時間の経過を待つことしか出来ないかもしれません。

そんな時には、焦らずに離婚後の1人の生活と向き合っていくしかありません。

離婚から立ち直るまでのの時間の過ごし方として「既婚者では出来ないような遊びをパーッとしてみる」というのはいかがでしょうか?

休日前の夜は朝までカラオケでストレス発散したり、今までは2次会には参加出来なかった飲み会も、最後まで付き合うことが出来るでしょう。

1人の夜は辛いと感じる人も多いので、このような夜のお付き合いの場に積極的に参加するのは良い時間潰しになりますね。

趣味に集中してみたり、スポーツジムに通い始めるというのもおすすめの方法です。

離婚からの立ち直り方⑤ 自分のせいだけではなかったと考える

離婚から立ち直ることが出来ないのは、心のどこかに「悪いことをした」「離婚の原因は自分のせいだったのでは」という罪悪感があるからかもしれません。

このような罪悪感は再婚にも大きく影響してしまうでしょう。

離婚は夫婦二人の問題です。あなた1人で全て抱えてしまわず、
「お互いに決めたことなんだから自分ひとりが悪かったのではない」「相性が悪かったのだ」
と思えば、立ち直るまでの時間も短くなるでしょうし、次こそはという前向きな気持ちになることも出来るでしょう。

離婚後立ち直れない理由が子供、経済的な理由なら・・・

 
離婚して立ち直る事が出来ないのが「子供が恋しい」「経済的に苦しい」ということであるなら、離婚後でも何とか出来る方法もあります。

弁護士に相談すれば子供を取り返したりお金をもらうことができるかもしれません

  • 離婚した後、妻が恋愛に夢中になって子供の面倒を見ていないらしい 
  • 夫に言われて子供の親権を渡したけれど、残業も多く父親が子育てをするのは子供に負担を掛けている

そんな時は、親権を離婚後に変更することも可能です。

子供を引き取ったが養育費をもらっておらず、経済的に苦しいという時も後から養育費を請求することも出来るのです。

そんな時は弁護士に相談して、自分のケースは親権の変更や養育費の請求が出来るか確認してみましょう。

変更や請求には消滅時効があるので、離婚後は早めに対処することが大切です。

男女問題に強い弁護士に相談する!

元配偶者とは会いたくないなら、弁護士に依頼すれば、弁護士が代理人をしてくれる

離婚後の親権の変更や養育費の請求も考えたけれど、元配偶者と会うのは辛い。
会うと、嫌な離婚の記憶が蘇ってきて立ち直るどころではない。

ということがネックとなっている人もいるでしょう。

そんな人には弁護士を間に入れて交渉を進めることをおすすめします。

離婚後のトラブルも弁護士を代理人とすることで、あなたは直接元配偶者と会わずに話を進めることが出来ます。メール、手紙、電話のやりとりも弁護士にお願いできます。

弁護士に相談する

離婚の立ち直り方についてはこちらの記事もおすすめです!

離婚の絶望からシャキッと立ち直る方法5つのまとめ

 

離婚後いつまでも立ち直ることが出来ずに元配偶者のことを考えている時間は、あなたの人生にとって辛いだけの無駄な時間です。

少しでも早く立ち直るには、その理由を知り、立ち直るために行動することが大切です。積極的に他人と関わる機会を多く持つ、新しい出会いを求める、趣味や仕事に熱中するなどが効果的です。

立ち直ることが出来ない理由が子供の親権問題や経済的な問題なら、弁護士に相談することで解決できることもあります。離婚からスッキリ立ち直るために、もう一度戦うことも明るい未来のためには必要です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部