離婚の報告は誰にするべき?気をつけるポイント5つ

離婚の報告ってしづらいですよね。しかし、お祝いしてくれた友人や、これからもお世話になる方には離婚したことを伝えなければなりません。では誰にどうやって報告すればいいのか。この記事を読んで、失敗しない離婚の報告ができるようになりましょう。

目次

離婚の報告って誰にしておくべきなのでしょうか?

離婚した時の報告ってどうしたらいいんだろう・・?という疑問を感じている人はいませんか?

結婚の報告なら誰にでも幸せな気分でしたいもの、でも離婚となるとできれば必要以上には報告をしたくありませんよね。
 
場合によっては、離婚の報告をするべき人にしておかないとトラブルになってしまうケースもあります。
 
要らぬ心配をしないためにも、誰に離婚の報告をすべきか?については知っておいて損はないでしょう!

離婚の報告って誰にすべき?

 では具体的に離婚の報告って誰にするべきなのでしょうか?

離婚報告するべき相手(1) 親(家族)

何と言ってもまずは自分の親に離婚の報告をするべきでしょう。
 
夫婦が離婚をする、と決まった時点でなるべく親には早く報告することをおすすめします。
 
夫婦の問題ですから、離婚を成立させてから親へ離婚の報告をする、いわゆる事後報告になってしまうケースもとても多いのですが、自分の子供が離婚をするのを快く思う親はあまりいません。
 
何で相談してくれなかったの!?なんて親子関係にヒビが入ってしまうことも考えられます。

両親なら分かってるはず・・・と思わずにしっかりと報告してあげましょう。
 
なんだかんだ大変なときにサポートしてくれるのは自分の両親です。
 
両親にはなるべく早めの離婚報告を心がけましょう。
 
親と関係がうまくいってなくても離婚の報告はしておくべきでしょう。

離婚報告する相手(2) 会社の人事・直属の上司

自分の務める会社には必ず離婚の連絡はする必要があります。では会社の誰に報告したほうが良いのでしょうか?
 
まず人事に報告する必要があります。
 
離婚後に住所変更や名前の変更があった場合や配偶者が扶養に入っていた場合、保険(雇用保険・健康保険)の手続きが必要になります。
 
また、新しい緊急連絡先を会社に伝えておく必要があります。
 
そのほかにも会社から家族手当のような補助金が出ている場合も考えられますので、必ず人事には報告しておく必要があるのです。
 
そして、直属の上司には離婚の報告はしましょう。
 
直属の上司に離婚の報告をしていないと業務を行う上で不都合が出てきてしまう可能性があります。
 
信頼関係を大切にする上でも上司への離婚報告は大切なことでしょう。

離婚報告する相手(3) 学校の先生

子供がい流場合の離婚では、子どもの通う幼稚園(保育園)や学校の先生には離婚の報告をする必要があります。

離婚で住所や苗字が変わる場合、変更の手続きをしなければなりませんし、両親が離婚した子供に対する学校での配慮も行ってくれます。

離婚報告する相手(4) 仲の良い友人 

自分が信頼できる友人には離婚の報告をしておくべきでしょう。
 
友達にいつまでも隠していると、あとでわかったときに信頼されていない?と感じられてしまうかもしれませんし、結婚のお祝いや相談に乗ってくれた人に離婚の報告をするのはある意味礼儀のようなものです。
 
仲の良い友人であれば今後の相談もしやすいですし、何より報告することで安心できることもあります。

離婚の報告をしなくてもいい人

逆に離婚の報告をしなくてもいい人もいます。

離婚報告をしなくていい人(1) ママ友

ママ友には特に離婚の報告をする必要はありません。むしろあえてしないほうが良い場合もあります。
 
どうしても離婚した人の話はママ友の中では話のタネになりやすいです。
 
ですから根掘り葉掘り聞かれたことがママ友にみんな知られていた・・・なんてこともありえます。

もちろん、信頼の置ける仲の良いママ友に話すことは大丈夫です。
 
もしその人が離婚経験者なら有益なアドバイスくれるかもしれません。

離婚報告をしなくていい人(2) 会社の同僚・それほど仲の良くない友達

ママ友と同様、会社内の話はどういうわけかすぐに広まります。

ですから離婚の詳しい報告を同僚全員にする必要はありません。気を遣われて逆に業務に支障をきたすということも考えられます。

それほど仲良くない友達もあえてしなくてもいいでしょう。何か聞かれたら答える、それくらいで良いのです。

ただ、それほど仲が良くなくても結婚のお祝いをしてくれた人たちには一言報告する義務があるといえます。

離婚の理由や経緯までいう必要はないですが、さらっと報告くらいはしておきましょう。

離婚報告するときに気をつけるポイントとは?

離婚報告で気をつけるポイント(1) 親への報告は事前に

最初にも書きましたが、まずは親へ離婚する前に報告をすることが大切です。
 
大切な家族のことですから、親には報告しなければならないでしょう。
 
事前に離婚報告をしていれば、離婚後の生活を快く両親がサポートしてくれる可能性も高まります。
 
反対に事後報告になってしまうと、嫌悪感を示し、両親からさえも冷たい態度を取られる・・なんてことも考えられます。

あなたにとってもあなたの両親含めた家族にとっても円満な離婚をするために、といっては語弊があるかもしれませんが、離婚にしこりを残さないためにも親への事前報告は欠かさないようにしましょう。

離婚報告で気をつけるポイント(2) 詳しい経緯まで説明する必要はナシ

離婚の報告とはいえ、離婚に至った詳しい経緯や離婚の理由等を説明する必要はありません。

今後の相談に乗って欲しいといった事情があれば別ですが、一人に詳細まで話してしまうと会社や近所でそれをみんなが知っている・・・という状況になってしまうことも考えられます。

逆に相手から気を使われてしまってもそれはそれでコミュニケーションがスムーズにいかなくなってしまいます。

特にプライベートな問題である離婚ですから、親・家族といった身内以外にはさらっと報告するだけの方が、後々嫌な思いをしなくて済むかもしれません。

離婚報告で気をつけるポイント(3) 逆に人伝てをうまく使うのもあり

もし自分から報告するのがどうしてもきつい・・・という人はあえて人伝てに伝わるのを待つ、という方法もあります。
 
特に会社内では「この人に言えば広まる」という人間が一人くらいいることでしょう。
 
その人にさらっと離婚の報告をして自然と広まるのを待つことで、自分がいう手間が省けるメリットがあります。

しかし、このやり方は有る事無い事まで加速度的に広まってしまう、という危険性をはらむ諸刃の剣でもありますので慎重に考えましょう。
 
また、手続きが必要という理由で報告する人事や先生にはきちんと自分で話すことがやはり望ましいでしょう。

離婚報告で気をつけるポイント(4) なるべく明るく報告

離婚の報告だからといってネガティブに、暗〜く報告しては今後周りから変に気を使われたり、それまで通りの関係性を維持できなくなってしまう可能性があります。
 
ですから離婚の報告はあくまで明るくさらっと、行うようにしましょう。
 
何も離婚してよかった!ということを無理に伝える必要はありません。あくまで「報告」というスタンスで臨みましょう。

離婚報告で気をつけるポイント(5) 「手続きが必要」な人には必ず報告

感情論抜きに、離婚の報告をするべき人・しなくていい人の違いは何かといえば、離婚したことによって何か手続きが必要になるか?ということです。
 
ですから会社上の手続きが必要となる人事、学校の手続きが必要となる先生等には必ず直接報告して、手続きを早めに行うようにしましょう。
 
だらだらと離婚報告を行わずにいると、いつまでも気分がスッキリしないばかりかトラブルになることもあります。
 
例えば妻(夫)子供に対する家族手当が出ているのに報告せずにいるのは問題がありますし、保険証の手続きをきちんとしなければ病気になった時に医者にかかれない…なんてこともあり得ます。
 
ささっと離婚の報告をして過去について蒸し返さないようにしましょう。

離婚後のトラブルは弁護士に相談を

離婚報告を終えてひと段落、これで新しい人生のスタート、と意気込んでもまだ安心するのは早いかもしれません。
 
離婚後に発生するトラブルはとても多いからです。
 
その代表的な例が【離婚時に取り決めた養育費や慰謝料といった金銭支払いが、離婚後になって払われなくなる】という問題です。
 
平成18年の厚生労働省の調べでは離婚後に養育費がきちんと支払われているケースは20%ほど、というのが現状です。
 
そのようなトラブルを避ける一番の方法は「離婚時に取り決めをしっかり文章に残しておく」ということですが、離婚をとりあえず早く成立させたいという気持ちが先走り、きちんと金銭支払いについての協議をしないまま離婚届けを出してしまうケースもとても多いです。
 
そんな状況では泣き寝入りするしかないのでしょうか?
 
答えはNoです。離婚後でも慰謝料や養育費を請求することができます。
 
ですが離婚した人が、そう簡単に離婚後の金銭支払いの協議に応じることは考えられません。
 
相手の居場所がわからなければそもそも話をすることすらできません。離婚後の金銭支払いの請求はハードルの高いものなのです。
 
ですから、離婚後に養育費や慰謝料が支払われないといったトラブルは離婚問題に強い弁護士に相談することを強くおすすめします。

弁護士に相談すれば代理での交渉や書類の作成、調停・裁判に至るまで任せることができます。
 
あなたにとってより良い離婚後の生活にするためのいわば一番頼れる味方が弁護士なのです。

困ってることがあれば一度気軽に法律相談をしてみましょう。

離婚の報告で迷ってる人はこちらの記事も参考にしましょう!

離婚の報告は誰にするべき?をつけるポイント5つのまとめ

たかが離婚の報告・・・されど離婚の報告です。
 
報告する人しなくてもいい人を間違えると後になって嫌な思いをすることもあります。
 
離婚というセンシティブな問題をいち早く乗り越え、新しい人生へ一歩踏み出すにはまずは正しい離婚報告から!

そして離婚後のトラブルは一人でなんとかしようとせず離婚問題に強い弁護士に相談し、法的なアドバイスをもらうことをオススメします。 

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部